大きな存在と宇宙

September 30 [Wed], 2009, 23:57
まぃかさんへ

コメントありがとうございました!!

ぃえぃえそんな、自分でひらめいたってもんでもないんです

僕も、仏教を学んでいるので、こういう考え方になったんですよ。

神様が人を創るというのは、キリスト教やイスラム教などですよね。

何か、とてつもなく大きな存在によって、世界が創られるっていう。

でも、仏教だと、その宇宙大の存在は、自分自身なんですよ。

すべての人の中に宇宙がある。

自分が生まれてくることも、幸せになることも、自分で決めたこと。

この世界で果たすべき使命を持って、誰もが生まれてくるんです。

そんなかけがえのない一人ひとりを、星も太陽も月も、地球も、

全宇宙が待ち望んで、その人が生まれてくるために力を貸してくれる。

だから、上も下もなく、誰もが尊い存在。

っていう教えなんですよ。


もう少ししたら、試験があるので、覚えたことを、

ダーッって書いてしまいました・・・。


こういうコメントをいただくと、復習にもなって助かります(笑)

ちょっと難しいかもしれないけど、

また機会があったら、自分の勉強の確認がてら、

こういう話も書いてみようと思います。


コメント、どうもありがとうございました!!


96

まわる世界は君のために

September 27 [Sun], 2009, 23:40


あなたに幸せになってもらいたくて

宇宙は君を創り出したのだろう

あなたがそれを受け止めようとしなかったら

幸せになることを 諦めてしまったら



星たちは 何のために輝くのだろう

月は誰を照らしてあげたらいいのだろう

君に笑顔になってもらいたいと

闇の中を選んで 姿を現わしたというのに



きっと今の君には あの星が

闇に飲み込まれてしまうように見えるのでしょう

それでも あなたは忘れているだけなんだ

闇が深ければ深いほど 星は輝くことができるということを



星に託した願い事が 叶うことがあるとすれば

君が闇の中から 輝こうとしたとき

決して 闇に負けないことを

信じ抜くことが出来たとき

流れるように世界は 君の為に回り始める



君が世界を 回したんだ

いや 本当は君は気付いていなかっただけなんだ

君が生まれたときから

この世界は 君に幸せになってほしいと望んでいた



君の為に まわっていたことを


君は知らずに生きてきたんだ

あなたの言葉は夕日のように

September 21 [Mon], 2009, 23:11
ゆみさんへ



ありがとう^^

「頭でっかちなんかじゃないですよ!!」って、

僕の不安を真正面から打ち消してくれたことが、

僕はとっても、うれしかったよ。



僕は、おばけなんかは全然こわくないんだけど、

人に嫌われるのがこわい。

誰かを傷つけてしまうのがこわい。

よかれと思って言ったことが、誤解されてしまうのがこわい。

それが大切な人なら、すごくすごく、こわいんだ。



僕って、すごく心配症で、臆病なんだと思う。



ここでも、僕の大切に想っていることを、

できる限り、まっすぐに書いているけど、

時には、強い言葉で書かなければならないときもあるし、

世の中の常識と、ぶつかるようなことも書くから、

いつも、受け入れてもらえないんじゃないかって、

不安はずっと胸の中にあるんだ。



それでもね、僕は、書き続けたいんだ。

微力でも、大切な人たちの力になりたい。

それに、自分の信じていることを、再確認するっていう意味でも、

僕は、書き続けていきたいんだ。



だから、ゆみさんのように、僕のつたない文章を、

ホッとするって言ってくれたり、不安を打ち消してくれたり、

そういう言葉をもらえると、すごく安心するんだ。


また、書いてもいいんだ。

書き続けようって、思えるんだ。

ありがとう^^



駅のホームで撮った写真は、

その街に住む友達を励ましたくて、降りた駅で撮ったんだ。

友達には会えなかったんだけど、

友達を励まそうと思わなかったら、見ることのできなかった夕日だから、

なんだか、夕日に僕が励まされちゃって、

「これでよかったんだよ」、

「会えても、会えなくても、想いが伝わっても、伝わらなくっても、

 その人のために、一歩踏み出したことは、間違っていないよ」

って、言ってもらっているみたいで。


夕日のおかげで、僕も、「また励ましに行こう」って、

「また会いに来よう」って、思えたんだ。


不思議だね、ゆみさんのコメントで僕が感じたことと同じことを、

あの夕陽を見て感じていたんだよ。


ゆみさんのコメント、本当にうれしかったよ。


どうもありがとう。



96より

あのひまわり枯らさないように

September 20 [Sun], 2009, 21:29


96です!こんばんは!

最近の96’sノートを読んでいると、

なんか、頭でっかちみたいですね^^;気をつけます。


そして、これはヒマワリです!

言わなくてもわかる?そうでしょう♪


これ、うちの庭に咲いているんですよ。

僕が種から育てたかわいい子です^^


“好き”は自分そのもの

September 19 [Sat], 2009, 22:19
ゆみさんへ

コメントどうもありがとう!!
お返事遅くなって、ごめんね;



好き=笑顔って、ゆみさんもそう思う?^^
嬉しいなぁ!

僕は、好きって、感情じゃなくて、
“自分そのもの”なのかなって最近思うんだ。

「96ってどういう人?」って聞かれたら、

「空が好きで、歌が好きで、子どもが大好きな人!」
って答えるだけで、なんか僕っていう人間が伝わるような気がするんだ。

そして、「どうして好きなんだろう」って考えたら、

「空を見ると、自分の心も空みたいに広がって、
 世界中のどこにいる、どんな人とも、つながり合えるような気がするから」

「どのくらい好きなんだろう」って思ったら、

「ずっと歌と一緒に生きてきて、いつの間にか、
 歌は自分そのものになっていて、
 歌が悲しいことに利用されてしまえば、自分のことのように悲しいし、
 歌によって、幸せになっていった人の話を聞くと、
 自分が生まれてきた意味を感じるくらいに嬉しくなる。
 それほどに、僕は歌が好き。」

「好きはどんなふうに表れる?」って思い返してみると、

「子どもたちの笑顔を見ていると、自然に笑顔になるし、
 可愛いなって、大切だなって、想いで、涙が出そうになる。」


ねっ!

なんか、僕の歩んできた人生とか、想いとか、願いとか、
いろいろな自分が、「好き」の中にはあるような気がするんだ。

その中には、傷つくのがこわかったり、
好きなもののために悩んでしまう自分だっている。

だけど、その悩みこそが、
“好き”から生まれた愛情がくれたものなんじゃないかって僕は思うんだ。

僕も、悩まなければ、空も、歌も、子どもたちのことも、
“なんとなく好き”っていう自分のままだったと思う。

でも、今ではみんな、僕にとって心から大切なものになっているよ。

初めは、好きって、小さな種みたいに、どんな花が咲くのかわからないけど、
きっと、深く心に根をはって、光と雨を受けとめながら、
素晴らしい花を咲かせるものだと僕は信じているから。

ゆみさんも、自分を信じて、「大好き」を大切にね!

これからも、応援しているよ。

コメント、どうもありがとう!


96

人間を信じる心

September 19 [Sat], 2009, 21:58
絢香さんへ



コメントありがとうございました。
平和を自分たちの課題だと考えて、
一緒に動こうと思ってくれる、何かを伝えようと願ってくれる。
そういう人がいてくれることが、とっても心強いです。

絢香さんは、誰もが皆“母親”という存在から生まれ、
心を持ち、愛情をもっている人間だとわかってくれている。
とても素晴らしいことだと思います。

そして、僕はそんなふうに人間を信じる心が、
世界を平和にするんだと思っているんですよ。


争い合っている者同士では、
お互いを自分と同じ人間だとは思っていないことが多いんですよ。
「自分たちだけが特別な人間だ。」
「あいつは傷つけてもいい、小さな存在なんだ」って。

その人が、本当に素晴らしい心、そして愛情を持った人間だと信じられない。
信じたくない。そういう疑いが、相手をどうでもいい存在だと思いこませてしまう。

どうして人を疑ってしまうのか。
一つは、自分や、大切な人やものを傷つけられたことによる憎しみから。
相手が、どうしようもない悪人にしか見えなくなってしまう。
相手の優しさや愛情を信じることは、
相手によって傷つけられた、大切なものへの裏切りのように思えてしまう。
僕はそう思います。

そして、もう一つは嫉妬から。
相手が何も悪いことをしていなくても、いい人間だとは認められない。
他人を認めることで、自分が負けたような気がしてしまう。
だから、自分や自分の大切な人以外を差別し、悪者にしてしまう。
そういう感情が人にはあるんです。

僕たちが、「同じ人間だから」信じられるのとは反対に、
「同じ人間だから」、たいしたことはないと思ってしまう人がいる。

だから僕は、そういった憎しみや嫉妬の連鎖を断ち切らなくてはならないと、
日々、思っているんです。

そのために、人間の持つ可能性の大きさ、一人ひとりの心の広さ、その存在の大きさ、
愛情の深さ、誰もが皆、大切な、かけがえのない生命であること。

きっと伝えていこうと、心に決めています。

それが、人間を大切にする世界への一歩一歩になるのだと信じて。


絢香さんや、優しい皆さんのコメントを読んでいると、
僕の心の中にある“人を信じる気持ち”も、大きくなって、
また頑張ろうって思えます。勇気が出せそうです。

いつも、本当にありがとうございます。


96

大切バトン

September 18 [Fri], 2009, 22:02
絢香さんからいただきました!

大切バトンです。


大切バトン
Q1 ★名前はぁ?
96といいます^^ “くろ”ってよんでくださいね♪
Q2 ☆生年月日
1985.3.22
Q3 ★誰から回ってきたぁ?
絢香さんです^^
Q4 ☆送り主は大切?
はい。とっても♪
Q5 ★送り主に溺愛中
ありがとうの気持ちでいっぱいです^^
Q6 ☆送り主の性格は?
空のような方だと思います☆彡
Q7 ☆送り主とこれからも仲良し?
これからも、よろしくね!
Q8 ★送る7人はあなたにとってどんな存在?
出逢えたことに感謝しています。
Q9 ☆本当にこの8人でいいの?
そんなに贈れそうにないです・・・よかったら、どうぞ!!
Q10 ★送る8人全員のことをちょっと紹介して
心の中に輝くやさしさを、みんな持っています。

平和を諦めない

September 15 [Tue], 2009, 23:09
涼子さんへ



コメントありがとう!!


本当に、戦争は、憎い。

それがわかっている涼子さんは、
本当に清らかな心を持っている人だよ。
「世の中には、絶対なんてない」って言って、
戦争を絶対悪いとは言わない人もいる。

でも、戦争は、誰がなんて言おうと悪だよ。
そこで苦しむ人たちのことを思うと、
戦争が憎くて、たまらなくなる。
それが人間だよ。それが本当に人間らしい心だよ。

戦争も、原爆も、核兵器も。
絶対に悪だ。許しちゃいけない!
もう二度と、あの悲劇を繰り返しちゃいけない!!

僕の恩師も、
「怒りというものは、善悪に通じるものである」
って言っているんだけど、
人々を苦しめる者に対して怒るのは、善なんだ。
怒ってもいい。憎んでもいい。
「人を憎まず、罪を憎め」っていう言葉もある。

戦争は、罪だよ。憎むべきものなんだ。

「戦争はこの世から消え去ってほしい」
涼子さんのその想い、僕も同じだよ。
たくさんの人たちが、同じ想いを持っている。
日本からは、戦争がなくなった。
きっと、世界からもなくせるよ!!

最後まで、諦めないで。
希望を捨てないで、平和っていう、
本当にみんなが幸せになれる世界にしていこうよ!

そうやって手をつないでいくことが、
平和なんだよ。そして、最高の幸せなんだ。

僕は、平和を愛する皆と、そして涼子さんと会えて、
本当に幸せだもの。

また、頑張れるよ。
たくさんの人達の幸せのために、
僕にできることから頑張ってみるよ!!

涼子さん、勇気をありがとう。


96

「心」を「亡くす」ということ

September 15 [Tue], 2009, 23:06
こんだちゃんへ



コメントありがとう!!

本当に、命の大きさって、
その人が生きているときには、気付けないことって多いよね。
生きていることとか、そばにいることとか、
あたり前になっちゃうと、それがどれほど幸せなことなのか、
いつの間にか忘れちゃう。

「忘れる」っていう字は、「心」を「亡くす」って書くでしょ?
きっと、それって、その人がこの世界にいることへの感謝の想いを
忘れてしまうことなんじゃないかなって僕は思うんだ。

「ありがとう」から、喜びは生まれて、
大切にしようって気持ちが芽生えてくるから。
ありきたりな毎日の中でも、「ありがとう」って気持ちを大切にしたいね。

実は、「心を亡くす」って書く漢字がもう一つあるんだ。
わかるかな?

それは、「忙」っていう字。

今の世の中で、感謝の気持ちや、命の大切さが見えなくなっているのは、
みんな、忙しさの中で、それを忘れちゃっているからなんだと僕は思うんだ。

もう二度と、戦争っていう悲劇をおこさせないためにも、
身近な大切な人への想いを、みんなが忘れずにいられたらいいね!

こんだちゃん、とっても心のこもったコメント、どうもありがとう!!

また、どんどん語ってね!



96

戦争のない世界へ

September 12 [Sat], 2009, 20:29



平和ほど尊いものはない。

僕は、今日心からそう感じました。

昼間、再放送で特攻隊のドラマをやっていました。

まだ僕と同じくらいの年齢の青年が、

爆弾と片道分の燃料しかない飛行機に乗って、敵の戦艦に突撃していく。


涙が止まりませんでした。

こんなに悲しいなんて。



そのドラマは、出撃までの時間、彼らの身の回りの世話をし、

最後まで見送るという任務を受けた女学生の、

実際の証言をもとにつくられたものでした。


昨日まで元気だった人が、次の日には遠い海の向こうで、帰らぬ人となっていく。

なぜ、彼らが、その若い命を散らさなければならないのか。

彼女たちは、深い悲しみの中で葛藤の日々を送っていました。


ある人は、隊員にならなければ、教師になる夢を叶えているはずでした。

ある人は、結婚するはずだったその日に、入隊が決まり、

愛する人を残して、戦場に散っていきました。


誰も、命を奪われていい人間なんていない。

愛する人を失った家族や、恋人、友人たちも、

どれほどの悲しみの中を生きていくことになるか。

戦争はあまりにも残酷です。


僕の心には、一つの信念があります。

人生は、しあわせになるためにある。

このブログのテーマを、“悩み”にしたのも、

幸せになるための人生であるかぎり、

どんな悩みも、しあわせになるための悩みなのだと、

そう確信していたからです。


そして、今日、僕はこう思いました。

平和こそ、人間のもっとも深く、強い望みであると。

平和なくして、人類の、真の幸福はないと。


今の日本は、平和な国と言われています。

たしかに、戦争を起こすことはもうないかもしれません。

でも、それは真の平和と言えるのでしょうか。

僕は言えないと思います。


本当の平和とは、

人間が、お互いの人権を守る世の中になってこそ実現するものだと僕は考えています。

しかし、今の世の中はどうでしょうか。

一生懸命働いてきた人が、平気で会社からくびを切られる社会。

大人たちの間でも、いじめが行われ、子どもたちにまで影響を与えている社会。

生きることの価値を信じられず、自ら命を絶つ人たちが絶えない社会。

これが、本当に平和な世の中と言えるのでしょうか。


僕が戦っているのは、遠い異国の地での戦争ではありません。

もちろん、戦争は憎い。

決してくり返してはいけないと思っています。

でも、そのためには、人は、人間と向き合わなければならないと僕は思います。

人間の内面にひそむ、他者を不幸にしても、自分が利益を得ようとする心。

僕らが本当に戦わなければならないのは、この心ではないでしょうか。


自分自身が、その心と立ち向かい、目の前の一人の心へと語っていくこと。

その小さな一歩が、一人を動かし、また一人の心を変えていく、

そして、いつしか平和な世の中へと社会を変えていくことができるのではないかと僕は思います。


実際に、今までの歴史を、変えてきたのは、いつも一人の人間からの挑戦でした。

奴隷解放、女性の人権、子どもたちの人権も、

誰か一人が立ち上がってから、すべては変わり始めました。


一人の人間の持つ可能性を信じ、お互いを大切にしていくこと。

僕にできる小さな、そして最高の行動だと思います。

今日の思いを胸に、また日々、世界の平和のため、

人間の、本当の幸せのために、非暴力の戦いをしていきます。


今日、また反戦のドラマがあるようです。

一人の歌が、戦場で捕らえられた兵士たちの命を救ったという実話。

観たいのですが、僕はもう今日は泣きすぎました。

僕も、歌の力で、人間の心を、その奥底から救っていきたいと願っています。

また、別の日にでも、録画したビデオを見て、決意を新たにしたいと思います。


今日は、かなり深刻な内容だったので、難しかったかもしれません。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました!

また、何か感じることがあったら、気軽にコメントしてくださいね!



96
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:96
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1985年3月22日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-歌うように生きる♪
    ・ペット-猫とアヒル
    ・ガーデニング-ささやかですが、花や木を育てています♪
読者になる
育成ゲームならmeromeropark
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
最新コメント
アイコン画像礼奈
» 皆さんのおかげです\(^o^)/ (2014年02月28日)
アイコン画像ゆみ
» ステージとの距離。 (2012年11月27日)
アイコン画像96
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» 96の日 2012 (2012年09月14日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像tmm♪
» 96の日 2012 (2012年09月07日)
アイコン画像リョウコ*
» 96の日 2012 (2012年09月06日)
https://yaplog.jp/finger_1116/index1_0.rdf