メルちゃん三国志:第六話 赤壁の戦い

October 11 [Thu], 2018, 20:31



208年

曹操軍


vs

劉備・孫権連合軍



中原をかけた「赤壁(せきへき)の戦い」開戦







曹操軍は烏林(うりん:荊州の地名)に堅陣(けんじん)を敷いた

得意な馬を使えるよう船同士をつないでいた


この作戦は火攻めにあったときに
一気に燃え広がる危険があるが
季節風の向きから考えて
火攻めを受ける事はないと読んでの事だった

だが、火攻めのできる東南の風が
この季節でも時折吹くことを孫権軍は知っていた

しかし…


それを聞いた孫堅(そんけん:孫権の父)時代からの古参の将・黄蓋(こうがい)は捨て身の作戦を申し出た


「苦肉の策(くにくのさく)」である







そして東南の風が吹いたとき、戦局は動いた

曹操の大船団は東南の風にあおられた炎により、瞬く間に燃え尽きた


黄蓋を先鋒とした孫権軍は
一気に陸上の曹操軍陣営まで攻め上がり






一晩にして曹操軍を壊滅させた


孫権・劉備の連合軍が勝利を収めた


つづく

メルちゃん三国志:第五話 同盟

October 08 [Mon], 2018, 14:40



徐州(じょしゅう)脱出より姿を消していた劉備
実は袁紹軍として官渡の戦いに参加していた

袁紹軍の敗戦後は
中原(ちゅうげん:中国の真ん中辺)荊州(けいしゅう)に逃げ落ち
客将として安穏と暮らしていた






軍師として諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)を迎えたのもこの頃だ





荊州牧(けいしゅうぼく:荊州の長官)・劉表(りゅうひょう)は死期がせまると後を劉備に託した

だが、曹操の中原侵略が始めると
元・劉表の配下は劉備に相談せずに降伏してしまう

もはや荊州に劉備の味方はいない






逃げる劉備への曹操の急追は激しかった




張飛ら武将の活躍により何とか虎口を脱した



逃げ落ちた長坂(ちょうはん:呉の地名)で呉の魯粛(ろしゅく:呉の孫権の参謀)に迎え取られ、呉との同盟を提案される

落ち着く土地もなく、多くの荊州の民を連れた劉備にとって願ってもないことだった




諸葛亮は一人で魯粛に同行し、開戦の説得に向かう



劉備軍との同盟=曹操との戦争
を意味する

開戦派と反対派の激しい舌戦が繰り広げられた





故・孫堅(そんけん)の子・孫権(そんけん)は諸葛亮の説得に大いに心を揺さぶられたが

最終的に大都督(だいととく:軍事指揮官)・周瑜(しゅうゆ)の戦略を信じ、ついに曹操との戦争を決意する





つづく

メルちゃん三国志:第四話 官渡(かんと)の戦い

October 07 [Sun], 2018, 21:17


曹操(そうそう)のもとにいた劉備(りゅうび)に、帝より曹操暗殺の密命が下った

漢王朝復興を目標にしてきた劉備は
曹操に対抗すべく
兵を率いて徐州(じょしゅう)を取り戻した



それを放っておく曹操ではない
すぐさま徐州を攻め、劉備・張飛(ちょうひ)を敗走させた

関羽(かんう)は劉備の妻子を守るため逃げ遅れ、曹操に下ることになった


劉備ら三兄弟はバラバラになってしまった・・・





199年
華北(かほく:中国の北半分)をかけた戦いが始まる




袁紹vs曹操「官渡の戦い」


曹操の元に身を寄せていた関羽の活躍もあり
「孫子(そんし:中国の有名な兵法家)」に詳しい曹操の戦法に
白馬(はくば:官渡周辺の地名)で袁紹軍は勇将を失い敗退した…


が、その後は一進一退の攻防となり







兵数や国力で劣る曹操軍は
不利な状態での長期戦を強いられ
兵糧は尽きかけていた



だが、袁紹の参謀・許攸(きょゆう)が
袁紹を見限り曹操に投降したことで
戦局は大きく動いた


許攸は袁紹軍の兵糧貯蔵地が烏巣(うそう:官渡周辺の地名)であると進言

許攸が嘘をついているかも、という配下の心配をよそに、曹操は自ら夜襲を仕掛けた


兵糧を焼かれたことを知った袁紹軍の将たちは混乱し、次々と降伏
袁紹は失意の中、吐血し落命した





官渡の戦いは曹操の勝利という形で幕を閉じた
こうして曹操は華北一の勢力となった


つづく

メルちゃん三国志:第三話 徐州(じょしゅう)攻略

September 30 [Sun], 2018, 22:36


連合軍解散後、
諸侯はそれぞれの土地で勢力を伸ばし始めた

劉備(りゅうび)は病死した徐州牧(じょしゅうぼく:徐州の長官)の後任として
ついに一城の主となった


董卓(とうたく)はと言うと
配下であり、義理の息子である呂布(りょふ)の裏切りにより
誅殺(ちゅうさつ)された

呂布は親殺し・裏切り者のレッテルを背負うこととなり
各地を転々とした後、劉備のもとに身をよせてきた


ところが呂布配下の陳宮の計略により
逆に劉備は徐州を追われる事となった

劉備は帝を抱き込み勢力を伸ばす
曹操のもとへ走った




198年、曹操は呂布討伐を決意した

曹操軍の武将・夏侯惇(かこうとん)は
左目を負傷しながら善戦したものの
陳宮の知略により、なかなか攻めきれずにいた



だが曹操軍にも知謀の士はいた

自然の河を使って大規模な水攻めを行ったのである


この大胆な作戦により呂布の居城・下丕(かひ)を水没させ
ついに曹操は呂布に勝利をおさめ徐州を手に入れたのでる


つづく

メルちゃん三国志:第二話 反董卓(はん・とうたく)連合

September 29 [Sat], 2018, 21:15


政治腐敗は続いていた

暗愚な幼帝をかつぐ外戚


前皇帝に寵愛され
むやみに権力を持つようになった宦官(かんがん)


宮中の権力を争う
宦官vs外戚の戦いが
漢王朝をますますきな臭くした


そんな中、
外戚たちは武力で宦官を一掃しようと
涼州(せいしゅう)から
董卓(とうたく)を召喚した

だが逆に董卓は思うままに
中央権力を牛耳った

董卓の凄まじい暴虐ぶりは都を荒廃させた


このままでは世の混乱はひどくなるばかり

曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)は反乱を企てた


こうして再び
三国時代の軸となる人物たちが顔を揃えた


諸侯の活躍により連合軍は
虎牢関(ころうかん)、水関(しすいかん)と勝利をおさめた






だが
献帝(けんてい)を連れた董卓が
長安(ちょうあん)に逃げ込んだのを
追撃できずに終わった

つづく
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:フジリス
  • 血液型:O型
  • 職業:その他
  • 趣味:
    ・ハンドメイド
読者になる
色々なものを独学で作ってます
高校生の時以来、久しぶりに漫画も描いてます
最近妖怪にはまっております
たまにminneでオリジナルの妖怪ぬいぐるみを販売したりしてます
2018年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/fujirisu/index1_0.rdf