素直になるために

February 28 [Sun], 2010, 0:44



涼子ちゃん、コメントありがとう!!

いやぁー、最近は詩を書くことに自信がなくなっていたから、
そういうふうに言ってもらえると、とても嬉しいよ。
ありがとう^^

僕はもともと、自分の思っていることとか、
願いとか、そういうのを胸の中に抱えて、
外に出さないうちに、いっぱいになって、
ごちゃごちゃになって、、、

いつの間にか、自分でもどうしたいのか。
何を思っているのか、わからなくなっちゃうことがあってね、

それで、最初は詩と呼べないような、思いついた言葉を、
ダーッって紙に書いただけだったんだ。

食べたい物の名前とかね(笑

アイス、コーヒー、チョコレート、納豆・・・、
みたいな!!

全然関係のないものまで、人の名前とか、
意味のない文字とか。。。絵も描いたね。

まめ、まえ、むめ、めも。☆、‘▽‘、あぁぁ・・・。

って感じに。

だから、上手に書こうっていうよりも、
ストレス解消!?
頭の中の整理整頓、デトックス☆
みたいなものかな。

そのうち、感情も一緒になって出てきて、
いやだー、とか、疲れた―、とか、
会いたい―、とか、もやもやするーとか、
何で?って思ったことも、書いてみたり。

そうすると、誰に会いたいんだろう、
何が嬉しくて、何が嫌なんだろう。
僕はどうしたいんだろうっていうのが、
自然と出てきたりして、


僕はこういうとき、嬉しくなるんだ。
何を見て、切なくなって、
どんなことをすると、楽しい気持ちになるんだ。

そういうのが、わかってくるというか、
気付いてくるんだよね。自分に。

それを、そのまま書いているだけなんだ。
だから、最初は人に見せるなんて、思わなかった。
だって、恥ずかしいじゃん。心を見せるなんて^^;

だけど、そんな中で気付いたことが、
僕が淋しいのは、人に心を開いてもらえなかったときだ。
って気づいて、
どうしたら、心って開けるのかなって思ったら、
誰かが、心を開いてくれたときに、自分も開いてるって思って、
じゃあ、恥ずかしいけど、まずは自分から、
僕の心を描いた詩を、他の人にも見せてみよう。
って、それが、詩を公開するようになった一つのきっかけかな。

そうしたら、涼子ちゃんのように、
僕の詩を受け入れてくれる人があらわれて、
気に入って、喜んでくれたりすると、
僕の心の淋しさも、すっと消えて、
嬉しさがこみ上げてくるんだ。

きっと、僕の言葉だって、
キレイごとっていう人は、いっぱいいると思う。
でも、いいんじゃないのかな。
心がそう思っていることを書いているだけだし。

初めはそう思っていたんだけど、
受け入れてくれる人が出てきてから、
僕自身も、思うだけじゃなくて、自分の理想を、
頭だけじゃなくて、心で受けとめられるようになってきたから、
理想を、現実にする力に変えられたから。

素直だから、書けるっていうよりも、
書くことが、自分を素直にしてくれているような気がするんだ。

ごめんね!長くなっちゃって、、

でも、これも、涼子ちゃんのおかげだよ。
涼子ちゃんがくれたコメントが、
僕の中のごちゃごちゃしたものを、
今、綺麗にして外に出させてくれているんだよ。

だから、すごく感謝しているよ。
僕も、もう一度、素直になるために書いていこうと思う。

これからも、詩も、ブログも、96のことも、
どうぞよろしくね!

コメント、本当にありがとう^^


96

遠くなる空に

February 21 [Sun], 2010, 21:29


消えないで どこまでも

遠くなる空に

あなたは何を想い 歌うのでしょう

会いたいよ 会えないね

今日も あいたい


あなたの笑顔に 本当の素顔に

そこから心に 何かが映るよ

あなたの瞳に 僕は何を映せるのだろう

あの空のように あなたの心に広がっていたいよ


僕の手はあなたの瞳を覆い隠すだけ

だけどあの空は

あなたのことを抱きしめながら

それでも美しい世界を

いつも見せてくれるでしょう


僕もそんなふうに

あなたの世界を広げながら

それでも僕を見つめてほしいと

いつでも願っているんだよ


僕しか見えないあなたなら

未来も あなた自身も

見失ってしまうでしょう


だから僕は 空のように

澄み渡っていたい

あなたの心に

心から幸せを祈っている期間

February 18 [Thu], 2010, 15:07


みなさんこんにちは!

