テニアン旅行記3〜2007年のクリスマス〜

January 18 [Fri], 2008, 8:47
爆発した酸素ボンベや空砲が転がるジャングルを掻き分け進んでいくと、まずでてきたのは戦時中に掘られたトンネルでした

さらに道なき道を切り開き 急な斜面を滑り落ちるように下り こんな狭〜い隙間も通っちゃいます

旦那曰く、ラッソー台地には戦時中、野戦病院だった洞窟があったらしいと、うちのオーナーさんも言っていたそうですが、とにかくびっくりするほど多くの洞窟がありました残念ながら正確にはどの洞窟が野戦病院だったのかはわかりませんでした。。 ここは2階建てのようになった洞窟


2階部分から 左からスティシー・michiさん・コール先生


こちらは石を積んで作られた見張り台


この見張り台の先にも大きな洞窟がありました

古い靴底や『DAINIPPON BREWER』と書かれた瓶が写っています
この『DAINIPPON BREWER』と書かれた酒瓶は、飲み水を溜めておくのに使われていたそうで、洞窟やジャングルのいたるところで見かけました

それから、この洞窟には何に使ったのか、長いパイプがゴロゴロ…

牛の骨もーっ

コール先生曰く、この牛は近くの牧場で飼われていた牛が、戦後野良になってこの洞窟に迷い込み、出られなくなってしまったようで、戦時中に捕まえて食べたものではなさそうだとのこと 確かに奥には胴体の骨が綺麗に揃って残っていたし、ハイクの道中、当時牧場を仕切っていたのであろう朽ちたバラ線をあちこちで見かけました
たくさんの洞窟を見て周り、神社へと引き返す途中、先生が連れて行ってくれたところには、大きな大きなクレーンがありました

先生も日本軍のものか米軍の物かはわからないそう もう少し先には、日本軍のラジオタワーの残骸なんかもありました

ジャングルを抜けて神社へと辿り着いたときには、12時をまわっていました
8時にサンホセ村で集合してラッソー神社へやってきたので、約3時間半、ジャングルを歩き回っていたようです
神社に戻ってきたときの晴れ晴れとした達成感といったらもうっ(笑)
テニアンに住んでいても、何度テニアンを訪れても、こんな貴重な経験はなかなかできるものではありません。地形や土地をよく知っている人と一緒でなければ、絶対に来れるところではなく、今回のテニアン旅行は、このハイクに参加できて、本当に衝撃的で貴重な思い出になりました
コール先生には、心から感謝感謝です そして誘ってくれたmichiさん、ありがとうございました バナナもありがとう 生き返りました michiさんのHPから拝借したジャングルで3人並んでバナナを食べるの図


こちらも必見
ほぼ毎週参加しているmichiさんのHPPAPA COCONUTS TINIAN
コール先生のブログHikes on Tinian

テニアン旅行記2〜2007年のクリスマス〜

January 17 [Thu], 2008, 13:08
テニアン6日目の土曜日は、michiさんからお誘いをいただき、北マリアナ大学で講師をしているコール先生のテニアンハイクに参加しました この日は旦那の兄夫婦が合流する日 みんなでサイパンにお出迎えに行って1泊してくるという予定だったため、間に合わなかったらいけないので、とっても行きたがっていた旦那は、私が道を覚えてきて後日案内するという約束で、しぶしぶ母上様とお留守番することに… しかしこの約束は守られませんでしたとさ、残念。。 だって2度と行けないような道なき道なんだものーっ
コール先生は遺跡や洞窟などの調査に加わって何度もテニアンのジャングルに入っていて、洞窟の場所や落ちている戦時中の物のこと、生えている植物の名前から毒の有無まで、本当にいろんなことを知っています そんなコール先生でもGPSの機械を使って、目的地と自分のいる位置をちょくちょく確認しつつ慎重に進むのです 一度行っただけの私が(しかも方向音痴なのに…)覚えて案内するなんて、できるわけなかったのでした

この日はラッソー台地のハイク コール先生のピックアップトラックに乗ってラッソー神社を目指します どうやら長い事ブッシュを刈っていなかったようで、辺りは草が鬱そうと生い茂っていました
コール先生のブログからお写真拝借しちゃいました 左からスティシー、私、michiさん、今回の参加者はこの3人+コール先生です

まずは神社の祠の横から、レーダーの台だった所へ登っていくと、素晴らしい景色が一望できるのですが…とにかく草ボウボウでよくわかりません
この写真は、60周年式典をやった時の写真

左手奥に見えるレーダーの台…近づいてみると、しっかりした石積みの台が綺麗に残っています

右のなだらかな傾斜の所から登ってみると、サイパンが一望できます

ここからは今回の写真 ジャングルツアーはこれからです 続く…


こちらも必見
ほぼ毎週参加しているmichiさんのHPPAPA COCONUTS TINIAN
コール先生のブログHikes on Tinian

テニアン旅行記1〜2007年のクリスマス〜

January 15 [Tue], 2008, 11:16
テニアンからアップした時にも書きましたが、テニアン初日は休む間もなくの大掃除にとりかかりました
常夏のテニアン こもった熱気と湿気で、長期間家を締め切っていると、なんでもすぐにカビてしまうし、木の家具は膨張して引き出しは開かなくなるし、部屋の扉は閉まらなくなってしまいます 換気をしようにも網戸はホコリまみれだし、水道の水は茶色いし、ついでにゲッコーのも満載 なのでいつも、まずは旦那が外からホースで網戸に水をかけ、水圧でホコリや汚れを落とします これでタンクに溜まっていた古い水は全て出し切るので、水道の水も使えるようになります その間に、私は家の中の大掃除をして、なんとか生活できる状態まで達した時には日が暮れて、みんなグッタリ…
出かける元気もないけれど、をレンタルしなかったので、水も夕飯も注文できません まずはminako'sでディナーをテイクアウトでオーダーして、その隙にTinian Ice&Waterにお水を買いに行って、テニアンに来るとどうしても飲みたくなるペプシやピニャコラーダ、おつまみetc…お買い物をして、を受け取って帰宅しました
夕飯を食べてちょっと元気が復活したところで、今回初めて設置してみたハンモックに横になってみたらこれが快適

風通しがよいので、日陰になる昼過ぎからはとっても涼しく、お昼寝に最適 この奥にある洗濯ルームでお洗濯や乾燥機をかけている時は、待っている間によくハンモックに横になって、音楽を聞いたり、ゲームをしたり、居眠りしたりして過ごしました それから我が家の変化といえば、うちの庭の木がメチャンコ成長していたこと

私が初めてテニアンで台風を経験した時、窓枠から浸水してきた雨水を拭いていたら、この木の枝が折れて、バサッと窓に向かって倒れてきて、あと30cmくらいで窓ガラスが割れるとこだったということがありました その頃と比べると、倍以上の高さに成長していました それから庭のココナッツ

いつかここにハンモックを吊るそうと考えて植えられたという2本のココナッツ…でもなかなか背が高くならない。。 そんなココナッツが初めて実をつけていました 実は採りやすくていいかも… それから新顔『すず』

ママちゃんの子でしょう…どっからどうみてもそっくりです 最初は見慣れない住人達に、興味がありつつも警戒して近寄ってこなかったのですが、最後にはすっかり仲良しに 首に鈴が付いていて、毎朝チリンチリンと鈴を鳴らしてやってきます だからうちでは『すず(♂)』と命名 単純明快 ちゃんと飼い主さんに大事にしてもらって、幸せに育ってもらいたいと願います

テニアンの青い海と心地よい風と澄んだ空気は、いつ来ても変わりません

BLUE MAN

January 05 [Sat], 2008, 23:12

本日、旦那と明治神宮へ初詣に行ってきました 5日ですが、まだまだ人は盛りだくさん いっぱいお願いすることがあるので、大盤振る舞いして¥500ずつお賽銭を入れてきました(←いつも¥5) あれもこれもそれもどうかよろしくお願いします…

それから新宿へ出て、遅ればせながらクリスマスプレゼントを買ってもらっちゃいました それは後日おうちに届いたらアップしましょ

さてさて今日のメインイベントはBLUE MAN GROUPのSHOW
チケットは旦那のお兄さん夫婦からプレゼントしていただきましたthankyou
BLUE MANの公演のためだけに六本木に作られた世界初の専用劇場、インボイス劇場へと向かいます
劇場前のイルミネーションと夕焼けがとっても綺麗でした

BLUE MANは様々なテクノロジーを駆使し『MUSIC×ART×COMEDY』が融合したエンターテイメント 観客参加型のこのSHOWは、観客みんながBLUE MAN達と一緒に舞台を作り上げている一体感があり、また観客同士にもなんだか不思議と一体感が湧き上がってきて、とっても楽しいSHOWでした 人の心理をついた絶妙な笑い、色彩と光の美しさ、BLUE MAN自身の技術の高さはもちろん、マジックショーを見ているかのような驚きのテクノロジーの数々…次は何が起こるかと、一時たりとも目を離せない素晴らしいSHOWでした


BLUE MAN激写(真ん中の人?)一緒に記念撮影(右か左の人
BLUE MAN一見の価値あり また見たいです

BLUE MAN GROUPのHP、是非ご覧あれ
http://blueman.jp/index.html

謹賀新年☆

January 03 [Thu], 2008, 16:20

遅ればせながら、あけましておめでとうございます
毎年毎年ですが、昨年も本当にいろんなことがありました
今年はどんな1年になるのかな…
今年も旦那諸共、フレームツリー☆をどうぞよろしくお願いします
皆様にとってHappyがいっぱいの1年になりますように
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フレームツリー☆
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる