松本大学でゲストで講義にお話に行ってきました♪

October 30 [Thu], 2008, 21:14
代表立石です。

今日は、地元松本大学の、二十年度後期「社会活動」と「インターンシップ」の授業で、ゲストとしてお話をさせていただきました♪

写真は、講師の福島明美先生とツーショット♪



前々から学生さんのボランティアを受け入れて、一緒に活動しているのですが、より多くの若者に、自分の思いやみんなの活動紹介をしたいな、と思っていたところ、福島先生から思いがけず、授業の一端で講義の冒頭でプレゼンができること、そして学生さんがボランティア体験や社会活動をする機会があります、とお声掛けいただいたので、早速、今日の授業にお邪魔しました。

私にとって見れば互いに何かを体験する機会を持てる、ということが嬉しくてうれしくて。

いつもフリマ会場でずーっと喋ってる私ですが、今日は大学という環境での「講義」。
かってが違いますね〜。

最後に松本大学にお邪魔したのは、もう数年前。川田隆平さんが非常勤講師だったときのことで、アースデイの事で意見交換に出かけたのが最後です。

いや〜やっぱ、大学って、独特の雰囲気ですね〜。。。


松本大学の、学生さんの全体的な印象は、ちょっとシャイで、初々しくてたくさんのポテンシャルがあって、素敵でした♪
この人たちが、未来の国をリードする、大人になるのです。
未来の世界そのものの、若者。
そのことを考えると、私が大人として自分が持っていることは、機会があればいつでも出し切ろうという心構えで生きようと、今日は学生さんたちに話しながら自分の気持を新たにしました♪

1つの授業で25分ほど話させていただき、それを二つのクラスで行いました。
普段の活動の事、リユースの事、あれこれあれこれ、とめどなく話しました♪
10分くらいでまとめようと思いましたが気がつけば30分

嬉しかった事に、私の話がおわった後に、学生さんが5人、フリマネット信州でボランティア体験をしたいと申し出でくださいました!!きゃ〜(@○@)〜♪うれぴぃ

彼らのデビューは11月7日の音文会場、21日の音文会場、そして23日の花時計会場です。

そして、お世話になりました福島先生には、私のつたないプレゼンをほめていただきました♪
これからも地域づくりで協力連帯していきながら、学生さんと地域のかかわり、実践的実際的に地域に働きかけていけることなど、いろいろなことで協力しあおうと、お話も頂きました♪

チョーうれしいです。

考えてみれば、私は昔、県外で高校生を対象としたタウン誌の編集に関わっていました。
そのときには、複数の高校生達と毎日のように交わり、彼らと一緒に編集作業や、遊んだり、楽しい経験をいっぱいしました。

それから長い年月が過ぎたのですが、割と最近、当時の学生さんと偶然話す機会があって聴いたことには、「あの頃の事は私達みんなにとってすごい思い出です。今でも、当時の中まで集まって、同窓会しているんですよ」とのこと。

いつも、どこに行く時にも、直ぐに自分がメッセージを発信できるように、誰に合ってもちゃんと出せるようにしている事と、そのメッセージはかならず、蒔かれた種がいつか芽を出す事を信頼して、こつこつと頑張ろうと思いました♪

ホントに幸せだと思うことは、私にとっては活動が楽しくてたまらない、という事。

自分達の活動は、たんにフリマを運営しているだけではなく、関わる人たちが活性したり、リユースが進んでいく環境づくりにあります。
そのためには、今日のように、フリマ運営や現場だけではなく、多岐にわたり色んな事を自分で考えて行動しています。
そんななかで
誰かに会いにどこかに出かけたり、フリマを運営したり電話に答えたり、文書を書いたり配ったり、いろんなイベントや活性の相談に乗ったり、何をするのも、楽しくて、楽しみながらなにより自分が学ぶ事がいっぱいある。そんなことをしているんですから楽しくてたまりません。

つまるところ、自分が生きている理由は、自分が納得がいくように考えて行動すること。そこから何かを学び、楽しみ、助け助け合い、幸福を分かち合う事だと思います。
そして、自分がそれが出来るように、行動している、それだけのことです。

一市民であり、主婦な私です。
いろんなことを考えます。
全ての人も同じように色んな事を考えている。
それをあわせたり交換したり、いろいろと出来たら、それも楽しく出来たら!

