<若年認知症>全国組織5月発足 家族らの負担軽減目指し(毎日新聞)

April 20 [Tue], 2010, 22:11
 若年認知症患者の家族らによる初の全国組織「全国若年認知症家族会連絡協議会」(全国協議会)が5月、発足する。働き盛りや子育て世代で認知症になると経済面など家族への影響が大きいが、支援は乏しい。各地の家族会や支援組織など23団体が参加する見通しで、本人や家族が安心して暮らせる施策の充実を求めていく。

 厚生労働省によると、18〜64歳の認知症は推計約3万7800人。40〜50代で発症すると失職に追い込まれ、住宅ローンや教育費を払えず自己破産に至ることもある。高齢者より進行が早いが、障害年金の給付には初診から1年半かかる。

 全国協議会は障害認定までの期間を短くしたり、生命保険で住宅ローン残高を支払える高度障害の対象とすることなどを国や関係団体に要望。啓発活動にも取り組む方針だ。事務局となるNPO法人・若年認知症サポートセンター(東京都)の宮永和夫理事長(新潟県南魚沼市立ゆきぐに大和病院長)は「地域ごとに支え合ってきたが、国の後押しがないと状況は変わらない。声を一つにして社会を動かしたい」と話す。

 5月23日に東京都内で役員会を開く。問い合わせは同センター(メールsupportcenter@star2003.jp、ファクス03・5368・1956)。【清水優子】

【関連ニュース】
若年認知症:下関の家族会がバスツアー、菊川の交流施設を訪問 /山口
若年認知症家族の会:悩みなど支え合い…交流呼びかけ あす、バスツアー /山口

<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR(産経新聞)
「礼服に泥、レンタル代払え」 “汚れた詐欺”で男逮捕 大阪府警(産経新聞)
<岡部まり氏>民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)
<女性遺体>ふ頭の頭部、諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)

【こども】砂場遊びの効用 自発的な遊びの中に意味のある変化(産経新聞)

April 20 [Tue], 2010, 0:07
 女子大のキャンパスにスコップやバケツを持った子供たちの姿がちらほら−。先月末、同志社女子大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)の一角に、教育や研究の実践の場として「砂場」が完成した。「犬や猫のフンが不衛生」「洋服が汚れるから」と敬遠する向きもある砂場。だが、研究者は「砂場遊びには子供たちのさまざまな発達の可能性が秘められている」と指摘している。(岸本佳子)

 ◆大好きな場所

 砂場は縦3メートル、横6メートル。地元で採取された上質の砂を使っている。同大学現代社会学部現代こども学科の学生と子供たちが触れ合うなど、授業で活用したり、地域の子育て支援の場にもなればという。

 4月上旬、学生とボランティアを通じて交流のある4組の親子が集まった。子供たちは砂場に到着すると、遊具を手にして砂をすくったり、砂山に登ったり、転がってみたり。3歳の息子を連れてきた母親(39)は「子供は砂遊びが大好きです。ここは砂の質がとてもいいですね」と喜ぶ。

 『〈砂場〉と子ども』(東洋館出版社)などの著書がある同学科の笠間浩幸教授は「砂場は子供の発達に大きな役割を果たしているのです」と話す。

 笠間教授は平成16年から京都市内の保育園で、砂遊びする子供たちの様子を観察している。ビデオや写真に収めた内容を分析したところ、発達段階に応じて遊びの内容が意味のある変化を遂げていることが分かった。

 1歳児の特徴は「砂で遊ばない砂遊び」。両手にスコップなどおもちゃを持ち、道具の操作そのものを楽しんでいる。徐々に「砂をすくう」動作などを学習し、早い子供では2歳後半ぐらいからトンネルや山を作るなど、手で砂の感触を楽しみながら遊ぶようになる。言葉が増えるとともに、砂場の中で「ごっこ遊び」も盛んになる。4、5歳になると、基地を作ったり、電車や車を走らせたりするなど、砂場全体を一つの舞台ととらえるような遊び方もできるようになる。

 ◆秘める発達の可能性

 「砂場で山を作ったりくずしたりしながら科学に触れることもあれば、ごっこ遊びなどを通してコミュニケーションの力や社会性もはぐくまれる。砂場遊びはさまざまな発達の可能性を秘めていると思います」

 笠間教授によると、日本で砂場が普及するようになったのは明治時代後半から大正時代で、幼稚園を中心に広がっていった。当時、教育関係者の間では教師主導の堅苦しい教育にかわり、子供の自発的な意欲や子供の持つ力を引き出すような教育のあり方が重視される傾向にあり、「砂場が、その考え方とぴったり重なったのではないか」という。

 「汚い」というイメージから砂場遊びを敬遠する家庭もある。笠間教授は「汚いと思っているのは大人です。子供の世界をぜひ、見直してほしい」と話している。

 ■19年度は前回調査比2000基減

 国土交通省が3年ごとに行っている「都市公園における遊具の安全管理に関する調査」によると、平成19年度に全国の公園にある砂場は6万1466基。踏み板式ぶらんこ、すべり台についで多く、やはり公園の人気者だ。ただ、10年度から16年度にかけては増加傾向にあったが、19年度は前回調査より約2000基減少。笠間教授は「公園のリニューアルの際になくなるところもあるようだ」と話す。

【関連記事】
子供のほめ言葉、「かわいい」でなく「しっかりしている」
子供部屋、どう与える? 声掛けやすい“自立の空間”に
赤ちゃんと「くっつくこと」 心身の成長に不可欠
夜泣き、かんしゃく…問題行動は「発達の節目」に
男性の育休、進めばメリット 取得率低迷のワケ

3人に1人、うつ傾向=加害者家族「事件話せない」−初の実態調査、仙台のNPO(時事通信)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
井上ひさしさん 9日に死去、75歳…小説家・劇作家(毎日新聞)
“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」(産経新聞)
着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」−米貨物機炎上・安全委(時事通信)