わたしの故郷 B

March 23 [Wed], 2005, 17:47

最高な遊び場に森がある。

森は木、水、風、土、命で溢れいてる。
沢山の木漏れ日の中、私達はよく遊んだ。



一番熱中した遊びは秘密基地作り。
こんなにワクワクする面白い遊びは無い。

自分達だけが知ってる秘密、自分達だけの基地。
しかし私達の秘密基地は台風のため一日でその姿は消えた。

だけど秘密基地の醍醐味は
作る過程にある。

どこに作ろう、この木はどう?
何で作ろう、この石使えそう。
庭もつくろう、どんぐり集めて!
座るところはどこ?何か秘密のことはなそう!

とっても楽しかった秘密基地。
台風の後は、別のことに夢中になってたけど。


もうひとつの遊び場はなんといっても湖

湖まで自転車でひとっとび。
5月から9月まで泳いでいた年もあった。

私達の湖は浜があり、水も透き通っていた。
湖がある景色は美しい。

底さわりとかして遊んだ。 
名前通り、もぐって底を触りに行く。
2、3mぐらいしか潜ってないと思うけど、
底の方へ行く度 耳がキーン とする。

ある台風の日
湖は大荒れでとっても面白そうだった。
行ってみると、水が溢れていた。
軽トラックが半分浸水とかしちゃってた。
だけどそんなのお構いなしに私達は
大きな波を小さな浮き輪で一生懸命に遊んでた。
大人には内緒にしていった日でした。
秘密♪

魚と目が合った日
いつも通り、潜っていると30cm以上の魚が
目の前に現われた。
お互いビックリしてその場に一瞬固まってしまった。
食べられるかと思ってしまったことを覚えてる。

私達は水中の世界に何かを感じていた。
それはあの竹薮の中にあったオンボロ家と近いもの
怖いけど何か感じる、神秘的で何か他とは違うもの
水の中は完全に別世界だ。
もう一つの世界がそこにある。
私達は何かが出てきそうなそんな世界が
大好きだった。
怖いけど大好きだった。

わたしの故郷 A

March 23 [Wed], 2005, 17:36

冬は私の一番好きな季節だ。というか雪が大好き。




雪の降る朝はとても静か。
音が雪に盗まれる。

朝、起きるとすべて白く、太陽の光で銀色に光る。
田んぼ一面雪だらけ。
私達だけの雪の広場だ。

ソリすべり、雪合戦、かまくら作り、やることはいくらでもある
朝から夕方まで大忙し。
そして夕方になると暖かい家に帰る。

雪が深々と降るある日の夜

雪が大好きな私は庭で雪遊びをしていた。
その日はボタン雪で、田んぼは家からの光と雪でボゥっと薄暗く光っていた。

その時 白い美しい狐が 雪の風のように田んぼに現われた。
彼女はこっちをじっと見つめ、そして私も吸い込むように見つめた。
何かを探していたのか、ふぃっと顔を背け深い雪降る向こうへ消えていった。

これだけのことだが私は鮮明に覚えている。
とても美しかったあの白い狐と、その狐を囲む光と雪。
綺麗やったなぁ。



近くに竹薮があった。
この竹薮も私達の面白い遊び場のひとつ




その竹は背丈が高く、竹薮の下には光があまり届かない。
竹薮の下は竹の深青緑が支配していた。

そしてそこには秘密の道(多分もののけ道)があり、
途中にオンボロ家があった。

そんな薄暗い深緑の中にあった家は
怖いけど何か大切で、そして近寄れない、少し神聖さを帯びた存在だった。

たま〜に肝試しをしたりした。
肝試しといってもヤッパリ怖いから
皆で秘密の道を駆け足で通り過ぎるといった感じのもの。
チラっと目の端っこに入るオンボロ家。
それでも十分にドキドキだった。


冬の竹薮は最っ高に面白い。
雪が降ったら真っ先に竹薮へ遊びに行った。
いつもは暗い竹薮だが、雪のおかげで明るいのだ。

まず竹薮を蹴りまくる。
すると上から雪がバサァーっと落ちてくるのだ。
それだけで十分楽しい♪
雪の竹薮は最高だ。


わたしの故郷

March 23 [Wed], 2005, 17:28
私の故郷は
湖と山に囲まれたとても美しく素敵な田舎だ


田舎は子供にとって最高な遊び場


家の前には田んぼがあった
田んぼは大切な遊び場のひとつ


春になると土手で
つくしんぼ、フキノトウ、オオバコ、といった美味しい可愛い春がとれる。

5月になると、田んぼは稲の子供で沢山になる
そして私達はおたまじゃくしと泥遊びに夢中になった。

あんなに面白い生き物はないと思う。

プチプチした丸からあんな生き物が出てきて、
そしてすぐに形が変わっていく。
儚い命だが一生懸命に生きている。

良い泥というのはとても気持ちが良い。全くもって汚くない。
そして美しい。

彼らから多くの命が生まれる。
泥は命の源だ。


夏になると田んぼのそこら中が青い芽で覆われる。




私達は土手すべりや、土手の上だけの鬼ごっこをした。
土手の上だけの鬼ごっこはスリル満点。

幅が30cm、高さが150cm程の土手の上を全速力で走るんやから
命がけ。 

身長110cmぐらいの子供にとって土手は大きな大きな壁であり崖なのだ。
よく怪我しいひんかったよなぁ とか今では思ったりする。


秋になると田んぼは金色に輝く。
穂は重そうに沈み、そこら中が金色だ。

稲刈りが終わるとそこは壮大なグランドに早変わりする。
どこまでも続く
走っても走ってもまだまだ続く

そして私達は赤紫の美しい夕日の中、一番星が出るまで毎日野球をした。
焼き芋もした。美味しかったなぁ。

sakura, saku

March 23 [Wed], 2005, 15:28

What a sweety spring!!!!!

桜、咲く。








































日本の友達から第一志望の大学合格連絡が来た
建築系の国公立で、
I knew it's hard to enter,
so when I saw the mail,
I was like
KYAAAAAAAAA
Congraaaaaatulation!!!!

彼にはいつも刺激を貰います。
これからも良い友達でいような♪
心から
おめでとう。





桜、咲く。

カナダは今、桜で満開です。
零れんばかりに咲いている桜は、まるで自分達の短い命をしっているかのように
その魅力を私達に魅せてくれる。
その香は甘くて、どこか切ない。






夜桜を観に行きたいなぁ
私のふるさとの町には神社がある。
神社の隣には昔から桜の木が植わってあり、春になるとライトアップされる。

どうして神社と桜というのはあんなに美しいのだろう
その美しさといったら、言葉では表せないぐらい。
吸い込まれるような美しさは、今でも鮮明に思い出せる。
もう一度観たいなぁ。

こんなに春全快なカナダだけど、ココ2,3日雪が降った。
山だけだけど。
もっと降れぇ let it snow!!
寒いの大好きぃ









私は学校の中に住んでいる。
寮だけど
寮から校舎への毎日の5分間には色々な発見が私を待っている。
今日はタンポポを発見
帰りには可愛い雲と空を発見
黄色い花も発見



 


春って素敵やぁ♪

続き

March 18 [Fri], 2005, 4:24
 20. 好きな人と一緒にラブロマンスの映画をラブソファに座りながら見る
 21. 北海道の夏に牧場でバイトする
 22. 景色が美しい温泉地で仲居さんのバイトをする
 23. フランスでコックさんのバイトをする
 24. 料亭でコックさんのバイトをする
 
 バイトばっかになっちゃった

カナダvancouverの冬

March 18 [Fri], 2005, 3:48

今年の冬はおかしかったらしい。
おかしかったというか、来なかったらしい。

2月末からすでに桜は満開で今はもう散りかけやし・・。
実際雪も全くと言って良いほど降らへんたし。
スキー場なんて2月末に閉まっちゃったし・・。
カナダやのに!!どないなってんのさ!!って感じ!!
日本は大雪やってのに・・。めっちゃ悔しいぃぃぃい!!!
まぁ勉強しろってことやな。はい、頑張ります!!

そもそもバンクーバーの冬は自殺者が出るぐらい湿気た冬らしい。
自殺者が出るって?!どんな冬やねん!!って聞いたときはビビッたけど、
実際冬になって実感。
毎日雨!!曇り!!雨!! 太陽光線浴びる日なんて週に一度はザラ・・。
そらこんな冬やったら自殺者もでるわぁ〜とか思ってたら
カナダ人の友達に、今年の冬は少雨多晴やったなぁ〜
とか言われてマジビックリ・・。
マジかよ!!!これ以上かよ!!!絶対冬はバンクーバーにいたくない!!
雨降りすぎて人が死ぬ冬とか!!恐ろしい・・。
恐ろしすぎるバンクーバー

ウチは去年の春にバンクーバーへ上陸。
上陸時はバンクーバーの人々にビックリしたことを思い出す。
なぜって晴れたときはこぞって露出ファッション。
寒いのに半そでなんてザラで女の子なんてノースリ、ミニスカ、サンダル。
夏かよ!!って思わず突っ込みたくなる人が沢山いたもんなぁ〜
けど今なら理解できる。
バンクーバーの冬を体験したら太陽の暖かさのありがたみが痛いほど分かります。
晴れた日は外に出ないともったいない!!
できるだけ太陽を!!って思想の元、
街中オープンカーばっかりでビルやマンションはほとんどガラス張り!!
ビーチには一体いつ働いているんですか?!ってほど人が沢山寝転がってるし
面白いわぁバンクーバー♪
だけどもう二度とここの冬を体験したくはない・・。
雪の無い雨だけの冬なんて最悪やわぁああ!!!!!

夏と春と秋は最高なんやけどなぁ






好きだけじゃアカン恋

March 18 [Fri], 2005, 3:28
今日はカナダは曇りです。

こんな曇りの朝に長い恋愛に終止符を打った友達。
恋愛はdepend on personやけど、友達の恋は切な過ぎる遠距離恋愛やった。
友達カップルはお互い これでもかぁ!! っていうぐらい惚れ合ってたけど
知らん間に大丈夫やと思ってた距離が、大きな問題になってた。

あまり人を好きになったことが無い彼氏
その彼氏に中学生の頃、一目惚れをした彼女

二人は高校になって付き合い始めた。
留学までの間、二人に色々あったけど、彼女の留学後1年半にもおよぶ遠距離をした二人。
だけどやっぱり距離はでかかった。
日本とカナダという距離は想像以上に大きくて、彼氏にとっては辛いものやったらしい。

好きやのに近くにいいひん。会いたいのに会えへん。

あまり人を好きになったことが無かった彼氏にとって、初めて愛した人が近くにいないってことは想像を超える辛さやったみたい。

寂しい、会いたい、辛い、悲しい。

そんな思いが彼氏の心の中に入ってきて、それから逃れるために彼は
彼女を嫌いになって楽になろうと思った。
世の中には色々なひとがいるみたいや。
彼には彼女のことを嫌いになって楽になる方法しか思い浮かべへんたみたい。
彼女にしてみたら悲惨な話。
けど、彼女は彼氏の心を理解して今朝別れを受け止めた。
好きやけど、このまま付き合ってたらお互いダメになる。
好きやけど、もう付き合えない。
お互いのためにも別れるのが一番と思ったけど、
メールで名前を打つたび、心がキュッと痛くなるって彼女が言ってた。

なんて切なくて悲しいの!?!
冬ソナ以上に切ないです。

これからもこの彼氏は彼女の心の中で一生一番大事な人に変わりは無いらしい。
あぁ切ない。
彼女はこれから最低1年半はカナダに滞在予定。
彼女の家族もこっちに移住してくるらしい。
彼氏は大阪でサッカー選手を目指す男前。
彼女も彼女でアナウンサーを目指す美女。

どうなるんやろうこの恋。
もう本当に終わりなんかな?!
好きだけやったらアカン恋ってこんなことを言うんやろなぁ。

あぁ・・。切ない・・。

I am Miki.

March 14 [Mon], 2005, 15:17

My name is Miki.

My parents gave me this name for life would be fulled of hope.
Now I'm like this.
I have a lot of dreams from a huge one to a small one.

I am living in Vancouver, BC Canada.
I am a student in BCIT. BCIT is British Columbia Institute of Technology.
I'm taking Interior Design Program.
I might be Interior Designer in the future. I'm not sure.
However study of Interior Design is very exciting for me.
Every assignments are interesting and exciting but hard to do.

Everyday past so fast. It's crazy.
It's already April. I can't believe this speed which the day past.
Thus, I made this Diary. I wanna make sure what I'm doing everyday.

For miki in the furture, What are you doing now, miki?
How old are you now? Where are you? What's going on in the world?
Now, I just became 19 year old. I'm in Canada.
The world is getting worse.
Are you smiling? Are you nice to everyone?

Always be smile and nice to everyone

My friend gave this words to me.
I know it's difficult to do, but you know it's important.

Do you have still a lot of dreams? Do you come it ture?
Please live everyday as well as you can.

Then I'm gonna do my assignments!!
See you later

一番最初に驚いたこと

March 14 [Mon], 2005, 14:43

Bus!!
カナダに来て一番最初に驚いたことがこれ。
what a Amazing Bus!!!

まず、
バスの形が面白い!!
B-lineっていうバスはバスが二個くっついたバス。
接続部分はアコーディオンみたいで面白い!!
一番後ろの席は曲がるときに遠心力を感じることが出来ちゃう

電気で走るバスも面白い!!
バスの後頭部に棒みたいなのが付いててその先に電線が張り巡らされてる!!
たまに棒が電線から外れることがあって、バスが路上で急停止!!

リサイクルバスだってある♪
きっと昔はツアーとかで使われてたんやろなっていうバスが市バスとして使われてる。

全てのバスに共通してる素晴らしいトコロは
Gentle for people who has handicap
タイヤの空気圧を自動で変える事が出来るからバスと道路の段差を簡単に縮めることが出来る
車椅子やベビーカー用に折りたたみ式通路や小さなリフトもある!!
なんて素敵なカナダのバスなんでしょう

次に、運転手さんが素敵。
全ての人が素敵ってわけじゃないけど対外素敵な運転手さんたち
そしてスピード狂が多いな。
モノッ凄い速度で運転してはる!!!!
乗ってて怖くなるぐらい・・。
けど親切やし、乗り遅れそうになっても待っててくれはるし♪まぁ・・忙しいときは無理やけども。 

そしてなにより 値段が素敵!!!!
カナダの公共料金は安い!!最近値上がりしちゃったけどそれでも安い!!
Vancouverでは料金は1zone,2zone,3zoneに分かれてるねんけど、
1zone2ドル25セントで行けちゃいます!!
しかも2時間乗り換えし放題
同じticketでskytrain(モノレールみたいなの)も乗れちゃう
日本もこんなに安かったら良いのになぁああ〜!!!!

というわけでcanadaのBusはAmazingでとっても素敵なのです


やばっ!!!

March 14 [Mon], 2005, 14:34

やばすぎる!!!! 体重がおかしい!!!

只今56.9`・・。 ほとんど57`やん!!! アカン!! 
ウチ的に良い女の標準体重は48`やのに・・。
あと約10`・・

痩せるでぇ!!!! 豆乳バナナでやせるでぇ!!!!
痩せて綺麗になりたいぃい!!!!

目指せ良い女
Miki 1986 February 22 生まれ 只今カナダで留学中
New comment
アイコン画像すかし
» いやん!! (2008年10月19日)
アイコン画像じゃぶ
» いやん!! (2008年10月04日)
アイコン画像新妻Y
» いやん!! (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» いやん!! (2008年09月26日)
アイコン画像50t
» いやん!! (2008年09月25日)
アイコン画像MARICO
» ジム通いなこの頃 (2005年06月13日)
アイコン画像Ojar
» Africaに家を建てよう (2005年05月25日)
アイコン画像miki
» Africaに家を建てよう (2005年05月23日)
アイコン画像Ojar
» Africaに家を建てよう (2005年05月21日)
アイコン画像miki
» この違い あぁ 幸せ (2005年05月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:future_hope
読者になる
Yapme!一覧
読者になる