がん画像

« 子宮がん | Main | がんセンター »
抗がん剤 / 2007年09月04日(火)
前立腺がんは、がんが前立腺の中にとどまっている場合には、前立腺をすべてとる手術が行なわれます。


前立腺がんがすでに周囲に広がってしまっているときは、放射線療法や、ホルモン療法などが行なわれます。


放射線療法では、IMRT(強度変調放射線治療)、重粒子線治療、小線源治療といった、新しい治療法も行なわれるようになってきています。


一方のホルモン療法とは、前立腺がんは男性ホルモンに依存して増殖する特徴があるので、男性ホルモンを低下させることでがんを縮小させるというものです。


この他に、前立腺がんの治療法として最近用いられているものに、HIHU(高密度焦点式超音波治療)と呼ばれるものがあります。


これは、超音波を利用した治療法で、放射線治療と同等の効果を期待でき、かつ副作用が少ないという利点があります。



ビワ、アガリクス、冬虫夏草も加工する
(8)オンコ 中国の紅豆杉類似する杉で、抗がん剤タキソテールが含有されており、著者の特殊加工で活性化され、がんはもちろん、潰瘍性大腸炎の特効薬で、症例によっては肺線維症、膠原病に著効します。まれに肝機能が上昇する事があるので、肝機能を測定 ...(続きを読む)


35歳で一念発起して医学部へ・・・
35歳で一念発起して医学部へ・・・35歳で教員をやっているのですが,考えることがあって,医師を志しています。こんな私を皆さんはどう思いますか?ちなみに自分の状況を整理しておきます。・独身で結婚の予定もなし(男性)・父が癌になり(幸いにして全快しましたが),その看病の過程で,医学に興味を持った。・内科医,特に抗がん剤を専門とする腫瘍内科医を志望している。それから,私のような年齢で医師を志すような人はいるのでしょうか?忌憚のない意見をお聞かせください。(続きを読む)



Posted at 12:48/ この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/gangazou/archive/142
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
   
 Powered by yaplog!