これから先の道のり

October 22 [Thu], 2009, 18:04
代表タテイシです。

きょうは、アースデイ開催の打ち合わせと準備の合間を縫い、地域活動で協力している松本大学に出かけてきました。

学生さんたちに、フリマネット信州の活動について紹介するためです。

教室には、若者がたくさん!!

人前で話したり何かする事については結構緊張しますね〜

今年も松本大学の学生さんが関わってくださっていますが、一緒にいろいろ出来たらいいなぁ、っておもいました。

福島先生と、今後の私たちの活動の形態や道について相談に乗っていただいたりしました。

とても興味深いお話を聴きました。それは「市民による公共活動」ということです。

これは今では自分達にもかなり当てはまる部分が出てきたのだと想いました。

そもそも「公共」とは本来行政などが、税金で均等に行う社会的なサービスの仕組みや機能です。

昨今は、東京など大都市では、行政とは別に、市民が公共となって活動する考え方や実例というのが現れているそうです。
とても興味深いと想いました。

行政が掬いきれない地域社会の必要や、企業が収益性がないため事業化しないことなどから、そもそも社会になかったサービスを市民自身の手で作り出していく市民活動の本質の、最先端だなーーとおもいました。

フリマネット信州は、フリマの持つ多面的な市民交流の機能を生かして、市民活動の活性や相互交流、そこから新しく生まれるものに繋げていき、就労支援や、多文化交流などを楽しみながらしていけるような市民活動にしていきたいのです。物理的にフリマを多開催する事を一番の目的としているわけでもありません。


街づくりについて意見を求められたり、行政と同日開催で音楽文化とリユース文化の相乗効果を企画したり、商工会議所さんからの紹介で長野県の障害者就労支援センターから協力の依頼を受けたり、企業の社会貢献活動としてフリマを企画したり、フリマ初心者をサポートしたり、フリマ情報のフリーペーパーを発行したり、多くの市民参加者のみなさんや来場者の皆さんがリユースを実践できる場作りをおこなってきたことや、実際に来場者が沢山きてくださることなどフリマネット信州の活動では、年間何万人もの市民が来場し楽しむフリマ文化を定着させる為に一生懸命頑張理続けて来ました。
フリマを進めてきましたが、その本位は、地域社会で自分達自身が、生きがいを感じながらまわりも良くしていきたい、その道はないか、という考えがあっただけなのです。。。

市民公共性が高まるのならなおさら、
情報公開や人員育成なども含めてこれからの道のりを新しく描き続けていかなくてはなりません。

自分達がたんにフリマのとりまとめをしているグループなのではなく、めざしていることはどこなのか。
もっともっと情報発信していかなくてはいけないと福島先生とお話して実感しました。

がんばりまーす。

・・・・・みなさん。。。助けてくださーい。(笑)




その後、アルウィンに移動、看板設置場所や機材の準備、乗り込み手順などを確認しました。


楽しみにしながら。。。。
秋のアースデイまで後数日!

皆さんとお会いできるのをたのしみにしていますね。


また、明日更新します!




  • URL:https://yaplog.jp/furimanet/archive/1046
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://furimanet.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:furimanet
  • アイコン画像 現住所:長野県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ときどきライブでも歌います
読者になる
長野県で初心者でも楽しめるフリーマーケットを主催している市民団体「フリマネット信州」公式ブログ   フリーマーケットホームページ http://furimanet.com/