世界はちょっとでも変わると思いませんか?
そう、思ってみるうちに

今日、ふと、大学からのかえりみち、へんてこなことを思いました。

「松本市には、20万人の人が暮らしている。
そのうちの、何人と、私は接触しているのだろうか。」

私達は毎日、だれでもいろいろな人に合っています。

朝、家族と顔を合わせ、友達と学校に行き、職場に行き、同僚や上司や取引先と出逢い、保育園や幼稚園に行き、ママ友やこどものお友達や、先生や運転手さんに会い、お昼にカフェや、コンビにでも従業員さんに接し、駅やバスや乗り物でも誰かに出会い。。。



誰に会うときも、自分はオープンでいよう。

今日はほんとにそう思いました。

いや。。。今日「も」だね。

うん。
今日も、貴重な体験が出来て、とても嬉しかったです。
福島先生、耳を傾けてくださった生徒のみなさん、本当にありがとう!

フリマ会場で会いましょうね♪



★スタッフ業務連絡★

11月2日のジャスコ南松本店運営チーム、明日最終打ち合わせをします。

メンバーは、あべちゃん、ひまちゃん、たぐっちゃん、ホリくん、りっきー、けんちゃん、のぐちさん、さっちゃん、ナカノくん、ミツヲくん、みゆちゃん、りさちゃん。+私と現場監督ヒロ氏。
PAスタッフは上條さんです。

当日集合は、朝7時です!

松本大学ではじめてのプレゼン体験

October 30 [Thu], 2008, 14:50
代表立石です

今日は何年振りかで松本大学にきてます

生徒さんたちにフリマネット信州の活動をプレゼンです。

今1コマめを終わりました。

ひえ〜どきどきした〜

もう1講義あります
報告はのちほどまた。
頑張ってきます

フリマ談義&いっぱいのコーヒーの真実

October 29 [Wed], 2008, 0:57
代表立石です♪

公式HP書き換えました!http://furimanet.com/
市民祭のフリマ締め切りました、・・・すっごい事になってます。。HP見てね。


さて
今日は、普段から仲良くしている大町出活動する、フリマサークル「ふりーママ」のメンバーのきみこちゃんと清ちゃんとランチしました〜♪

普段はフリマ会場でなかなか、ゆっくりとお話も出来ないんだけど、きみこちゃんとはお付き合いも長い。。
2004年に知り合ってからもう4年半。。。いつも、明るい笑顔で、すっごく元気をもらうんです。

彼女らは、大町市で文化会館前庭でのフリマを主催し、育児ママフリマということで地道な活動をしています。

今日は、松本まで2人が来て下さって♪三人でお昼を食べながら、三時間半もおしゃべりしてしまいました〜
楽しかったぁ
いろんな話をしましたよ〜
楽しく、フリマしながらリサイクルしていきたいね〜、と。
おしゃべりしっぱなしでした〜

きみこちゃん〜清ちゃん〜
ありがとう!!!
おふたりとおしゃべりして、すごく元気もらいました!




2人とわかれた後、松本パルコへ。5階にあるピースビレッジというお店にふりまにあを置いていただいているのです。そこで店長さんと歓談♪
いつも、ありがとうございまーす。



そのあと、7時から、Mウィングへ。
そう、映画です。「いっぱいのコーヒーの真実」という映画をコミュニティシネマ・シネマセレクトの企画で見たのです。
会場に間違えて30分速く着いてしまったのですが。
余りにヒマだったので、主催者のかたに声をかけて、準備のお手伝いをさせていただきました♪
印刷されたチケットをカッターで切り離すんだけど、こういう作業、いつもさんざん←どういう意味だ(^^;)
領収書とか文書作成とかでやっているので超得意。上映を待っている時間も、楽しく過ごしました。主催のみなさん、手伝わせていただけてありがとうございました♪
いろんな市民活動の方々と繋がっている私ですが、どこに行っても受付の内側(笑)にすんなりと収まってしまうのは、、、条件反射だろうか。。。(^○^)

あ、そうそれで
映画は
フェアトレードについての、現実を追うドキュメンタリー。
舞台は、最高級のコーヒー豆を生産し、コーヒーの発祥の地でもあるエチオピア。

世界中で飲まれているコーヒーだけど、生産地では、食べ物もかえないほど、生活が圧迫されている農家の現実。
栄養失調で子供たちが施設に収容されたり、最高級の豆を生産している生産地でもコーヒーの価格が余りにも安い為、小さな家に家族大人数が暮らし、村には学校も建てられない現状。

