やまぴー

2006年11月02日(木) 12時27分
え〜、苗字を平たく渾名にすれば「やまぴー」とは人である。
一見優しそうで真面目そうな彼は、実際に親切で真面目である。
しかし、その丁寧な生き方は「まあ世間はこんなものでイイかあ〜」に
しっかりと支えられていて私としては実に信頼がおけるのである。
大義名分や世の常識がいかに大切であるかと、自分の自由な自分を守るためにはそれがいかに大切であるかと常日頃部下に教えている私にとって、しょうもない自己主張や世間への反発が自分の居所を無くしたり好き勝手な思考を阻害することを、本当の自分を回りに合わせる事無く解き放す邪魔になる事を良く知っているのである。彼の会社でこんなことを理解できる人間がいたら、これを間違って見たとしたら、彼はちょいと居心地が悪いだろうなあとは推察に難くない。
でも世間で自分が正しいなんぞと本気で思っている御仁にはナニを言っているのか到底解らないのである。彼と仲良くなるかどうかは解らないが、世間体と利害関係をひん剥けばとっても簡単に本性の解る「こっち側」の人間ではあるので※(あっち側とこっち側ってスゲエ言い方だなあ)取り合えず釣り馬鹿らしい彼の鼻先に「古いリール上げるよお」と人参をブラ下げておいたのである。
彼はこれを読んでニヤニヤとするのだ。そうでなければイケナイ、ほらニヤニヤしなさい。

こんな文章が説明もなしに理解できるなんてなあ・・・

瓦と鬼師

2006年11月02日(木) 11時43分
かつて三河は三州と呼ばれ私たち大阪人からすれば淡路と並ぶ瓦の産地である。特にお寺や旧家の黒くて重い瓦と言うイメージ・・・
空いた時間にふらふらと歩いた路地奥の窯元の軒先に「ご自由にどうぞ」と書いてある。見ると焼き色が乱れて売り物にはならないのだろう瓦がきちんと梱包されて並んでいる。屋根に乗せるのには不都合もあるだろうが、呉れると言う物をみすみす見逃すほどの器量は持ち合わせていない。10kgほどの包みを頂いて帰る。「サーロインなんかを瓦で焼いて喰えば旨いだろうなあ」と「この曲面は工作の作業台に面白いかなあ」と「どーすんのよ、そんなもの」と言われそうなものをまた持ち帰った訳で・・・

で、つらつらとなおも歩けば街のいたるところに瓦ともう一つの産品である土管が・・・

・・・この地で鬼瓦を作る職人を鬼師と呼ぶそうな。鯱に代表される自由な瓦の造形は当然思いつくままに広がるわけで
鬼瓦ですハイ
道端のベンチざんす
と、なんの変哲もない街も角度を変えれば面白い高浜である
P R
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ホリ
» びちびちびちびち (2007年09月08日)
アイコン画像ホリ
» びちびちびちびち (2007年07月19日)
アイコン画像kun
» びちびちびちびち (2007年06月19日)
アイコン画像こ・いずみ
» 真剣にやるから本当の遊びなのだ (2007年06月10日)
アイコン画像良竿
» うっすい (2007年05月16日)
アイコン画像てるぼー
» うっすい (2007年05月15日)
アイコン画像良竿
» なんとなく… (2007年05月09日)
アイコン画像てるぼー
» なんとなく… (2007年05月09日)
アイコン画像良竿
» なんとなく… (2007年05月08日)
アイコン画像やじ
» なんとなく… (2007年05月08日)
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/gandama/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:魚嘆
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1960年7月30日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-音と料理の店【ら】
    ・グルメ-音と料理の店【ら】
    ・お酒-音と料理の店【ら】
読者になる
料理とお酒を楽しんでいただくショットバースタイルの隠れ家的なお店 弾き語りや小さな小さな公演にもご利用下さい 料金、内容などお気軽にお問い合わせ下さい
ホームページ
http://www.medic-web.jp/shop/s10002428/
mixiをお持ちの方はこちらからも
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=11395774

大阪市中央区東心斎橋2−3−13 スターライトビル4F рO80−3826−6073 18:45〜 日曜祝日要予約
Yapme!一覧
読者になる