96です♪

ブログも不定期の更新で、

コメントもなかなか返せなくてすみません。



でも、いただいたコメントは、

いつも感謝の気持ちいっぱいに読ませてもらっています。

ありがとう!!


コメントをいただいてから、お返事を書くまで、

忙しくて時間がないこともありますが、

みなさんの温かいコメントに、

精一杯の真心でこたえたいなって、

じっくり考えている期間でもあります。


だから、なかなかお返事がなかったり、

更新がなくても、

僕がみなさんのこと、忘れることは絶対にないですから^^

心配しないでくださいね♪


忘れてしまうどころか、さっき言ったように、

コメントをいただいてからは、

その方のことを、ずっと、

感謝の心で想っていますからね。


そのときは、96が、

心からあなたの幸せを祈っている、

そんな想いの中にいると思っていただけるとありがたいです^^


こんなこと言うと、こっ恥ずかしいですが・・・;

忘れていると思わせてしまっては、申し訳ないので、

お伝えさせていただきました。


これからも、僕なりに、

じっくり真心をこめながら、

96’sノートを綴っていきたいと思っていますので、

気長に、気楽に、お付き合いいただけたらと思います。


読んでくれて、ありがとうございました^^


96

期待は幸せの半分

February 18 [Thu], 2010, 15:01


まぃかちゃん、コメントありがとう!!

お久しぶり☆彡

うんうん、わかるよ!!

僕も、希望を捨てずに、ここまで歩いてきたけれど、

まいかちゃんのコメントを読んで、

また一つ、考えを深められた気がするよ。

ありがとう!


そうか、僕は希望を捨てていないだけなんだ。って、

僕は心のどこかで、希望って、

小さな星のようなものだと思っていたのかもしれない。

だけど、希望って、

信じた瞬間、疑いようのないものになるんじゃないかって。

今、思ったんだ。


1%の可能性でも、信じた人には、それがすべてになる。

それ以外の未来なんて、目に入らなくなる。

だから、がむしゃらに、真っすぐに突き進めるのかもしれない。


信じた通りの未来にならなくても、

たどり着くまでの日々は、

信じる想いが強ければ強いほど、

確信が深ければ深いほど、

希望と喜びにあふれた道になるんじゃないかな。


そんな人がいたら、きっと、誰が見ても輝いていると思う。

みんなが理想とする人なんだと、僕も思うよ。


その人は、思い通りにならなかったときのことなんて考えないから、

信じれば信じるほど、そのときは失望が大きいと思うけど、

失望をおそれずに、勇気を持って信じている。

その想いが、未来をひらく力になっていくんだろうね!


僕の好きな言葉に、赤毛のアンのこんなセリフがあるんだ。


*「マリラ、なにか楽しいことを待つときって、待つこと自体がすでに楽しいのよ。

 肝心のことが実現しないってこともあるかもしれないけど、

 待っているときの楽しみは誰にも奪われないわ。


 リンドのおばさんは

 『なにも期待しない人こそしあわせだ、なぜならがっかりすることがないから』

 っていうけど、あたしはそうは思わない。

 なにかにがっかりすることより、

 なんの期待もしないことの方が不幸だと思う」



いい言葉でしょ?

待っているだけじゃなくて、がむしゃらに努力することが、

可能性を大きく広げていくのは、もちろんなんだけど。


同じ努力するのでも、半分諦めながら、苦しく頑張るのと、

絶対に叶える!って、信じ切って、楽しく挑戦するのでは、

全然違ってしまうよね。


信じている今は、幸せの半分なんだって思うと、

失望なんて、こわくなくなる。


まいかちゃんやみんなにも、自分を信じて、

輝く未来に向かって、楽しく舞い上がってほしいな♪

そのときを信じて、

僕も、みんなの未来が少しでも明るくなるように、

希望を抱いて、世界へ羽ばたいていくからね!


素晴らしいコメント、どうもありがとう!!



96



*「赤毛のアン」モンゴメリ著/西田佳子訳(西村書店)より

希望の詩 希望の歌

February 14 [Sun], 2010, 19:05
かなーり・・・強い詩を書いてみました!

希望って、すごく大切だと思うんです。

社会が、くらーい絶望の闇に閉ざされようとしている、

そんな今だからこそ、強い希望が必要なんじゃないかと。


本当の希望って、

100%の可能性のうち、

20%が絶望で、80%が希望とかいう、

そんな中途半端なものじゃないと思うんですよね。


むしろ、深い闇さえも、寒い冬さえも、

幸福に変えてしまう力、光。

それが希望なのではないでしょうか。


闇が深いほど、夜明けは近い。

冬が来たりなば、春遠からじ。


これは、僕にとって大切な歌の言葉です。

このブログのテーマ、

『人はみな、悩みながら生きている 幸せになるために!』

というのも、この歌があったから、生まれたものです。


山本伸一作詩 アグネス・チャン作曲

『そこには幸せが もう生まれているから』


いつか、僕も自分の声で歌って、

皆さんに聴いてもらいたいなって思っています。


よかったら、聴いてみてくださいね♪

すべてを励みにする人は

February 14 [Sun], 2010, 18:59



すべてを励みにするならば、

苦しい時も、辛い時も、

心の中から「希望」という笑顔が消えることはない。


苦しければ苦しいほど、

辛ければ辛いだけ、

ぜんぶ、自分の力になっている、

君らしい、素晴らしい花を咲かせるために、

涙の雨も、悩みの重荷(おもに)も、

成長の糧(かて)にしていけるんだ!


泣いているからダメなのではない、

悩んでいるからダメなんてこと、絶対にないんだ!


泣きながらも、希望を抱きしめている。

悩みながらも、未来を信じ続けている人が、

どれほど幸せか!


信じる人には、勇気が生まれる。

悩みには、頭の中だけでは、打ち勝つことができない。

目の前の壁を、一つ一つ、

乗り越えていくことで、

大きな悩みの山さえも、登りきることができるんだ!


その原動力が、勇気。

希望を失わない人には、勇気が生まれる。

勇気は、行動となり、

行動は、自分自身を未来へと向かわせる。

それがたとえ小さな一歩であっても、

歩き出す人の心には、希望が生まれ、

さらに大きな悩みの山さえも、

悠々と登りきる力を生みだしていく。


苦しみに奪われるだけでは、

人は前へ進めない。

辛さに押しつぶされてしまえば、

人は立ち上がることができない。

だから、希望へと変えていくのだ。


体力を奪われても、

精神を押しつぶされても、

希望は奪われることがない。

未来を押しつぶされることはない!


なぜなら、希望の宝石は、

苦しみの中で磨かれ、

辛さの中で、輝きを増しているからだ!

それを知っている人は、強い。

信じ続けていられる人は、

決して負けることがない!


そして、必ず、未来には、

誰もがあっと驚くような、

素晴らしい人間になっているものだ。


自分でさえ、思いもしなかった、

栄光の人生を歩み抜けるのだ!


それが、歴史の中で、

輝き続けた偉人たちが教えてくれる、

永遠の希望のあり方なのだ。


だから君よ!

君を励ませ!

そしてすべてを励みにして、

希望の太陽を輝かせていくんだ!!


そのとき、君は、

君自身にとっても、

君のそばにいる人にとっても、

太陽となっているのだから!!

変わらない価値

February 12 [Fri], 2010, 17:26



こんばんは!根田ちゃん^^

コメントありがとう!!


そっかぁ・・・。

えらいね!

根田ちゃんは、他の人からの意見を、

いいことも、そうでないことも受け入れたんだね!

それはとっても勇気がいることだよ。


辛い思いも、きっとしたと思う、

だけど、それさえも成長の喜びに変えていった、

根田ちゃんの心は、広くて強いね!



それにね!

根田ちゃんと僕が、

ポニョっていう同じ映画を観ても、

感じ方が違うでしょ?


それと同じで、人間の印象だって、

人それぞれ違うんだよ。

根田ちゃんのことだって、

接する人によって、感じ方は違うんだ。


「悪いとこ」って、気にしすぎると、

悲しくなっちゃうことがあるでしょ?


でも、根田ちゃんのこと、

みんながみんな、そう感じるわけじゃないからね!

絶対に、「自分にはこういうところがあるからダメ」

だなんて、思っちゃいけないよ?


人って、鏡のようなものだから、

自分が誰かから感じることも、

自分を見て誰かが思うことも、

どっちか片方だけの姿じゃないことがあるんだ。


根田ちゃんのことを指摘した人だって、

知らず知らずに、自分のことを反省したり、

成長のきっかけになっていたりするんだよ。



人を励ますことだってそう、

誰かを励ました時、自分の心にも勇気が出てくる。


「励」って字は、万の力って書くでしょ?

それって、すごい大きなパワーだよ!

相手だけじゃなく、自分も、周りの人も、

みんな元気にしちゃうくらい!!


だから、人と向き合うとき、

誰かと、自分と向き合うとき、

肩ひじ張らずに、気楽にさ、

ぜんぶ励みに変えて、楽しんで、

朗らかに、笑顔になっていけるような、

根田ちゃんでいてほしいな^^


そうやって、全部包み込んで、力に変えちゃうような、

大きな、楽しい力を、根田ちゃんは持っているからさ!


ポニョがどんな姿をしてても、みーんなそうすけは大好きなように、

他の人からどう見えたとしても、

根田ちゃんの変わらない、素晴らしさって、ちゃんとあるんだから!


信じていてほしいな♪


長くなっちゃってごめんね!

読んでくれて、どうもありがとう!!



96

大好きな世界に生まれてきて

February 06 [Sat], 2010, 14:48



崖の上のポニョを観ました!


ずっと見たかったのに、映画館に行けなくて、昨日のTV放送を録画して、

今朝、やっと見れた!


さておき、昨日の詩、あれは、ずいぶんと前に書いたものなんだけど、

表現が、「好き」とか、恋みたいなところもあり、

気にいっていたんだけど、公開するのはためらっていたんですよ。


でも、ポニョを観て、ちょっと思うところがあったので、書いてみます!

内容にはほとんど触れませんが、一応追記にしておくね!




本当の君へ

February 05 [Fri], 2010, 13:44




君がどんなに 君のことが嫌いだと言ったって

僕は君のことが好きだよ

君の幻を見ているんじゃない

君でさえ信じられずにいる 本当の君を見ているから


本当は 君は 素敵なんだよ

僕は見ていて思うんだ

悲しみにゆがめられていても

苦しみに 乱暴なことを言ってしまっても

素直なあなたの心が あふれたくて泣いている

僕にはそれが聴こえるから

君が 本当の君を生きられたら

どれだけ 素晴らしいんだろうって 思うんだよ


それでも 君が僕の言葉を信じられないのならば

これから過ごす時の中で

君の素敵なところ 教えてあげよう

君が花のように笑うことだって

蝶々のように夢見ていることだって

本当はすごく素敵なことなんだ

僕には愛おしくてたまらないんだよ


そんな君の好きなところ

僕が見つけていくから

もっとたくさん 見つけていくから

本当の私を見ていないから なんて

もう言えなくなっちゃうほどに

君のいいところ いっぱい

君に贈ってあげるから


少しずつでいい 君らしく

心を開いてみてごらん

いつか本当に 君が生きられるときが来る

勇気がいるけど 一歩ずつなんだ

君が幸せになるための

一日一日を 重ねていこうよ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:96
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1985年3月22日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-歌うように生きる♪
    ・ペット-猫とアヒル
    ・ガーデニング-ささやかですが、花や木を育てています♪
読者になる
育成ゲームならmeromeropark
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
Yapme!一覧
読者になる
最新コメント
アイコン画像礼奈
» 皆さんのおかげです\(^o^)/ (2014年02月28日)
アイコン画像ゆみ
» ステージとの距離。 (2012年11月27日)
アイコン画像96
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» 96の日 2012 (2012年09月14日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像tmm♪
» 96の日 2012 (2012年09月07日)
アイコン画像リョウコ*
» 96の日 2012 (2012年09月06日)
https://yaplog.jp/finger_1116/index1_0.rdf