異業種に職を変えるのは難しいという印象が強いで

May 15 [Tue], 2018, 17:13
異業種に職を変えるのは難しいという印象が強いですが、実情はどうなのでしょうか?結果から述べますと、違う業種に転職するのは難しいものです。経験者と未経験者とがいた場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。しかしながら、絶対に無理というわけではないため、努力の仕方によっては異なる業種に職を変えられることもあるものです。転職する際に求められる資格というのは、専門職の他は、そんなに多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やっぱり、国家資格が強いでしょう。それから、建築や土木系だと、建築士のように「業務独占資格」と言われるような、該当の資格を所有していないと実際に働くことができないといった仕事がかなりあるため、狙い目と言えるかもしれません。転職をしようかなと考えた場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談を持ちかける方がほとんどでしょう。家庭がおありの方なら、家族の誰にも伝えないままで職を変わるということは止めた方がいいです。家族に内緒で転職してしまったら、それが原因で離婚になる可能性もあるでしょう。慌てて転職活動をすると、慎重に検討する余裕がなくなって、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選んでしまうこともあるでしょう。その結果、以前よりも年収が低くなることも多いです。だったら、なんのために転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。給料にも満足できるような職に就きたいなら、じっくりと仕事を探してください。転職しようとする場合により有利になれる資格として、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職活動を考えている人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/fiig6l5nityvcf/index1_0.rdf