早くもクリスマスツリー点灯

October 31 [Tue], 2006, 21:33
ラフォーレ原宿・新潟の1階アトリウムに、昨年に続いて青い光のクリスマスツリーが登場した。

早いような気もするが、明日から11月だ。

キャラクターショー3ヵ所ハシゴ

October 29 [Sun], 2006, 21:41
先日書いた29日(日)に市内3ヵ所で行われたキャラクターショーを子供連れで全て見てきた。

まずは11時30分からの「クレヨンしんちゃんショー」(あんしん・あんぜんくらし展/新潟市産業振興センター)。4〜500人ほどの座席は満杯。でもアクションがないせいか、うちの子は10分で飽きた。あんしん・あんぜんくらし展の会場には日本を代表するアートディレクターの浅葉克己氏、青葉益輝氏、仲條正義氏が自らデザインしたちゃぶ台を囲んでトークショーしていた。この3氏が揃って、しかもちゃぶ台をデザインするというのは凄いことなのだそうだ。

次は13時からの「轟轟戦隊ボウケンジャーショー」(地域ICT未来フェスタ/朱鷺メッセ)へ。会場特設ステージ前の500人ほどの座席は開演15分前には既に子供たちで満席。直前までステージで歌っていた地元ミュージシャンのDeep Snowが少しかわいそう。

ボウケンジャーの登場に盛り上がる会場。うちの子も一生懸命叫ぶ(風邪なのに)。でもよく見ると先週新潟三越のガス展で見たのとストーリーは一緒だった。
30分のショーを満喫し、会場をぐるり。番号ポータビリティーで熾烈なシェア合戦をしているNTTドコモとauがコンパニオンガールのスカート丈の短さでも競っていたのが印象的だった(ごめん、こちらは写真なし)。

続いて15時からの「ウルトラマンメビウスショー」(JRA新潟競馬場・芝の広場ステージ)へ。東京競馬場で天皇賞が開催されていることもあってか、新潟競馬場もいつも以上に来場客は多いようだ。ステージ前も親子連れ200人ほどが開演を待っていた。

ウルトラマンメビウス登場。お父さん世代の心もつかまんとウルトラマンタロウも参戦。ここでもうちの子、咳をしながら叫ぶ叫ぶ。子供たちの声援がウルトラマンのエネルギーになるのだそうだ。

声援の甲斐あって、怪獣をやっつけたウルトラマンメビウス&タロウの握手会。

長い一日だった…。そして、新潟は広かった…。でもキャラクターショーは確実に来場客を呼べるイベントというのがよくわかった。なかなかバカにはできないのだ。

京都の話題2題

October 28 [Sat], 2006, 17:39
新潟の古町界隈でも参考になりそうな京都の話題を2題。

【1】三条通・四条通で来年秋に車両規制実験

京都市の三条通と四条通で来年秋に約十日間にわたって車両通行を大幅に制限し、影響などを調べる社会実験を行うことになった。京都市では中心街で一般車両の通行を規制し歩行者を優先するトランジットモール化を検討しており、社会実験はこの一環。規制は両通とも烏丸通〜河原町通(または川端通)間で実施し、三条通は歩行者と自転車のみ、四条通は歩行者と路線バスやタクシーのみが通行できる予定。

先日も古町どんどんなどのイベント時だけでも東堀〜西堀通間の新津屋小路・柾谷小路・新堀通りを歩行者天国にできないかと書いた。さらに万代橋から西堀通までの柾谷小路をトランジットモール化して、歩道を広げ公共交通のみを通すようにすれば、万代エリアとの一体化も図れる。

現実的には柳都大橋からの道路が西堀通に直結し、西堀・東堀通が両方向通行になって、柾谷小路の交通を分散できてからの話だと思うが、京都の大通りができるなら決して不可能ではないと思う。

【2】「枯れ川」堀川にせせらぎ復活工事進む

現在は流れのない「枯れ川」となっている京都市の堀川に、せせらぎを復活させる工事が2008年の完成に向け本格化している。鴨川の下に管路を通し疎水の流れを左岸から右岸へ導き、紫明通から堀川通へ約2キロにわたり中央分離帯に小川を建設、今出川通〜押小路通間の約2キロの堀川に流れを復活させ、水辺空間を整備する。

新潟でも早川堀や他門川で水辺を復活させようという動きがある。また、NPO法人「堀割再生まちづくり新潟」は、一番堀・西堀から早川堀へと堀を復活させ、新潟に水辺のネットワークを再生しようと提言している。

堀の復活は夢があるが、一番堀通や西堀通に堀を復元するのは交通の問題や街並みとの調和の面から無理がある(そもそも西堀通を両方向通行にするなら堀を復元するのは不可能だ)と思う。でも、例えば柳都大橋からの道路が西堀通に直結すれば、他門川通り(秣川岸通り)の中央分離帯に小川を作って水辺空間とすることも不可能ではないと思う。

いずれにせよ、来年にも予定されている柳都大橋西詰〜西堀通の開通が古町界隈に大きな影響を与えるのは間違いないと思う。

古町〜朱鷺メッセに100円バス

October 28 [Sat], 2006, 16:14
11月1日から古町と朱鷺メッセを結ぶシャトルバス運行の社会実験が始まる。コンベンションなどで朱鷺メッセを訪れた人を古町に誘致するのが目的。実験期間は12月28日まで。

