2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像くりっち
UNION (2005年08月11日)
アイコン画像よっち
奇跡の人 (2005年08月05日)
アイコン画像くリッチ
奇跡の人 (2005年08月05日)
アイコン画像くりっち
FUJI ROCK FESTIVAL 5 (2005年08月01日)
アイコン画像くりっち
FUJI ROCK FESTIVAL 5 (2005年08月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fullpipe_yocci
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« タダにつられて | Main | WHITE FILM FESTIVAL »
チャーリーとチョコレート工場 / 2005年09月26日(月)
なにげにジョニー・デップ映画を押さえてるオイラ。
『チャーリーとチョコレート工場』もしっかり見てきたさ。
ナンヤラ・ハンヤラとかいう人の児童文学を元にした映画をリメイク。

ティム・バートンのブラックなユーモアがたっぷりの映画。
ジョニー・デップ演じる天才ショコラティエ、ウィリー・ウォンカを
最近まで児童問題で裁判していた天才歌手とダブらせてみると
おもしろさが2倍にふくれあがります。
今回の映画化に当たってティム・バートンは原作にはない
ウィリー・ウォンカのバックグラウンドに関するストーリーを新たに設け
ウィリーがただのおかしな人にならないように気を付けたとか。
たぶん、このおかげで物語のピントがちょっとずれたというか
なんかしっくり来ないような感じがしたんだよなあ。
ジョニー・デップが以前出演した『パイレーツ・オブ・カリビアン』でも
まったく同じ事を感じたんだけど、売れっ子パワーってやつですかね。
そういや『パイレーツ〜』ではジャック・スパロウの役作りに
キース・リチャードのメイクなんかを参考にしたとかいうデップ。
てことは今回もミュージシャンをモデルにしてあの白さなんでしょうか?


Posted at 18:15 / 映画 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/fullpipe_yocci/archive/44
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

   
Powered by yaplog!