YouTubeで時間旅行

December 13 [Tue], 2011, 0:06
土曜夜にFM PORTでケイ・グラントさんのDJを久々に聴いて、YouTubeでいろいろ検索してた。音楽は時間を引き戻してくれるなぁ。横浜暮らしの頃だから20年も前だけど、視覚よりも鮮明に当時のことを思い出させてくれる。

◇Still Life - 01. After The Rain
http://www.youtube.com/watch?v=2NnmtCSbQg4&feature=youtube_gdata_player
これが当時、ケイ・グラントさんがDJをやっていたJ-WAVE深夜(というか、明け方近く)の番組「Still life」のテーマ曲。懐かしい。当時はテレビよりもっぱらFMばかり聴いていた。新潟で聴いていたラジオよりずっとおしゃれで、これが東京の音なんだなぁ、と思ったものだ。

◇Richard Burmer - Across the View
http://www.youtube.com/watch?v=7wtI5DoRbFM&feature=youtube_gdata_player
そしてもう少し早い時間(といっても深夜1〜3時)の番組「Across the view」のテーマ曲がこれ。当時この番組は、なぜか大手製鉄会社が2時間毎日タイムの提供をしていたんだよね。リクルート的な意味合いもあったのだろうけど、今ではちょっと考えられない。まだバブルの残り香みたいな雰囲気があった時代。

◇Pazz & Jops
http://www.youtube.com/watch?v=0hUcbBVe4F0&feature=youtube_gdata_player
さらに早い時間、夜10時はこんな感じ。夜10時というと、当時はオトナの時間帯だったんだなぁ。これを聴くと今も東京や横浜の夜景が頭に浮かぶんだけど、実際にこれを聴いていたのは横浜のおんぼろアパートだったんだよね。思い出は美化されるものだ。

夜はJ-WAVEだったけど、昼間はもっぱらFM横浜。大学では部室にも研究室にもラジオがあって、いつもF横が流れてた。横浜のローカル情報はF横で仕入れるという雰囲気があったと思う。もっとも当時のF横は「More Music,Less Talk」と言ってしゃべりは少なかったんだけど。オール英語の番組も多くて、アメリカンな雰囲気が好きだったなぁ。

今は新潟にいても、J-WAVEはFM KENTOで聴けるし、その気になればAndroid携帯のアプリでFM横浜も聴けるんだけど、あの頃東京や横浜の音として聴いていたのとは少し違う気がしている。時代が変わって局のコンセプトが変わってしまったのか、それともやっぱり思い出が美化されているだけなのか。

ココロにしみる映像

May 30 [Mon], 2011, 23:48
3月に大震災が起きて、民放のCMが次々「エーシー♪」になっちゃって、こんな時に何をCMするんだ?となっていた頃。テレビでは一時期放送自粛していたけど、YouTubeにアップされて人気を集めたCMがある。

◇祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒
http://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU&feature=related

地域がつながる喜び、うれしさが全面に現れたこの映像は、観ているこちらまでうれしくなる。震災でずたずたに引き裂かれてしまったこの時期だから、なおさらココロに響く。東北の被災した地域にもこんな笑顔を早く取り戻せたら、と思わずにはいられない。

◇東京ガス CM 家族の絆・お弁当メール篇
http://www.youtube.com/watch?v=Xgp3aPR-llM&feature=youtube_gdata_player

ショートショートフィルムというジャンルの映像作品があるそうだけど、CMは究極のショートショートフィルムかもしれない。90秒という時間に、3年間の時間の移り変わりと変わらぬ絆を凝縮したこの作品。突然テレビで流れたらヤバいくらいの感動作。ガス会社か、応援したくなるなぁ。

◇スロウダンス / くるり
http://www.youtube.com/watch?v=OyIVPgTltJs&feature=youtube_gdata_player

これはCMではなくて、「くるり」のPVでもなくて、学生さんが作ったオリジナル映像なのだそう。好きだなぁ、こういう感じ。この少し色あせたような鮮やかなような色合いといい、いろんな場面をスライスして貼り合わせたような構成といい。

結局のところ、津波や原発の映像ばかりで疲れちゃったのかも。ここ最近は、こういう「ココロにじんわり」を自然と求めてしまう。

12月8日

December 08 [Wed], 2010, 8:42
大学時代によく聴いていたFM横浜で、矢口清治さんというDJがやっていた朝の番組。12月8日のエンディング曲は必ずこの曲だったのをよく覚えている。

Happy Christmas (War Is Over)
http://www.youtube.com/watch?v=hb2YSAVHmIE

きょうでジョン・レノン没後30年。凶弾に倒れたのは僕が8歳の頃か。「War Is Over,If You Want It」、せめて朝鮮半島だけでも終わってほしいものだけど、終わらせたくないと思っている人がいるから続いてしまっているのだろう。

そして、あと2〜3週すると、この曲かな。世の中クリスマスソングはたくさんあるけど、年末ソングってこれくらいかも。

UNICORN 「雪が降る町」
http://www.youtube.com/watch?v=rbLKKTfFQBI

何なんだろうね、毎年追いたてられるようなこの感覚。今の職場はまだいいんだけど、それでも何だか気ぜわしい。「年末だからぁ、あああ〜ぁ…」

iPad magic

May 29 [Sat], 2010, 11:26
昨日iPadが発売になったわけだけど、Twitterで@noma_nさんが教えてくれたこの動画、iPadを使って早速こんな楽しいことをしてくれてる。

iPad magic
http://www.youtube.com/watch?v=cbI0r0CIT18

すごいなぁ。リアルの手品とiPadの画面がぴったり合ってて。マジックを抜きにしも、iPadでこんなプレゼンができるんだよという見本になる感じ。完成度が高い。
先日は「文庫本サイズのDell」がいいと書いたけど、やっぱりお店とかで実機を見て触れると欲しくなってしまう…。まずはマジックを覚えてからかなぁ。

懐かしい夏の音

August 11 [Tue], 2009, 18:53
http://www.youtube.com/watch?v=W1ZX4JjZ4so

この京浜急行の発進音が懐かしくて。横浜で過ごした学生時代を思い出させてくれる音は、船の汽笛でも波の音でもなくて、ドレミファインバータ。くるりが歌った京急のCM曲にもこの音が入っている。

http://www.youtube.com/watch?v=uiIwWR-Bg74

何だか京急もおしゃれなイメージになったようで。僕が住んでいた頃は京浜地区の下町を結ぶギャンブル路線という感じだったけど。

この音は個人的には夏のイメージ。もちろん冬でも音は鳴るし、冬も電車に乗っていたはずなんだけど、この音を聞くと京急に乗って夏に海へ行ったのを思い出す。

逗子に葉山に三浦海岸。この辺りは江の島や鎌倉より空いてるし、逗子、葉山は海の向こうに夕日が沈むのがいい。大学の授業が終わってから行ったことも結構あったっけ。

逗子や葉山に行かない夏なんて本当の夏らしくない、なんて当時は言っていたけど、もう十数年も「本当の夏」を過ごしていないわけだ。最近では逗子や葉山よりすっかり日和山ビーチ。

今年はこのまま夏が終わってしまうのかな。涼しいのは楽でいいけど、何だか物足りない。明日から16日まで夏休み。

マイケル再評価?