運行時間は午前8時から午後7時まで。20分間隔で運行する。運賃は大人100円、小学生以下50円。途中バス停はなくノンストップで結ぶ。

「バスが走っても何かの売りがなければわざわざ古町まで来てくれない」との辛辣な意見を聞いた。古町において観光客を意識した街づくりはまだ進んでいない。利用者にアンケートをするそうだが「行ったけど見るものがなかった」などの意見が寄せられないことを祈る。

シモにコンビニが増加中

October 25 [Wed], 2006, 12:14
広小路沿い、こんぴら通り近くにサークルKがオープンする模様。

広小路よりシモには二年ほど前までコンビニが3軒しかなかったが、この一年半位で4軒が相次いでオープンしている。

柳都大橋やみなとトンネルの開通効果が出ているとも見られるし、コンビニが高齢者層をターゲットにとらえ始めたことの現れとも言えそうだ。

しかしこれでシモのコンビニが過当競争になり、我が家の冷蔵庫と化している近所のコンビニがなくなってしまっては非常に困る。

新潟市 政令市に正式決定

October 24 [Tue], 2006, 22:02
新潟市が来年4月1日政令市になることが閣議で正式に決定した。本州日本海側では初めて。浜松市も同時に政令市になり、全国の政令市は来春で17になる。

政令市になると、一般国道・県道の管理や都市計画の決定など1000以上もの事務が県から委譲されるほか、市のドメイン名として "city.市名.都道府県名.jp" の代わりに "city.市名.jp" を使えるようになる。

我々市民にとって一番変わる点は「区」ができるということだろう。
それにしても人口81万・面積726平方キロで8つの区というのは多すぎないか。
ということで調べてみた。
札幌 188万 1,121平方キロ 10区
仙台 102万 788平方キロ 5区
さいたま 118万 217平方キロ 10区
千葉 93万 272平方キロ 6区
横浜 360万 437平方キロ 18区
川崎 134万 144平方キロ 7区
静岡 71万 1,388平方キロ 3区
浜松 80万 1,511平方キロ 7区
名古屋 222万 326平方キロ 16区
京都 147万 827平方キロ 11区
大阪 263万 221平方キロ 24区
堺 83万 149平方キロ 7区
神戸 152万 552平方キロ 9区
広島 115万 905平方キロ 8区
北九州 99万 486平方キロ 7区
福岡 141万 340平方キロ 7区
以上、市の成り立ちや歴史、地形的条件によっても異なるのだろうが、人口だけで見ると8区というのはやはり多い。市町村合併で生まれた政令市なのでやむを得ない部分もあるが、将来的に今度は区を合併するなんてことがあるのだろうか。合併するとしても「北区」と「東区」を合併して「北東区」なんてのは勘弁してほしい。

いずれにせよ、来春以降は新潟市がこれら「大都市」と肩を並べることになる。

けやきが色づく季節

October 23 [Mon], 2006, 9:12
新潟島で一番大きいと言われている勝念寺(新潟中央幼稚園)のけやきが、写真ではわかりにくいけど先の方から色づいてきた。

この葉が全部落ちると新潟にモノクロの季節がやって来る。天気も悪くなるので子どもの送り迎えも大変になる。

上古町のアーケード改築へ

October 20 [Fri], 2006, 15:02
昨日に続いてカミフルの話題。

古町1〜4番町の歩道上にかかる1キロ弱のアーケードに改築の計画が持ち上がっている。12月にも基本設計に入り、来年秋には着工の予定という。

この古くて新しいカミフルにはどんなアーケードが似合うのだろう。今のアーケードも味があるが暗さは否めない。いっそ透明な屋根なら明るいし、立ち並ぶ町家や屋敷建築にも目が行くかも。

カミフルの不思議建物

October 19 [Thu], 2006, 12:33
古町1〜4番町のいわゆるカミフルは、今どきな新しいお店と古くからの老舗が混在している。

それにしてもこの写真の混在ぶりはどうだろう。右の建物が左の建物に半分かじり取られて、もたれかかっているかのよう。

こんな建物で大丈夫なの?と心配になるが、右の建物では質流れ品?を売る店「おくらや」が営業中。以前この店でMDプレーヤーを買ったことがある。古町で電器製品を売ってるのは、ここと百貨さかいくらいかも。

左の建物は1階から3階まで今どきな洋服店なのだが、内装はまるで解体途中のビル。割れたコンクリから鉄骨がむき出しなのだ。

カミフルってワンダーゾーン。

県政記念館 11 月に再オープン

October 16 [Mon], 2006, 23:02
約二年間にわたり改修工事をしてきた一番堀通の新潟県政記念館が、11月1日に再オープンすることになった。

ぱっと見では壁が白くなったくらいしか分からないが、建物全体を持ち上げて傷んだ基礎を取り替える大工事だったのだとか。

これまでと同様、県政資料の展示や県議場が再現展示されるのだろうが、せっかくキレイに生まれ変わったのだから、期間限定でビアホールやカフェになったり、コンサートなどのイベントに使われてもいいと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あんでぃ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1972年
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
シモ古町ときどき脳内マレー半島。実家は豊栄、高校は新発田、大学は横浜、平日昼間は万代。1972年生まれ、妻子あり。ほぼ僕と同い年のおんぼろビルに暮らす日々。
2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE