友情の花

March 28 [Sun], 2010, 20:16






根田ちゃん、お久しぶり!!

お返事が遅くなっちゃってごめんね!^^;

友情って、大事だよね!

僕にとっても、人生で一番の宝物だよ!

メロスを学んでいるなんて、素晴らしいね!!

僕は、どんな人間関係でも、一番深いところでは、

誰もがメロスのような想いを望んでいると思うんだ。


お互いが信じ合えること。

その人のためなら、どんな困難も乗り越えられる!

そんな強さを、望んでいる。


家族の絆だって、友達だって、

先輩、後輩だって、同じ職場の人とだって、

きっと、本当は、うわべだけの付き合いじゃなく、

心から、信頼しあい、助け合いたい。

誰もが、そう願っているんじゃないかな。

だから、メロスを学ぶことは、

人間の、深い深い、心の奥にある、本当の願いを学ぶこと。

人を愛し、その想いを貫くことの素晴らしさを知ることだと、

僕は思うんだ。


根田ちゃんも、今、友情で悩んでいるんだね!

それは素晴らしいことだよ!

多くの人たちが、かかわり合いになることをさけているような、

淋しくて、つめたい世界にあって、

人との絆を大切に思って、そのことで悩んでいるってことが尊い!


それに、僕にこうして話してくれてありがとう!

悩みだって、一人で抱え込まない方がいいもの。



僕はね、根田ちゃんはすごいと思うよ!

友達と仲直りしたくて、勇気を出して手紙を渡せたんだもの!

そのことが、もう、勝利だよ!


僕もね、いろいろあって、

友達と口もきけなくなっちゃったことがあってね、

そうこうしているうちに、卒業・・・。

何もできないまま終わっちゃったんだ。

それは、すごく辛かった。すごく後悔した。

あのとき、どうして声をかけられなかったんだろうって。


だから、根田ちゃんはすごいんだよ!

相手の反応がどうであれ、ちゃんと前に進めた。


いいんだよ、どんなに遅かったように思えても、

何もしなかったら、想いも、何も届かない。

根田ちゃんの想いは、ちゃんと届いているよ!


メロスが、走り続けて、友達のもとへたどり着けたように、

根田ちゃんの心だって、

ちゃんと、友達のところに、たどり着けたんだよ!

きっと、それが種となって、その子の心に残るから。


その子の心が、暖かな日差しに包まれたとき、

きっと芽を出して、花を咲かせるよ!


だから、根田ちゃんは、太陽でいてね!!

二人の間に、春が来るように。


真心の種が、花を咲かせていけるように。


僕も、祈っているよ!


コメントありがとう!!

長い記事を読んでくれてありがとう!!^^



96

雪柳

March 13 [Sat], 2010, 23:58
『光』が噴き上がっていた。

『命』が噴き上がっていた。

『咲きほとばしる』と言うべきか、

抑えても抑えても、

抑えきれない春のエネルギーが、

真っ白な「光の噴水」となって、

勢いよく湧き出していた。


あれは1983年(昭和58年)の4月5日。

私は中部の高校生・中学生の代表と語り合った。




正義の証明

March 13 [Sat], 2010, 23:30
こんばんは!96です!

友情と恋愛。

そんなテーマで書こうと思ったんですが、

メロスには合わなかったかな。

美しい友情は、恋愛に勝る。

それを伝えたかったのだけれど・・・。


走れメロス。

メロスは、悪い王に立ち向かったことで、

死刑を宣告されるが、

妹に結婚式をあげさせるため、三日間の猶予をもらい、

その間、親友に身代わりになって待っていてもらう。

自分が戻らなければ、友は死ぬ。

戻れば、自分が殺される。

それでも、メロスは走った。

友のため、正義のため、走り続けた。


正しい人は、正しさゆえに、人からねたまれる。

悪いことをしたい人にとっては、目ざわりとなり、

いじめられる。悪口を言われる。ウソのうわさを流される。

それでも、正しい人からは、

誰も、何一つ奪えはしない。

勇気も、正義の炎も、さらに勢いを増すばかりだ。


メロスも、自分が走り、正義の為に死ぬことを。

信じてくれた友の命を救えることを、

心から誇りに思っていた。

いじめられていることさえも、誇りに変えていく。

そんな強さが、正義の人にはある。


悪に迫害されるのが、正義である証明となるからだ。

過去の偉人たちは皆、そうであった。

いじめられてきた人たちほど、偉くなった。



さて、雪柳の歌を紹介しましたが、

この歌の元となった詩を、紹介したいと思います!!

この詩を書いた方は、僕の恩師で、

世界で唯一、

桂冠詩人

世界桂冠詩人

世界民衆詩人

という、三つの称号を受けている方です。


でも、それにも関わらず、

僕の恩師を、ねたみ、目ざわりに思って、

いじめ、悪口を言い、ウソのうわさを流した悪人がいたことによって、

日本人の多くは、日本にいる、この素晴らしい大詩人ことを知らないし、

話しても、その偉大さを受け入れられずにいます。


ノーベル平和賞を受けるよりも、ずっとすごいことなんですよ。本当は。


だからこそ、僕は、一人ひとりに伝えていきたいと思っています。


そして、一番に伝わるのが、

恩師の詩を読んでいただくことだと思いました。

なので、次の記事で、紹介したいと思います。

長くなるので、少しずつ。

よかったら、読んでみてもらえると嬉しいです。



96

君の心が好きな歌

March 10 [Wed], 2010, 12:21


君の心が好きな歌
今届けたい 想いのまま

人は 友だちって
恋人未満と言うけれど
そんな言葉は好きじゃないよ

友の為に走り抜けた
メロスの信念をこえた
愛がどこにあるのだろう
あの恋人たちの中に

僕はただ 君の為に
傷ついた君のために
僕もまた 傷ついたこの心で
走り続けているよ

疲れ果てて眠る前に
最後の力を振り絞るようにして


もう前へ進めなくなりそうなとき
立ち上がる勇気もくじけそうなとき
君の笑顔を思い出すんだ

友の待つ この場所へ
念(おも)いはまた 走り出す



君のことが好きだから
今届けたい 僕のまま

人は いつしか
友だち以上を望むことで
友情と愛とを切り離している

友を信じ 待ち続けた
セリヌンティウスほどの
信じ合う心が 胸に育つ前に

僕はいま 君のことを
打ちひしがれた 君を
他の誰が疑ったとしても
信じ続けているよ

君の太陽の輝きは
どんなときも消えたりはしないから

雨雲に隠れてしまったとしても
暗闇を夜が連れて来ても
君の未来は消えない

雨はきっと止み
輝く朝(あした)がやってくる


君に感謝しているよ
今伝えたい ありのまま

僕が走り続けるのは
君を信じ抜けるのは
決して 強いからじゃないよ

心が諦めに染まる前に
君を疑ってしまうよりも先に

体が動いてしまう
想いが君を抱きしめるんだ

そしてまた一歩踏み出せるのは

君のおかげ

君がいるから
僕は強くなれる

君のおかげで生まれた
歌を 贈れるんだ
君の為に


君の心が好きな歌 
今届けたい 想いのまま

雪が降ると思い出す

March 10 [Wed], 2010, 11:52


こんにちは^^

昨日は大雪で、朝になったら、すごい積もっていてビックリしました!

(猫もビックリ!笑)

雪国の方から見たら、

「雪、少なっ!」って量ですが^^;

普段降らないところなので、

今年は雪が多いなぁって感じてしまいます。


雪が降ると、思い出す詩があります。

僕が、この96’sノートに最初に載せた詩。

散らない桜という詩です。


この詩は、大好きな恩師の詩を読み、

Microさんの「 Yukiyanagi 雪柳〜We’re watching you〜」という歌を聴きながら書いたんですよ。

この曲は、歌詞も、とても励まされるので、ちょっと紹介しますね!


ガンバらなくてもいいんだよ

ありのままの君でいるなら

冬と春つなぐユキヤナギ

まわりを照らしていた


いつもの癖のように

また落ち込んでいた

どうすることも出来ないと

無力感に打ちひしがれた


生きる意味なんて

くだらないって決めつけた

そんな僕をあきらめずに

励まし続けてくれた人がいた


冬に枯れ散るこの木にも

必ずあの季節に花は咲くのさ

悩みこそ君を育てる

何よりも大切なもの



ねっ?

なんか、僕と同じにおいを感じません?笑

曲と一緒に聴くと、また違った良さがありますよ。

よかったら、聴いてみてくださいね♪


以下、リンクです☆


歌詞全文

Yukiyanagi 動画

僕らは涙を歌いながら

March 06 [Sat], 2010, 19:03



涙が出そうなときには 歌をうたえばいい

誰かが教えてくれた

止まるわけじゃないけど

涙がうたい出すから


歌には きっと希望があって

悲しみの歌も 失望の歌も 痛みも すべて

受け入れて 抱きしめて

そこから歩いていくために

何かを与えるためにあるばかりじゃなくて

きっと自分を手に入れるためにあるのだろう


正しさも 誤りも 全部歌になって

世界を変えるとしたら 心配にもなるけど

そこに人間があるなら 人の心があるから

また前へゆける 溢れだす未来がきっと


心は安らかに 泣いてばかりいるの

だって僕ら

生まれてくるとき 泣いていたでしょう

人を愛する為にも

自分を愛する為にも

僕らは涙を歌いながら 泣きながら笑えばいい


ほら 誰かが 波のように 今も生きている

寄せては返す 想いの中で 歌をうたいながら


涙が出そうなときには歌をうたえばいい

誰かが教えてくれた

止まるわけじゃないけど

涙がうたい出すから

励ましの天才

March 04 [Thu], 2010, 21:09


どうでしょうか。

こういう詩を公開するのは、ちょっと不安だったりもします。


詩って、自分の心をあらわすものですが、

自分の過去の苦しかったことを話すのは、ちょっとこわいですね。

それでも、悩んでいる人が、

「自分と同じように苦しんでいた人がいる」と知って、

少しでも孤独から抜け出せるなら、

そう思って、勇気を出して書いてみました。


今までの僕のブログからは、

とってもポジティブな、前向きな96が思い浮かぶかもしれません。

だけど、僕だって人間。

悩みに押しつぶされてしまったこともあります。

でも、だからこそ書けることがあるって、今は知っているから、

ありのままの自分で、メッセージを送り続けていきたいと思っています。


先日、ラジオに相談してくれていたSPOTくんですが、

彼が、苦しい思いを、ありのまま、勇気を出して話してくれたことで、

逆に勇気づけられたという人がいました。


また、たくさんのメッセージを受けて、

「ありがたいです」「励みになります」

と言って、彼がもう一度、生きてみようと決意してくれたことで、

どこかで苦しんでいた人も、

「俺も」「私も生きてみよう」

そう思ってくれたかもしれません。


傷ついて、苦しんで、自分ではどうしようもないと思ってしまっている人でさえ、

本当は、生きているだけで、誰かの力になっている。

誰かに喜びをあげているんだってこと。

それが、いのちの尊さであり、素晴らしさなんだと僕は思うんです。


この世界に生まれてきた人は、誰であれ、使命のない人はいない。

あなたには、あなたにしかできないことが必ずあるんです。


僕は、そう伝えたい。

そして、僕は思うんです。

誰でも、励ましの天才なんだ。


たとえば、天才的なランナーが、足を怪我してしまえば、

彼はもう価値のない人間なのか。

僕は違うと思います。

彼は、とても苦しみ、走ることも、普通に生活することもできないかもしれない。

それでも、彼がもう一度、自分のできることに挑戦していこうと、

遅くても、格好悪くても、もういちど歩き始めた時、

心に傷があっても、勇気を出して生き抜く姿に、

きっと多くの人が、励まされるのではないでしょうか。


努力を重ねて、日々、自分と戦って、世界一の記録を打ち立てるランナーがいます。

きっと、彼の姿に励まされる人はたくさんいるでしょう。

でも、人知れず、明るい表舞台に出ることがなかった、無名のランナーでさえ、

傷ついても、走り続ける彼らの姿が人々に与えている勇気は計り知れません。


僕はどちらも、天才だと思います。

かけがえのない、励ましの天才。


そして、世界中の誰もが、自分の人生を精一杯生きることで、

必ず、その励ましの才能を発揮できるのだと信じています。

一生懸命な人は、ただそれだけで輝いていますよね!


僕自身、いろいろなことがありましたが、

「こんな僕でも、生きていれば、誰かを勇気づけてあげられるんだ」って、

「だから、“自分なんて”なんて言うのはもうやめよう」

今では、そう思います。

すべてはちゃんと意味がある。

全部花に変えていくんだ!

そういう思いで生きています。


また、機会があったら、自分の過去についても、話してみたいと思います。


長い記事でしたが、読んでくれてありがとうございました^^



96

あなたなら生きられるよ

March 04 [Thu], 2010, 20:52



あなたのもとへ行きたいよ

誰よりも強く抱きしめたい

今 あなたに生きていてほしいから


あなたには名前があって

あなただけの名前があって

僕はたった一人

かけがえのない そんなあなたに

そっと呼びかけたい


あなたがいてくれてよかった

かけがえのない あなたが

あなたがいてくれて よかった

そして 苦しみを

教えてくれて 本当によかったと

今 心から思っている

あなたを死なせはしないよ


絶対に


あなたのために生まれてきた

あなたを励ますために

あなたが輝けるように

あなたの人生を歩めるように


僕は苦しんできた

何度死のうと思ったかわからない

生きる喜びも 悲しみさえも

僕の心から消えてしまうような

傷が 痛みがあったから


だけど あの日の苦しみは

みんな 今日のあなたのために

あなたを照らす この日のために

あったことを知った


あなたなら 生きられるよ

僕も生きられた

死なないことだけを目標に

生きていたときもあった


それさえも苦しくて

何度逃げ出そうと思ったかわからない


それでも今は

生きていてよかったと思っている


あなたに会えたから

あなたが苦しんでいる姿を見て


あの日の自分のように


助けたいと思えるから


あなたはあなたなんだよ

僕にとって大切な

かけがえのない人

たったひとつの命


あなたの名前を呼ばせてよ

死なないで 死なせないから

いつかきっと あなたのために

僕にできることがあるのなら

一緒にいよう 笑っていよう


もう死にたいなんて思えなくなるくらいに

楽しい未来をつくっていこう

僕がそばにいるから この想いを連れて行って


信じることはどうしたらできるのか

僕にもよくわからない

だけど あなたが幸せになれること

僕は知っている


だって僕だって

あの日の僕が信じられなかった 今を

こうして生きている

生きていてよかったと思えている


だから今はあなたに

生きていてほしい

生きていて どうか


あなたのために祈っている

あなたのことを信じているよ


他の誰がどんなに

あなたのことを疑おうと

あなたさえも自分を

信じられなくなろうとも


僕は信じてる

あなたを 信じている

疑いようもないくらい

僕は信じているよ


あなたに生きていてほしい

あなたに どうか

ともに満開の花を!

March 04 [Thu], 2010, 11:11


こんにちは!96です☆彡

昨日紹介したラジオ。

ホームページで、いつでも過去の相談が聴けるので、聴いてみてくださいね♪

聴いてくださった方は、ありがとうございます!



