加藤和彦のサシバ

January 03 [Tue], 2017, 11:05
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。
新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。
しかし、難点もあるということに気を付けてください。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。
こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。
あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。
障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。
全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
  • URL:https://yaplog.jp/g5actonhnydtit/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sakurako
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/g5actonhnydtit/index1_0.rdf