コーヒーの取引は、事実ニューヨークの相場を基準に、金額が決まる為、どうしても公平なトレードが出来ない事情。
コーヒーで生計が立てられなくなりつつある農家は、悲しいことに麻薬栽培に移行するものも出てき始めている。麻薬の方が高く売れるから。
コーヒーは、世界でも二番目に、優秀な貿易素材なのに、それを丹精込めて創り、世界中の人たちのためにコーヒーを供給している当の生産者が食べることも出来ない、ゆがんだ現実。

私がとても感動したのは、現地の生産者の皆さんにはとても忍耐があり、誰かを責めてはいないこと。心を打たれた。こうやって、先進国や誰かを非難せず、公平性を求めながらもっとよい豆の生産に励む気高い心から全てが始まっているのだとわかった。

彼らは努力して頑張って良い豆をつくり、そしてただ「搾取されない公平な取引」を望んでいるだけなのだ。
世界貿易の会議でも、ヨーロッパの参加担当者は650人、後進国は3人。多数決を取られてはたまらない。
先進国はお金を援助するのも大事だけど、ただ単に、豆をちゃんとした金額でフェアに買ってあげるだけですごく助かるわけね。現地では。



エチオピアのコーヒー農園。
そこには、世界の現実を変えていこうと地道に努力する、関係者の姿があった。
世界を変えていくこと。

私の心の片隅に、いつも同じ事がある。
ほんのちっちゃな事でも、「変わる」ことはものすごく意味がある。
大きな変化を望みようがないと思い、諦めて何にも手をつけないでいるのは残念なこと。
小さな変化を創る事ができたら、それは大きな変化を起こすことも可能だと証明したことにならないだろうか。

。。。な〜んて思うわけです。
自分の活動に当てはめて、考えて行きたいですね。。。うん。。。

映画を見ながら、地球の反対側でがんばるエチオピアの人たちがなんだかとても近く、心が近く感じました。
エチオピアで私が飲むコーヒーを一生けんめい作りながら、食べるにも苦労する人たち。
こんなに無駄のおおい、先進国に暮らしながら自分にできることは何なのか。
すごく考えさせられました。
こういう意味のある、良い映画を上映してくださっているシネマセレクトの関係者の皆さんに、感謝です。
この日も入場料はたったの¥300.
仕事帰りに駆けつける、運営ボランティアさん。
シネマセレクトさんはNPO法人で、地元に映画文化を、ということでとても地道に活動されてまして、入場料は全額上映や会場費、運営ボランティアさんは無報酬。
そうとうな熱意とガンバリがないと、続けていけないと思います。すごい。
で。。。う〜ん、うちの活動に似てるわぁ、と。
この日も平日だから、ボランティアさんも仕事帰り。使っている文房具や道具も同じものだったりしてみょーな親近感。うちも、平日の音文フリマは、平日しか動けない人たちでやりくりしているんだよなぁ

自分も、フリマネット信州を運営しながら、なにか有益な事をするのに、税金とか、助成金とかに頼らずに、どうしたら自立して活動を続けていけるのか?ということを実験したり、模索したりしようと、設立時に決めた。活動そのものが、活動を支えていけるような形にしないと、いいことが長く続けられないとおもう。資金繰りが苦しくてやっていけないNPOを沢山見てきた。
大体、全国のNPOの90パーセント以上は、年間予算100万円以下でどうにか活動しているというのが現状。
収益性が望めないから企業は手をつけない、行政は手一杯、そんな部分を担うのが市民活動だ。いろんな形態はあるけれど、継続できない事にはどうしようもない。

私達は自分達が、リユースとリサイクルを進めて、市民交流をフリマによって活性し、たくさんの人が出会えば、色々な人たちがであうことでそこで生まれる新しいつながりや協力体制、みんなで互いにささえあいたいと自発的に考える人たちが増えてきたら、地域はもっとよくなると考えて行動してきた。
「フリマ屋さん」としか目に映らない人もいるだろう中で、フリマを続けているには、いろんな思いが私の中にはあるのだけど、一歩ずつ、忍耐をもって、進んでいこうと映画を見て思ったよ。
頑張っているエチオピアのひとたちにも、エールを送りたい。

シネマセレクトのみなさん、ありがとうございます。

皆さんも、映画に行く時にはハリウッド映画もよいけど、たまには、大映画館のスクリーンに上らない素敵な映画も、コミュニティシネマで見てみてはいかがでしょうか。
地域の映画文化を応援しながら自分も刺激的な時間を過ごせるのでおススメです♪





あ、明日はお客さんが来る日だった
掃除しないと。。。ひぇえええ〜。。







フリマの奥深さ。。。続き、南松本店屋上ジャスコのフリマのエピソード

October 27 [Mon], 2008, 17:27
代表立石です。


数日前のこと。
先月の、ジャスコの屋上フリマにご参加されたKさんからお電話を頂きました。

フリマネット信州のフリマで、ことしフリマデビューされたKさんは、わざわざ電話で、とてもうれしいことをおっしゃいました。

「今、うちの娘は2歳になったところです。
出産して子育てしているなかで、まいにち同じような日常を過ごしていたんですけど、今回フリマに参加してみて、ほんとに多くの気付きがあったんで、メールをしようかと思いましたが、直接お話したくて電話をしてしまいました。

まず、参加してみてすごく楽しかった事、そしてとても充実した時間を過ごせた事が嬉しかったです。

子育て前は、販売の経験もあったんですよね、私。
なんだかフリマをしている間に、その当時の、お客様との会話とか、お客様に喜んでいただいたこととか、そういう感覚的なことも忘れていたんですけど、どんどん思い出してきて、凄く楽しかったんです。
あぁ、私もまだやれるじゃん、って自分に思えて思いがけない自信を再確認したことが、凄く嬉しかったんです。まさか、フリマでこういう気持ちになるとはおもっても、見ませんでした。

そして、ビックリした事に、とても良い客さんとであって、その方が、わたしの区画で並べていたものと、私自身をとても気に入ってくださって、たのしく会話して、色々買っていただいたのですが、それだけでなくて、一緒にいらしていたほかのお友達にまで、私の店をほめて、このお店はすてきよ、っておっしゃって、勧めてくださったり。出会いがあったんですよね。。
いらないものが誰かに使ってもらえたらゴミになるよりいいや、というくらいの気持ちで参加したのですが、想像以上に、楽しくて、いろいろ精神的に得るものが多くて、参加できたことをこころから感謝しています。
こういう機会をもてて、すごく、嬉しかったです。ありがとうございました」


。。。初めてフリマされる方からはいろいろな感想を聞きますが、子育て中で気晴らしになったと、慶んでくださるご参加者の育児ママはたくさんおられますし、今回のKさんのように、子育ての間に、お休みしていた社会的な感覚や、スキルがまだまだ生きていて、自分は全然捨てたもんじゃない、と自分が持っていたり訓練されていたり、大事に育ててきたものを再確認する機会となった、なんてホントに素敵です。


フリマって、ほんと、奥深いなぁって、思います。



その言葉を聴きながら、自分のことも考えました。
私がフリマネット信州を立ち上げた時には、私の一番下の子供は1歳。
子育て中でも楽しめる、お母さん達が息抜きできる、楽しみながら有意義な時間が過ごせる、そんなコミュニティと場をつくることを目指してきまたのは、自分自身が育児ママだったから。

長野県人である私は、子育てに入る前は、結婚して行った主人の転勤先の他県で、学生対象としたタウンミニコミ誌の編集をしていました。そして、ボランティア活動で慰問したり、福祉支援のために古着を送ったり、そんなことも、今から思えばしていました。

今、当時学んだ編集ノウハウや、福祉支援活動など、同じような事を行っているのですが、また出来て嬉しいし、当時よりさらに多くの人とさまざまな活動が出来るのは凄く嬉しい事です。

育児ママたちには、子育てが一段落したら、かならず、なにか夢を持ってやりたいと感じる事ができることを心から励ましたいです♪

なにか学んだ事は自分自身の一部だから失われてしまう事はないと、思います。

小さなことのように思うことも、後になってみれば大きな意味があることも、たびたびです。
そんなわけで、子育てママの仲間の皆様♪お互い楽しくやりましょう!


その、ジャスコ南松本店屋上フリマは、今週末です♪
詳しくはフリマネット信州公式ページ・こちらからどうぞ!http://furimanet/com/

ジャスコ南松本店屋上大フリーマーケット

October 25 [Sat], 2008, 12:23
11月2日(日)に、本年度最終回のジャスコ南松本店屋上フリマを開催します。

160区画の募集は終了しています。

前回開催の時には、駐車場全てがフリマでぎっしりと埋り圧巻

駐車場も10時とともに三階も、平面も、満車だったなぁ。

あれだけ沢山の人たちがリユースをちゃんと考えて下さっておられるのだとおもうととてもとても嬉しかったです。
私が一日中うるさくアナウンスしていてもちゃんと耳を傾けてくださって

みなさんありがとうございました。

まだまだ運営はみじゅくですけど、がんばります。

ご来場のお客様は、午前10時〜フリマタイムですので、よろしくお願いいたします。


来週の、私の予定♪

★明日は、昼間は寿台の公民館文化祭で演奏のお手伝いにいき♪HPスタッフのぽこちゃんとランチ
夕方はキャンドルナイトを楽しみながらフリマスタッフのアースデイご苦労会&反省会ミーティング

28日は、フリマ友達とお昼にお茶♪
おいしいコーヒーの真実上映会でフェアトレードについて学びます。午後7時から松本のてまり公民館Mウィングで入場料¥300.
お時間のあるみなさん、ご一緒しませんか?

そして11月2日はジャスコのフリマ
11月3日は市民祭のフリマ


いまからお昼食べに行ってきます♪

フリーマーケットは、社会の縮図?

October 22 [Wed], 2008, 18:47
代表立石です。

秋のアースデイピクニックも無事終わりました。

その余韻も覚めやらないうちに、こんな記事もなんだけど

最近、フリーマーケットってほんとに奥深いなぁとつくづくと思う私なのですよね。

いや、そりゃ、そういうことはずっと昔から感じてはいるんだけど、最近とくにね。


私自身が、20年以上フリマに関わりながら沢山楽しみ、色々経験し、だんだん学んだり変化したりしてきたわけで
何度か書いているように、最初は私も、それがなんなのか解らず、フリマ会場ということろに遭遇し、そこで買い物をしたのが始まりで
そのあとはガレージセール(自宅フリマと最近は呼ばれる事もある)や、引越しに伴う行政のフリマについに参加したのが始まりで、出店者となり
かなりフリマに目覚めてしまいそれからは県内外のフリマに何百回も足を運び
出店も買い物も極めた、と思います。
そして、現在に至るわけなのですが、
なが〜〜い年月をフリマに関わりながら、自分なりに出たひとつの回答、目指したいと思った道は

「きもちよく、安心して足を運び、さまざまなきづきを個人個人が持ちながら、リユースを体験して地球にやさしい、互いに優しい思いやりあるフリマ環境を構築したい」ということ。

なんだろう。。志は高いのです。

日本中で数えきれないくらい沢山のフリマが開かれていてすばらしい事だと思う。
そして、モノを大切にしようという気持ちを行動にうつしている人たちが増えているのも、すばらしいこと。

フリマネット信州が行っているのは、リユースフリマ、つまり、一般消費者(どなたも、こなたも、主婦も、学生も、シニアも、サラリーマンも、生活者は全て♪)が一度消費したものを、ゴミにしないで最後まで使いきろう、ということを行動に移す、フリマ。
そしてフリマ会場は、フリマなれした人も、はじめてフリマに参加する人も、フリマに足を毎週のように運ぶ人も、フリマをはじめて眼にした人も、ありとあらゆる人が自在に行きかうから、個人個人の意識も様々だし、フリマについての知識も様々だし、経験もさまざまだし。

これってほんと、社会の縮図よのう、なんておもう。

参加者の知識や経験に大きなばらつきがあるだけでなく、お買い物客の皆さんの知識や経験も様々なので、どんな個人とフリマでやり取りするかで、大分いろんなことが違ってくるよなぁと、最近フリーマーケットビギナーズガイドブックの改訂版の原稿を書きながら考えていたわけですよ

そんななかで、自分達がフリマネット信州でしたいことは、たんにフリマを物理的に企画したり開いたりだけでは、満足じゃないなぁとおもってることをスタッフみんなで感じたり話したり確認したりで

人間的に、そこに来て楽しくて、きもちいいなって感じる場。

たんに、お得なお買い物をするだけなら、お店でも出来るけど、だれかの笑顔とか、気持ちよく、たがいに挨拶したりとか、みんながお互い同士、思いやりを感じる事が出来るフリマネット信州なりの、自分達のフリマのありかた自体が、とても大事なんじゃないかとおもう。
こんな、世知辛い世の中だからこそ、一番大事にしたいものは、お金で買えないものだよ、なんておもったりする。