ちょっと先取りして、お話したいと思います。

携帯からなので、あまりたくさんは話せませんが、、


悩みを相談したSPOTくんに励ましのメールを送ってくれた人の中には、

彼と同じように苦しんだ、悩みの経験を持つ人がいました。

そのときは、苦しくて、辛くて、自分なんて生きていたってしょうがないんじゃないかとか、

消えてしまいたいと思っていた人が、

今、同じように苦しんでいる彼を励ましている。


それは、彼の気持ちがわかるからです。

たくさん傷ついて、悲しい想いをした人は、人の悲しみを感じてあげられる人になります。


深い悩みの中にいるとき、人は自分の価値を見失ってしまいがちです。

苦しみを越えられない自分を、ダメだと思ってしまったり、

自分を嫌いなところばかり、目についてしまう。

でも、本当は違うんですよ。

苦しんでいる人、悩んでいる人ほど、尊いんです。

その人は、自分の優しさを育てている人なんです。

心の奥の固まった土を貫くように、根を伸ばしているから、苦しいんです。

将来、大きな木となり、花を咲かせるための、

自分を育てているときだから、苦しいんです。


しかも、根っこは目に見えません。

誰にもわかってもらえない。

自分でさえも、成長しているなんて信じられない。

だけど、だからこそ、気づいてほしいんです。

苦しみは、優しさになる。

涙はぜんぶ、心の栄養になるんだってことを。


僕も、正直、苦しい思いをしてきました。

今だってそう、まだ目に見える成長は、ほとんどありません。

でも、根っこが伸びて、自分の心が大きく育っているのは感じています。

それが一番、幸せなことだと知っています。


桜の花も、冬の寒さがなければ、花芽を目覚めさせることはできません。

春になって、一斉に咲き誇るためには、必要な冬なんです。

今、辛くて苦しい冬の心の人は、

その瞬間、美しい桜の芽が春に向かって目覚め始めている人です。

大丈夫!

冬は必ず春となります!

季節の流れは、自然なもので、

桜の花も自然なもの。

人間だって、あなただって、自然とともに生きているんです。


必ず、春は来ます。

冬が来たなら、春はもう近くまで来ていますよ!


僕は、今悩んでいる人、苦しんでいる人が、

一緒に満開の花を咲かせていける日を、信じ、祈っています。



そんな人を想って、書いた詩があります。

とても重たい言葉も入れ、読む人によっては、抵抗があるかもしれません。


でも、少しでも力になれたら、真心が届けられたらと思うので、

更新することにしました。


帰宅したら、公開しますので、よかったら読んでみてもらえたら、ありがたいです。


長くなりましたが、読んでいただき、ありがとうございました!


96

何がしてあげられるのか。

March 03 [Wed], 2010, 23:00
今晩は。

96です!!

このブログのリンク集にも入っている、

「全国こども電話相談室 リアル!」

ときどき、気になる相談内容のときは、パソコンから、内容を後から聞いたりしています。


最近、こんな相談があったようです。

「不登校で辛い、死にたい、人に殺意すら抱き、精神的に限界」

中学一年生のSPOTくんという子の悩みです。

僕は放っておけなくて、励ましのメールを送りました。

すると、それ以上にたくさんのリスナーさんからのメッセージが届いていて、

僕のものは紹介されませんでしたが、

いっぱいの真心と愛情が、電話で彼に届けられました。

ラジオDJのレモンさんの言葉には、僕の伝えたかった想いがちゃんと入っていました。


だから、もし、同じように苦しんでいる人がいたら、聴かせてあげたいと思って、

また、紹介させてもらいました。

そしてもし、身近に苦しんでいる人がいたら、

その人を励ますために、勇気づけるために、

何をしてあげられるのか。

どうしたら、その人がまた笑えるようになるのか、

考えるきっかけにしてもらいたいなって思っています。


ぜひぜひ、聴いてみてください。

時間がなくて、番組の紹介しかできない自分が歯がゆいですが、

僕からも、皆さんに届けたいメッセージがたくさんあります。

少しずつ、伝えていきますので、気長に待っていていただけるとありがたいです。


読んでくれてありがとうございました!!


96でした☆彡
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:96
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1985年3月22日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-歌うように生きる♪
    ・ペット-猫とアヒル
    ・ガーデニング-ささやかですが、花や木を育てています♪
読者になる
育成ゲームならmeromeropark
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
最新コメント
アイコン画像礼奈
» 皆さんのおかげです\(^o^)/ (2014年02月28日)
アイコン画像ゆみ
» ステージとの距離。 (2012年11月27日)
アイコン画像96
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» 96の日 2012 (2012年09月14日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像tmm♪
» 96の日 2012 (2012年09月07日)
アイコン画像リョウコ*
» 96の日 2012 (2012年09月06日)
https://yaplog.jp/finger_1116/index1_0.rdf