自律神経失調症とはどんな状態?

January 12 [Thu], 2012, 13:43
自律神経失調症は人交感神経と副交感神経のバランスがなんらかの理由で崩れた結果、現れる症状の総称。
その症状のあらわれかたにより「不定愁訴」と表現されることもあります。

定義的には「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」という考えが日本心身医学会で暫定的に決められているようです。

自律神経は血管、リンパ腺、内臓などで本人の意思や意識とは無関係に働いている神経系のこと。
呼吸や代謝、消化、循環など生命活動維持や調節を行い、絶えず活動している神経です。

人の交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にし、副交感神経はその逆の働きをします。
体は約12時間交代で二つの神経の優位が入れ替わるとされていますが、なんらかの理由で交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症の状態になると考えられます。

そして、自律神経中枢は脳の視床下部にあり、情緒、不安や怒り等の中枢とされる辺縁系と相互連絡しているために心の問題も関わっており、その人の生活の質が低下する結果となり得ます。

一般的な症状として身体的症状と精神的症状が現れます。
【身体症状】  めまい・不眠・倦怠感・冷や汗・体の震え・頻脈、めまい・耳鳴りが・吐き気・頭痛・過呼吸・生理不順など。
【精神的症状】 情緒不安定・不安感・パニック症・イライラ・抑うつ気分など。

  • URL:https://yaplog.jp/foot01m/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たけや
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
旭川市で自律神経の不調で苦しむ方のために中国足心道療術を駆使して闘う【心円整体・中国足心道治療院フット】
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる