三沢が千葉

October 25 [Thu], 2018, 23:02
浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚したならば、結婚生活を続けていいのかどうか心が乱れますよね。



ひとまず冷静になって、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、よく考えておくことが賢明です。
夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚してしまうのも一つの案です。


面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。携帯も隠すし、これは浮気しているなと思いました。

相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)携帯の履歴を見ようとしたのですが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、なんの情報も得られませんでした。


かくなる上は探偵しかないだろうなと思ったものの、主婦のへそくりもないので、ためらっているところです。


パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝料の支払いが発生することもあります。
不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、逃げおおせることはできないでしょう。
慰謝料の額は実際、2ケタ万円から3ケタ万円と千差万別です。

自分に払える額でなさそうだったら、減額が可能かどうか相談してみるのも良いでしょう。

未成年の子がいて離婚する場合、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。
一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。裁判上の親権の判定では、生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性といった点がチェックされます。
つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。

探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。

全部が全部、調査員にまかせてしまうと、ゼロからの積み上げで調査する分、時間も費用もかかってしまいます。生活を共にしていればわかることだって少なくないでしょうし、記録やリサーチにいそしむのが良いと思います。

配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。

ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、むこうが気付くようなことは、まずありません。

また、意外なところでは、調査を依頼したことで緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。
調査完了日までは少なくとも、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。
何社か問合せをしていくうちに、もっとも相談員さんの対応が良かった興信所に依頼しました。しばらくして報告書を受け取ったのですが、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、さすがに落ち込みました。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。
夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、相手を刺したり、殺してしまうストーリーもよく使われます。

情事の現場へ乗り込むのもあっていいやり方でしょう。別れる決心がついている場合は、やってみる手もあるでしょう。探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。パートナーが信用できなくなってしまうと一生共に生活することはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることは間違いないでしょう。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。
ご心配なく。探偵業法を遵守していれば違法ではありません。この法律が発効されたのは平成19年です。

それ以前は調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため制定されたものです。
  • URL:https://yaplog.jp/fy1hfdljisuuod/archive/24
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リナ
読者になる
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる