りゅうきゅう

February 15 [Fri], 2008, 20:30
 りゅうきゅう、沖縄のことではありません。大分では、お刺身にネギやごまをあわせたものを「りゅうきゅう」って言うんですね。
 別府の夜、ようやく食べることのできた「りゅうきゅう」は、カンパチのお刺身に、ネギとごま、そして柚子胡椒があわせてありました。奥にあるのは、関アジのたたき。たたきと「りゅうきゅう」、何が違うの?たたきは刻んだ刺身とネギなど薬味を混ぜて醤油で味がついてますけど、「りゅうきゅう」はあくまでもお刺身というところなのでしょうか。難しいことはよく分らないのですが、別府の夜を楽しんだ「チョロ松」では、新鮮なサッポロ・生ビールと地酒が実においしく、そんな難しいことどうでもよくて、おいしい「りゅうきゅう」を楽しんだのでした。
 別府では、ホテルにトゥインゴを乗り付けると、ホテルの方が駐車場に停めてくれました。イージーのトゥインゴに乗っていた時は、誰かがステアリングを握るときには、イージーの仕組みをいちいち説明していたものですが(それが楽しかったりしましたが)、ただのマニュアルのそらまめ号の場合、そんな説明も不要と、ホテルの方に何か言おうと思いながら気がついたのでした。
 それはともかく、深酔いする前に訪れたのは街中にある竹瓦温泉。小さな町なのに、新旧さまざまな温泉がたくさんあって、次はどこに行こうか、と楽しみに尽きない別府温泉なのでした。 ちなみに、中はこんな感じ。脱衣場は入り口と同じフロア、つまり地上階なのですが、お風呂は半地下になっていて、実に良い雰囲気。お湯加減はちょうど良く、ぼーっと長湯をしてしまいました。 チョロ松に向かう商店街には、大きな鼻が。これまた、山車なそうでして。長崎のくんちともまた、違うなあ。 こちらは、東峰村の500円のランチ。地元の素材中心に、地味なメニューですけどおばあちゃんの愛情こもった料理。たった2日の旅も、思い返すと良い旅でした。
  • URL:https://yaplog.jp/frogface/archive/441
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像雷諾
» 北京のくるまたち(ルノー編1) (2012年05月05日)
アイコン画像ファインPIA
» ラグナ、窓落ち!? (2011年01月15日)
アイコン画像mbt
» 雨の宮ヶ瀬関東TDM (2010年12月10日)
アイコン画像S.B.T
» 移転します (2009年04月15日)
アイコン画像そらまめ
» ケーブル選び楽し (2008年04月20日)
アイコン画像haya
» ケーブル選び楽し (2008年04月13日)
アイコン画像そらまめ
» 嵐の前に (2008年04月11日)
アイコン画像そらまめ
» 春色のトゥインゴに乗って (2008年04月11日)
アイコン画像haya
» 嵐の前に (2008年04月07日)
アイコン画像haya
» 春色のトゥインゴに乗って (2008年04月07日)