政教分離 

April 14 [Thu], 2005, 17:20

だからフランス政府は学校内のスカーフを禁止したのだ。

フランス国内には今、大量にイスラム系移民が流れ込んでいる。
信仰心の強い人が多い田舎から、あまりお金にならない放牧生活をやめて、
仕事を求めてフランスへ移民しているのだ。


スカーフを巻くという行為は女性イスラム教徒の中ではごく普通で、
小さい頃から当たり前に行っていた宗教的行為だそうだ。
だからそれを拒否されるという事は、何と言うか、
ありえないこと、信じ難いことらしい。


私も、スカーフぐらい、と思ったけど

やはり学校というものは社会への入り口であるから
そこで宗教的なものを許していたら、
知らず知らずの間に、そして確実に宗教というものが
社会に入り込むかもしれない、と恐れたのだろう。


しかし、イスラム教徒の女生徒にはこの法律に反抗し、
スカーフをしたままで登校する子がいた。
しかし法律違反とし、退学処分になった。


フランス国民になるのならばフランス国憲法を守れ。
郷に入っては郷に従え。


そう考え、抵抗を諦めたイスラム教徒もいるらしい。
しかし、やはり宗教は強いもので、各地で反政府の集会などが
繰り広げられているらしい。
実際、イスラム教の大統領が当選しちゃったりしてるらしい。


政教分離、

どこからどこまでが良くて、そしてダメなのか。
これが一番難しい。
だけど、宗教と政治を一緒にしちゃだめという思想は
今まで人間が犯してきた過去を振り返っても
必ず守らなアカン思想やと思う。


うちはイスラム教徒の皆に
もっと分かりやすく、なぜスカーフがダメなのか、
政教分離とは何か、どうして大切なのか、
てな事を納得いくまで話したら良いと思う。
本当の理由を言ったら納得してくれるイスラム教徒もいるだろうに。


でもやっぱ 政治と宗教は一緒にしたらアカンよなぁ

  • URL:https://yaplog.jp/future_hope/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
miki
arupakaさんコメントありがとうございます♪
それとトラックバックもサンキュです★
最初トラックバックの意味が分からなくてちょっと焦りました!!

キリストは凄いですね。頭が賢い!!
だけど誰かが言っていました。
キリスト教の聖書中に出てくる人というのはキリスト教を信じている人だけをさしている
自分達以外は人間じゃない、動物なんだ。みたいな
話が違ってきちゃいますが、だから人種差別が根強く残っているみたいな事を誰かが言っていたのを覚えています。
白人は白人以外、人間と思っていない みたいな感覚が無意識のなかに組み込まれている みたいな事を覚えています。
自分で勉強したことじゃないので分かりませんが、マジですか?!って感じです。
だから宗教って・・とか思っちゃいます。
私は、宗教の根元に相手のことを認めるという意識、教えがあれば
どんどん広まってくださいって感じなんですが、今更ですよね。
人間って本当にお馬鹿さんって思ったりしちゃいます。
だから私は教育を大切にしなくちゃダメだと思います。
小さい子供の頃から宗教にそのように洗脳されたら昔の日本や今の北朝鮮のようになってしまいますよね。
だから小さい頃からお互いのことを認めるという意識を叩き込むべきだと思います。

だけど難しいですよね。あああああどうなるんだろう世界!!

むちゃくちゃなコメント返事になってしまいましたが
コメントありがとうございました☆
April 24 [Sun], 2005, 9:45
前に自分が考えたこととどっか重なってたので…トラックバックさせていただきましたー。宗教の違いは違いとして、対立してる人々がなんとかして妥協していくのが…政治の知恵だと思うのですが…難しいですねーホント。他者の宗教の「正しさ」を受け入れることは不可能だと思うのですが、自分の宗教と違う宗教が存在するということを許容するくらいの寛容さはほしいものだなーと思います。古代ローマ人にはそれが出来たわけですから、現代人にもできないはずはないと思うのだけれどなあ。
April 23 [Sat], 2005, 18:40
miki
こんにちは♪コメントありがとうございます!!

人間って複雑ですね。
人それぞれの常識をお互い通そうとしていては
社会は成り立たないですよね。
ここカナダでは、多民族国家なのでそこら中から沢山の言語が聞こえてきます。
言語の違いは文化の違い、そして常識の違い。
ここには沢山の常識があります。
中国人、メキシコ人、スコットランド人、韓国人、インドネシア人、上げたらきりがありません。
沢山の常識がありますが、皆はお互いを傷つけないように生活しています。
だからバンクーバーは住みやすい都市ナンバー3入りをするんじゃないかなと思います。
しかしここバンクーバーでも民族間の問題はあります。
ギャング間での抗争、人種差別、先住民問題にホームレス・・。
カナダ政府も大変です。

そしてこっちへきたときに、最後は同じ人種同士で固まるんだなぁと思いました。
本当の国際社会とはなんなんだろうと考えさせられます。
仲良く一緒に暮らしていくにはお互い尊敬しなくてはいけないのが第一ですが、互いの常識を把握して理解しあうことはそう簡単では無いと日々思います。

宗教分離から離れてしまいましたが、コメントありがとうございました☆★
April 23 [Sat], 2005, 6:50
こんにちは。アンナさんのところの「いじめ」から、こっちへ来ました。私も仏国のスカーフ問題の番組見ましよ。それに英国の弁護士さんのも(イスラム)。郷に入っては郷にしたがえ。私は移民する限り、この覚悟は必要だと思います。どんな事情・理由であれ、自分の国を離れて、異国を”ふる郷”にすることを決めるわけですから。ただ、すでにそこの国で生まれている彼女達が、”これ以上のどう同化しろというのか?”というのは、miki さんが書いているように、政治や社会の成り立ち、というものと、宗教を切り離せないからだと思いますよ。オランダにも、移民ともともとのオランダ国民とのギャップ(教育問題)があるようです。仏国のスカーフは、宗教は個人的なもの、と私は思うので、アクセサリーとしてのスカーフは○でも、宗教的誇示の場合は、学校にしていく必要なないと思います。「スカーフ」が問題なのではなくて、彼らがそれに固執すること、が、問題なのでしょうね。
April 22 [Fri], 2005, 15:21
Miki 1986 February 22 生まれ 只今カナダで留学中
New comment
アイコン画像すかし
» いやん!! (2008年10月19日)
アイコン画像じゃぶ
» いやん!! (2008年10月04日)
アイコン画像新妻Y
» いやん!! (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» いやん!! (2008年09月26日)
アイコン画像50t
» いやん!! (2008年09月25日)
アイコン画像MARICO
» ジム通いなこの頃 (2005年06月13日)
アイコン画像Ojar
» Africaに家を建てよう (2005年05月25日)
アイコン画像miki
» Africaに家を建てよう (2005年05月23日)
アイコン画像Ojar
» Africaに家を建てよう (2005年05月21日)
アイコン画像miki
» この違い あぁ 幸せ (2005年05月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:future_hope
読者になる
Yapme!一覧
読者になる