一生懸命が美しい

July 21 [Wed], 2010, 14:26



あぁ〜、、、水浴びしたくなるくらい暑いですね!!

だけど、田んぼの水はいやだぁ〜

泥水なんだもん。。。

そんなので喜ぶのは、アヒルさんくらいです^^;

写真のは、きれいな水ですよ〜


今日は、アヒルさんだけじゃなく、

子どもたちが水浴びするのも、見ていることになりました。

というのも、田植えが終わって、時間が空いたので、

パートで、スイミングスクールの監視をやっているんです。

結構前から、やっていたんですけどね、

また、増やしていこうかなって思っています。


でもやっぱり、自分は水浴びできない〜

蒸し暑い〜

室内プールなのが、せめてもの救いです。

僕の肌は、日焼けに弱い!!

真っ赤になっちゃいます。眠れないし、、、


だけど、ここにいると、子どもたちの頑張っている姿に勇気をもらえます。

水がこわかった子も、勇気を出して、遊べるようになって、

泳げなかった子が、何度もくじけそうになりながら、泳げるようになっていく。

そんな子どもたちの笑顔が最高です!


それに、選手もいるんですよ〜

ちっちゃいときから、毎日のように通って、1時間も2時間も、泳いで、泳いで、

疲れ果てても、また元気に通って来て、一秒、コンマ一秒と、タイムを縮めていく、

自分との戦いです。コーチも厳しくするし、みんな真剣で。


スピードも、すごいなぁって感心するんですが、

なにより、泳いでいる姿が、綺麗なんですよね。

真剣であればあるほど、思いがこもっていればいるほど、

心に深く感じるものがあります。

まさに、芸術です。


人って、一生懸命に生きていれば、美しいんだなぁって、

逃げたくなることばっかりの世の中だけど、

立ち向かって、壁に体当たりして、乗り越えていく、

みんながそうやって、真っすぐに生きられたら、

きっとこの世界も、美しくなるんだろうなって。


僕も、真っすぐに生きていきたいな。

そのための答えを一つ、ここで見つけた気がします。

やさしい未来

July 23 [Thu], 2009, 19:35
こんばんは!96です

なかなか更新がコンスタントにできなくてすみません^^;

最近は、田植えが忙しい間にやり残していたことを、ひとつひとつやりながら、

まだまだ落ち着かない日々を過ごしています。


そんななか、最近印象に残ったことがあったので、書いておきます♪


田植えも終って、田んぼからの帰り道、

仲のいい子どもたちが遊んでいたので声をかけてみました。


「なにしてるの?」

「絵をかいているんだよ」

「へぇ〜、じょうずだねぇ」

「こんど、学校でみらいの絵をかくんだ、みらいってなにがあるの?」

「○○ちゃんはなにがあると思うの?」

「ん〜とね、やさしい人がいっぱいの世界になっていると思う!」


「!!」


空飛ぶ車とか、夢のような道具を想像していた僕は、

その子の言葉にびっくりしました。

そして、すごく感動しました。


この子はすごく優しい心を持っているんだなぁって、

どんな便利な道具やマシーンよりも、

やさしい人がいっぱいの未来を夢見ている。


そして、僕は、この子のためにも、

この世界を優しい人でいっぱいにしていこう!

そう改めて決意しました。


そのためにできること、このブログでも考えていきます!

何かご意見や、思いつくことがあったら、気軽にコメントくださいね♪



96

子どもと遊ぶのは恥ずかしい?

April 15 [Wed], 2009, 14:04
こんにちは!96です^^

前回、長い記事を読んでくれた皆さん、Thank youです!


昨日、夕方家に帰ってきたら、近所の子が外で遊んでいました

なんとなく見ていたら、声をかけられて、一緒に遊ぶことに


おいかけっこや、ケイドロにまざってきました♪

楽しかったけど、加減がわからないのと、ちょっと恥ずかしかったです。。


でも、後になって、本当に恥ずかしいことなのかな?って思ったんですよね


昔は、近所のおじちゃんやお兄さんなんかが、よく一緒に遊んだり、遊びを教えたりしていたものです。

外国でも、公園にプレイリーダーというお兄さんやお姉さんがいて、

遊びを教えたり、保護者代わりになるという国もあると、本で読んだことがあります。


今の日本では、子どもにまざって大人が遊んでいたら、人目が気になります。

フシン者と間違えられてしまうかもしれません

だけど、本当は、近所の面倒見のいい大人が一緒にいてくれた方が、

本物のフシン者は近付いてこられないし、ずっと安全なはずなんですよね


これって、「ご近所の交流の薄さ」っていうのの影響なのかな?

大人たちが、関わり合うことをさけているから、近くに住んでいる人のこともわからない。

たとえ信頼できる人がいても、知り合えないし、仲良くなることもできない。

それじゃ、家庭が孤立してしまいますよね。

近くの人同士が、助けあって、相談したりして、仲良くしていたほうが、

悲しい事件や、孤独やむなしさも、もっとなくなっていくんだろうなぁって、僕は思います。


あんなふうにして、子どもたちと遊ぶことが、

そんな家庭の孤島を、一つ一つ結んでいく力になっていくのかもしれません。

恥ずかしがらずに、子どもたちともっと仲良くなっていこう♪

未来のために!

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:96
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1985年3月22日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-歌うように生きる♪
    ・ペット-猫とアヒル
    ・ガーデニング-ささやかですが、花や木を育てています♪
読者になる
育成ゲームならmeromeropark
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
最新コメント
アイコン画像礼奈
» 皆さんのおかげです\(^o^)/ (2014年02月28日)
アイコン画像ゆみ
» ステージとの距離。 (2012年11月27日)
アイコン画像96
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» ストリートライブの場所探し☆ (2012年11月09日)
アイコン画像ゆみ
» 96の日 2012 (2012年09月14日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像96
» 96の日 2012 (2012年09月09日)
アイコン画像tmm♪
» 96の日 2012 (2012年09月07日)
アイコン画像リョウコ*
» 96の日 2012 (2012年09月06日)
https://yaplog.jp/finger_1116/index1_0.rdf