先日、一人のスタッフが言った。
「代表、わたし、きがついたんですけど、
島内音文公園のフライデーフリマって、ちっちゃい赤ちゃんやお子さんを連れたお母さんが多いじゃないですか?」

私「そうね。ベビーカーが渋滞をおこしていると、出店者のNさんが表現していたわね」

スタッフ「なのに、子供が泣きわめいたり、かんしゃくを起こしたり、赤ちゃんがひどくぐずったり泣き叫んだり、っていう光景を、私殆ど見たことが無いんですよね。
普通、スーパーとかだと、子供が泣いているの結構見るんですけど、音文のフリマ会場は、そこらへんのお店よりぜんぜん、子供たちも穏やかだと思うんです。
やはり、あれだけ大勢の人が集まると、会場の雰囲気って言うのも有ると思うんですが、きっと、みんなやさしいひとたちが集っているからあかちゃんも、落ち着くんですかねぇ」

ふーん。


そうなのかもしれないなぁ。


フリマネット信州の活動を始めた6年前から、こつこつと、フリマはものがうごくだけではなくて、人の心も関わるのだとずっと伝えたいと思ってきた。
このブログも書き続けているし、月刊フリマ情報も30万部出してきた。
フリマネット信州のフリマに参加したり、来場したりしてくださる市民の皆さんは、そんな私たちの信条や、趣意を理解してくださって応援してくださっているとおもっています。

一期一会かもしれない、人と人が関われる、リユース活動「フリーマーケット」。
たんに、商売の場と捕らえている、仕入れ品の業者さんのフリマではない、私達の様な、草の根の活動は、すこしずつこうやって地面に降った雨水がしみこむように、みんなのこころに届けば、いいなぁとおもいます。


いろんな人が集う、ちっちゃな社会・フリマ会場。

自分達のフリマは、その日一日現れるちっちゃな村みたいだけど、そうであっても、気持ちよくて、ひとの優しさとか、こころとか、そんなものが感じられる暖かいものに、したいなぁ、って



そんなふうに感じてくれるひとたちが集ってくださっているなら、その奇跡に感謝、です。




★♪★♪お知らせ★♪★♪

安曇野方面にお住まいの、フリマファンの皆様へ♪
アースデイの運営があり、11月号の月刊ふりまにあ投入がちょっぴり遅くなっていましたが、堀金、穂高、山形村方面の配布投入は、あす行いますので、11月号の月刊フリマ情報をご希望の方は、明日の夕方以降でお近くの設置店をチェックしてみてくださいませ。

みなさん、よろしくお願いいたします。



アースデイ写真館2008秋

October 21 [Tue], 2008, 0:00
開催6年目、今まで晴天率&開催率100%のまつもとアースデイ!!
フリマネット信州公式HPはこちらhttp://furimanet.com記録写真を載せてました♪撮影は事務局長ヒロ氏。
フリーマーケット会場の写真を載せます。

一枚目↓ステージ前からみた、インディアンティピ。このティピは、音文フリマでおなじみの、なないろ工房さんの正式出店!
竹の柱と帆布で出来ています。
これ、前日の準備でみんなで組み立てました!楽しかったなぁ。



二枚目↓お昼過ぎの、ステージから見たフリマ会場の一部。



三枚目↓前日準備の様子。
前日のうちに、おとなも、子供も、160区画の区画切りをみんなでやりました。
先日の朝から車4台で、みんなでテント、機材、荷物を会場に搬入。
入れ替わり立ち代り、スタッフが20人ほどでテントをはったり、カラーコーンを並べて駐車場の準備や、看板たてやレイアウトなどをしました。みんなですると凄く楽しいね。
来年がますます楽しみ♪
当日は広場全域に果てしなくフリマ区画が並びましたね。


四枚目↓ティピの周りにならぶ、お客さん。画面に映ってないけど、右側にもお店があります。
有機栽培の、ひきたていれたてのコーヒーはほんとに美味しい!


月刊イクジィのブース♪
終わりがけに、ちゃぶ台でお茶をご馳走になりました。編集長さん、みなさん、ご馳走様♪
イクジィのスタッフの皆さんは、育児ママ。ご主人も一緒にピクニックでたのしそうでした!


こちらは、天然スパイスからつくる本格的なオーガニックカレーの移動販売です。
またこれがおいしいんだよね。。。フリマネット信州スタッフの大好物です。


全国高校生の主張音楽祭長野県実行委員会の仲間達。この日も様々な県内の中高生たちがあつまりました!
いつもフリマネット信州のフリマ会場で古切手やプルタブを集めているのですが、それは彼らの活動に協力しているから。
このアースデイでの日も、ビックリしたのは、プルタブの回収箱に見る見る間にプルタブがたまっていくんです!!!ご来場のみなさん、ご協力、ほんとにほんとに、ありがとう!!!




フリマ会場を丘から見たところ。広大で、全景がうまく撮れません。


こちらは実行委員会と事務局スタッフです♪左から、いつも駐車場やパトロールでおなじみのあべちゃん、チャリティと
受付運営担当のチカちゃん、そして事務局長ヒロ氏。


ステージの様子。
チームザK2の、セッションです。現役大学生、20代、〜50代まで、いろんな音楽を奏でました。
音楽はいいですね〜。
アースデイは音楽と一体です。いつも、地球の音をつむいでいます。



メールも沢山頂きました♪
家族で楽しんだ方も沢山いらしたのだと解りました。
アースデイのフリマは家族行事になっている、というかたも沢山居られました。

みんながあつまるといろいろできるし、きもちと行動力だけで出来ているイベントですもの。

事務局が撮影した以外に、カメラマンも2人いたんです。撮影にご協力いただいたみなさん、ありがとう。
記録写真がまだ出来てこないのですが、早くみたいなぁ。。

毎日が、アースデイ!ハッピーな、アースデイ♪

皆さんと一日過ごせて嬉しかったです。

フリマ残務整理中♪

October 20 [Mon], 2008, 20:19
アースデイまつもと秋のピクニックが無事終了しまして

当日は、季節が戻ったような強い日差しの下、とってもアースデイチックな←どんなんや

一日を過ごしました〜。

今日は、看板の撤去や、会場の最終確認、そのほか残務整理に終われていました。(××;)

アルバムを整理してまたブログに載せます!



ご来場いただいたみなさん、ピクニックフリマに参加された皆さん、ライブ参加のみなさん、スタッフのみなさん、どなたもこなたも、感謝です!!

私は・・・・クタクタですが・・・・とっても楽しかったです!!

ねぎらいのメールを沢山頂きました。
ありがとうございます!!!!

また頑張っちゃうんだな〜これで



今週末は、スタッフと反省会と打ち上げ、そして来週末はまた

ジャスコ南松本店屋上大フリーマーケット
松本市民祭歩行者天国フリーマーケット
島内音文公園フライデーフリーマーケット

てな具合に。。。進みます。詳しくはフリマネット信州の公式HPをご覧下さい、こちら→http://furimanet.com/もうちょっとで信州の秋も終わります。
フリマのお申し込みもかなりなスピードで埋っていますので、お早目のお申し込みをおススメいたします。



フリマネット信州には、沢山の理解してくださる市民のファンの皆さんがいて、応援を沢山頂く事、すごく感謝です。

みなさん、ありがとうございます。

写真、また載せますね。
もう少々お待ちくださいませ♪

今日は楽しいピクニック♪本日アースデイアルウィンピクニックフリマ開催します!

October 18 [Sat], 2008, 20:28
本日19日日曜日、信州スカイパーク「総合球技場アルウィン」東側芝生広場にてアルウィンピクニックフリマを開催します。

イベント内容は、こちら!http://furimanet.com/

地図は、こちら!
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=36.17654296&lon=137.92388969&sc=6&mode=map&pointer=on

大規模フリマ160区画とコンサートでたのしむ、地球人のピクニックです♪

一緒にみんなで遊びましょう。
お弁当をもって、青空の下、芝生の上でピクニックしよう!
おいしい食べ物もあります。

★ご参加者のみなさん、搬入は午前8時からです。9時半を過ぎますと、会場が込み合い、搬入が困難になると予想されます。ご了承下さい。

お買い物のみなさんは、駐車場はアルウィン南側の広場ですので、フリマ搬入口へ間違って進入されませんように現地で誘導員にお尋ねくださいませ。

★本日と19日に、フリマ出店申し込みをメール経由でされた方は、エントリーの返信ご案内が20日月曜日となります。よろしくお願いいたします。

★また、19日開催日は、電話対応が難しい可能性がございます。お問い合わせ電話が繋がりにくい場合にはご容赦くださいませ。

それではアルウィンで逢いましょう!

地球の日を前に、秘密。

October 17 [Fri], 2008, 19:23
代表立石です。

今日も、音文フリマを開催しました。無事に一日が終わりました。

ご来場のみなさん、ご参加者のみなさん、楽しい時間をありがとうございました。
今日は、スタッフけんけんと、きょうちゃんが風邪でダウンした為、受付でおまたせしてしまってごめんなさい。あさってはアースデイ本番なのではやく元気になるといいんですけど。

次回は、11月7日の金曜日です。年内開催は後2回♪
11月7日のお申込みは、もう定員までほんの少しになっています。
7日をご希望の方は、どうぞお早めにお申し込みくださいませ。

明日は、アースデイの準備にアルウィンに行きます。インディアンテントをみんなで建てたり、区画作りや看板たて、駐車場や受付のシュミレーション、そのほか、準備に追われています。

でもねぇ。楽しみなんだよね。

私はみんなが聞くとビックリするような大家族でこどもを育てているお母さんで、メタボ気味の、だんな様の健康を気遣う主婦です。
そんな私が、自分の自己発信や、自己表現や、自己認識、そして世界と繋がることを熱く考えた時に、アースデイや通常のフリマ活動がそれとしてあるわけです。
母親にとって一番大事な役割は、世界の未来である、子供たちの世話。
そして、私という個人においては、自分が信念をもって、正しいと感じて、それを行う自由があるわけで、
そしてそう感じた事を1つずつ、やってみること。
一歩ずつ進んでみると、新しいことを発見できて、すごく楽しかったりします。

アースデイは私にとっては自己表現。
それは、沢山のちいきのさまざまな人たちが集ったり、交流を楽しんだり、のんびりしたりしながら地球の事を考える時間をもつ、キッカケをつくること。

実は、秘密を明かせば
「ちきゅうのことを考える」というのは、いつも書いている通り、自然環境ばかりでなく、そこに暮らす人間環境を考える事。
異文化交流、多文化共生、地域市民の交流、くらしのなかの、感じられるぬくもり。
それがまだ、ある、って実感する実体験する時間をすごすこと。

ここまでは、何度も書いてきましたが。


これは、初めて書きます。

地球の事をかんがえること、そのなかで、みなさんおひとりおひとりに一番私が伝えたい事は
その、ひみつとは

「地球の大事な一部、それはまさしくあなた」だっていうこと。

私は、あなたに、地球の日に、自分のことを考えて欲しいのです。
もうちょっとわかりやすくいうと
自分と向き合って、自分の考え方や、自分を普段ないがしろにしていないだろうかとか、
自分は普段、ちゃんと自分がしたいことをやっているだろうかとか、
自分がホントにしたいことが何なのかについて、きちんと、すくなくとも自分の心の中では自分と対話して、自分を認めてあげてるだろうかとか。

そうやって、じぶんの心をちゃんと世話してあげてほしい。

そんなふうに思います。


私も主婦だから、普段から一息つく間も無いくらい忙しい日も有ります。
「つい、自分を邪険にあつかっちゃう自分に優しくない、自分」もいます。

みんなも忙しいの、良く知ってるつもりです。

最近では、この時代、子供だって十分忙しいと思います。ましてや大人はじっくりと物事を考えたりすることも難しくて、ロボットのように他人が決めたスケジュールをおいかけるのにやっと、というひとも多いと思う。

だから

地球の日をキッカケに、いろんなことを感じて、大事な地球の一部であり、かけがえの無い主役である自分の心を大事にする、そんな時間をアースデイで感じて欲しい、それが私がみなさんおひとりお一人に、お伝えしたい、私が自分なりのアースデイに望んでいる、そしてアースデイを行っている理由であり「秘密」です。


もちろん、リサイクルもリユースも大事、だからフリマする。
そのことも当然信じています。

そして、こんなにもたくさんの皆さんが、それに呼応してくださり、リユースを実行してくださる事、続けてきた甲斐があるなぁって、思います。

当日は、みなさんと、同じこころ、同じ想いを感じられたらどんなにいいだろうか。
そう、願っています。


めずらしく、わたしの事を書いてしまいました。

明日はすぐに新しくブログをまた更新してしまいますが
今日も、読んでくださってほんとうにありがとう。






2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://furimanet.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:furimanet
  • アイコン画像 現住所:長野県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ときどきライブでも歌います
読者になる
長野県で初心者でも楽しめるフリーマーケットを主催している市民団体「フリマネット信州」公式ブログ   フリーマーケットホームページ http://furimanet.com/
最新コメント