July 03 [Fri], 2009, 19:26
マイケルジャクソンの急逝から今日で1週間。死因だの遺産だのワイドショー的な話題は続いているけど、音楽的にも再評価されつつある。

というわけで、YouTubeを探していたら、こんなのを見つけた。追悼というには、ちょっと不謹慎な気もするけど…。

吉幾三 × マイケルジャクソン IKUZO BILLY JEAN
http://www.youtube.com/watch?v=fQ7vUNlPF4s&feature=related

面白いなぁ。これ、今年の紅白でやってくれないかな。VTRのマイケルと、幾三生ラップの競演。絶対無理か。

幾三モノは他にもいっぱいあって楽しい。よくこういうのを作れるもんだ。

m-flo loves ikuzo yoshi - come(米) again
http://www.youtube.com/watch?v=k9_tLFm49OI&feature=fvw

James Brown meets IKUZO Turn Me Loose, I'm Dr. Feelgood【自重版】
http://www.youtube.com/watch?v=LxyFcqtY2u4&feature=related

もう最高だね、JBとの「競演」。超アッパーな感じで。というか、マイケルを再評価するはずが、吉幾三を再評価してしまってるんだけど…。

英国映画万歳

February 25 [Wed], 2009, 23:24
「おくりびと」フィーバー、未だ覚めやらぬといったところだが、アカデミー賞8部門を受賞したイギリス映画「スラムドッグ$ミリオネア」が世界的には話題を独占しているようで。

「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督によるこの作品、とにかく素晴らしいと評判だ。インドのスラム街で育った孤児が人気TV番組「クイズ$ミリオネア」に登場し、全問正解を目前に警察に連行され尋問を受けることとなる。一体なぜ、スラムドッグ=スラム街の負け犬の彼がクイズの答えを知り得たのか…?というストーリー。

http://www.youtube.com/watch?v=yCc9DjC0Fgg

しばらく忘れていたが、実はイギリス映画が好きだ。「トレインスポッティング」に代表されると思うんだけど、リアルな日常をさくっと切り取り光の射す方向へ進んでいくようなストーリー展開がいい。音楽もよくて、展開のリズムがいい。

なかでも「GO NOW」という映画はおすすめだ。ジャンルとしては「難病物」になるんだけど、湿っぽくなく、奇跡が起きるわけでもない。時に不貞腐れながらも徐々に現実を受け入れる主人公の心理が実にリアル。スポーツ映画?と思うほどのスピード感で、一気に見れてしまう。

「スラムドッグ$ミリオネア」もそんな感じなのかな。公開は4月。楽しみに待つことにしよう。

お店のテーマ曲

February 01 [Sun], 2009, 19:53
来月20日にいよいよビックカメラ新潟店がオープンする。

ビックカメラといえば、やっぱりこの曲。
http://jp.youtube.com/watch?v=LCPbfBkCDuI
♪たんたんたぬきの〜の替え歌と思いきや、原曲は聖歌。もともとは♪東が西武で西東武〜と池袋のことを歌っているんだけど、最近はローカルバージョンもあるらしい。いつか出来るか?新潟バージョン。

お店でオリジナルのテーマ曲が流れるのは日本独特なのだそうで。ないもの以外は何でもあるYoutubeで他にも探してみた。

ヨドバシカメラの歌
http://jp.youtube.com/watch?v=P5QwBLmQLrY
お店のテーマソングといえばこの歌が元祖なのかな。新潟店ができた時、店内でこの曲が流れるのを聞いて、東京が新潟にやって来たと思ったものだ。

ドンキホーテのテーマ
http://jp.youtube.com/watch?v=j9xA0Jdk9tA
この曲は替え歌ではなくてオリジナル。しかもドンキの社員が作詞作曲したらしく、お客さんが買い物カゴを持って歩くペースにあわせて作ったらしい。だから聞いてて何だかウキウキするんだ。スゴい社員さんがいたもんだ。

古町モールにもこんな曲を流せば、歩く人ももう少しウキウキできるかな、などと思ったり。「冬ソナ」のテーマ曲を流していた時があったけど、ただでさえ寒いのがますます寒く感じたもんだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あんでぃ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1972年
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
シモ古町ときどき脳内マレー半島。実家は豊栄、高校は新発田、大学は横浜、平日昼間は万代。1972年生まれ、妻子あり。ほぼ僕と同い年のおんぼろビルに暮らす日々。
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE