毛利元就を中心とする安芸・毛利一族を探求します。同時に、元就研究家・福原雅俊の独自の史観から世相を斬る。そして、天衣無縫の旅遊記・映画・文芸評論・作品集。

2005年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール
青春18切符2005(その3) (2005年09月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fukubara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«Y軸 広島県 | Main | Z軸 東広島市内»
次世紀ファーム研究所(下) / 2005年07月24日(日)
今回の事件で最も深刻なのは、

@母親が、この医学的事実を正面から受け止め理解することができていなかった事。医者は素人にも解るように噛み砕いて説明したと推測できる。母親は、娘の生死に関わる事実が、どうして頭に入らなかったのだろうか。また、その時、父親は、全く無関心に傍観していたのか。

A悪徳商法といえども、糖尿病に対する自社製品の薬効を標榜する商人が、小児糖尿病に関する知識を持っていなかった。薬事法違反うんぬん以前の勉強不足と言わざるを得ない。そこにこそ悪徳商人の悪徳商人たる本質を追求すべきではないのか。

B報道する側の姿勢もおかしい。「重い小児性の糖尿病」という表現は誤解を招く。「軽い小児性の糖尿病」ならインスリン療法は不要とでもいうのか。実は幼少期に通常の糖尿病を発症する可能性は皆無ではないが、「小児性の糖尿病」をわずらっている場合、99%は、通常の糖尿病とは異なる「小児糖尿病」である。その病状に重いも軽いもなく、その病気であれば、インスリン療法が不可欠である。またインスリン療法が行われていれば、血糖コントロール状態の良い、悪いはあるが、合併症の発病や急性の低血糖状態を除いて、普通の生活が可能であり、「重い」という表現には当たらない。

上記のどの側面を見ても、明らかなことは、「小児糖尿病」という難病(かつ奇病)が存在し、通常の糖尿病とは性質も治療法も異なるという事実が、社会全般に知られていない事に問題があるのである。もし社会的に認知されていれば、今回の事件は起こり得なかったのである。

もう少し掘り下げると、知られていないなりに折りに触れ啓蒙されるべきなのに、一見わかったような病名であるため、誤解されやすい事、これも不幸の遠因となっており、小児糖尿病に関する病名自体、見直しが必要ではないか。





 
Posted at 09:04 / 小児糖尿病 / この記事のURL
コメント(0)
次世紀ファーム研究所(中) / 2005年07月24日(日)
20世紀の初めごろまでは不治の病だったが、インスリンの発見により、人工的にインスリンを体内に取り込むことによって、通常通り生活することが可能になった。

但し、インスリンは水に溶けやすいため、飲み薬などでは取れず、いまだにインスリン注射による治療しかない。しかも、食事のタイミングや血糖値の状態をみながら注射のタイミング・インスリンの量を調節しないといけない。

インスリンには、即効性・遅効性などいろいろ種類があり、自己注射である。医者のアドバイスに加え、自分でうまく工夫しないと、血糖コントロール不良で合併症を招くこともあるし、異常な低血糖状態に陥り、意識不明になることもある。

他にも知られていないことは多々あるが、大切なことは、この病気に対してインスリン治療は、生存のため、絶対不可欠なものであり、それを否定する民間療法は成立し得ない、という事実である。


 
Posted at 09:02 / 小児糖尿病 / この記事のURL
コメント(0)
次世紀ファーム研究所(上) / 2005年07月24日(日)
7/18、岐阜県「次世紀ファーム研究所」(堀洋八郎代表)に滞在していた神奈川県の女子中学生が死亡する事件が起こった。

その後、「次世紀ファーム研究所」を巡っては、ワイドショーでも一週間で最も時間をさいて報道された。が、それは、もっぱら堀代表の悪徳商人としての実態を暴露することを目指すものであって、少女が死に至ったという事実に対する掘り下げは不十分、というか、全く考慮が及んでいないに等しい。

その顕著な表われは、少女の病状を「重い小児性の糖尿病」という一言で片付けてしまっている点である。皆さんは、その表現を正しく理解できるだろうか。そもそも「小児性の糖尿病」とは、普通の糖尿病とどう違うのか。「重い」と「軽い」で何がどう違うのか。

まず「小児性の糖尿病」だが、英語では「インスリン依存型高血糖症(略称・IDDM)」といい、日本では医学的には「T型糖尿病」、通称として「小児糖尿病」という場合もある。一旦、ここから「小児糖尿病」で統一するが、病名は名称でしかなく、大切なことは、通常の糖尿病とは異なる病気であるという点である。

小児糖尿病は、体内の膵島という組織からインスリンが(全く、もしくは微量しか)分泌されなくなる病気であり、発生原因は正確には解明されていない。現在、日本では1万人に1人の割合で患者が存在するとされ、近年増加傾向が見られるそうなので、計算上、患者数は1万5人強かと推定される。

発症は男性より女性に多く、年齢的には幼少期に発症することが多い。もっとも集中するのは11才前後である。

事件は12才の少女に起こった。確認が必要だが、発症後わずかな期間しか経過していなかったと思われる。

人体と言うものは、インスリンがないと、血液中の糖分を細胞に取り込むことができないため、放置しておくと、人体は、エネルギー源を食事ではなく、体の脂肪分を燃焼することによって補うしかなくなり、極端にやせ細る。やがて、脂肪も燃焼しつくすと栄養不足で死亡するしかない。また、糖分を摂取できないにもかかわらず食事を取り続けると、無制限に血糖値が上がる。その異常な高血糖状態そのものも、発熱など人体に悪影響を及ぼすため、死期がより早まることにつながる。


 
Posted at 09:01 / 小児糖尿病 / この記事のURL
コメント(0)

 
Powered by yaplog!