瀬川で小塚

October 28 [Sun], 2018, 7:46
ニキビがなぜできるのか?その原因のひとつに、お肌の乾燥があります。肌の余分な油脂のせいじゃないの?と驚いている人も少なくないでしょう。



もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、そのせいで肌が乾燥し、それがもとでニキビができてしまうのです。

肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿がそこから出てきます。
もっと潰すと今度は芯が出ます。



これがニキビの元なのですが、無理やり潰して芯を出すことはオススメできる方法ではございません。無理に潰すことになる訳ですから、ますます炎症は広がってしまいます。
ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので薬などで地道に治しましょう。ニキビというのは、すごく悩むものです。
ニキビができる時期は、主に思春期の頃ですから、気になってかなり悩んだ人も多いと思われます。にきびは予防も大切ですが、薬で改善することもできます。薬屋へと行き、薬剤師の方に尋ねると、自分の症状に合う薬を教わることが出来ます。ニキビは一度治ってもまたできやすい肌トラブルとなります。
一度治ったからといって不摂生な食生活などをしていると、また繰り返しニキビができてしまいます。


繰り返しニキビができないようにするためには、清潔な肌を保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、睡眠をしっかりと取る事が大切なこととなります。

このところ、重曹でニキビのお手入れができるとよく耳にします。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、毛穴の汚れや角質を取り除くことができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。



ただ、研磨効果のある重曹が含まれた洗顔料だと肌を傷つける場合もあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。吹き出物が出来てしまうととても気分が滅入ります。ですが、実はお肌の調子ってお腹の中の調子と結びついているらしいので、腸内環境を良くしたら、さっぱり消えてくれます。
まずは、腸内すっきり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維が豊富なものを意識的に食べて、不要なものを体外へ出していったら、ニキビもさっぱりなくなります。

肌荒れとニキビが関連していることも可能性があります。吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、思春期に生じやすいです。
とは言え、思春期をすぎても発生することがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と呼称されています。



この大人ニキビの起こりの一つが肌荒れですから、生活習慣には注意が必須です。

ニキビと食事は切っても切れないほど関連しています。


食生活を健全にすることはニキビに良い影響を与えることにもなります。



野菜を中心とした食事メニューにして、ビタミンやミネラルを多量に取り入れましょう。野菜に多く含まれる食物繊維は、便秘解消の見地から言っても、ニキビを減らす効果があります。ニキビの根本は、ホルモンの過剰な分泌ではないかと言われています。


その結果、成長期にニキビが出来ることが多いのです。


たくさんの中の一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。

これは、ヘルシーライフに直結します。ニキビをできる前に予防したり、出来たニキビを正しく改善させるには、バランスの取れた食事を食べることが大切です。
野菜を多く摂るように心がけることは非常に大事なことです。



野菜にはビタミンやミネラルなどがたっぷりと含まれているから、そういったことを意識して食べていくのが一番良いのです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リナ
読者になる
2018年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる