秘湯の山旅 那須・三斗小屋温泉 その1
2008.11.27 [Thu] 13:10

11月22日〜24日 秘湯の山旅 那須・三斗小屋温泉

初日の宿 北温泉旅館に向かう一行

1年前に八ヶ岳の本沢温泉〜しらびそ小屋を舞台に秘湯の山旅ツアーを催行した際、来年は那須の三斗小屋温泉に行こう!それも雪の季節に雪見風呂しに・・・ ということで1年前から温めていた企画が今回のツアーです。
1泊は三斗小屋温泉・煙草屋旅館と決めたが、初日の宿は? 麓の温泉旅館になるけど、どうせなら歩いて行く温泉がいい! ということで初日の宿は那須山麓の老舗中の老舗旅館・北温泉旅館に泊まることとする。駐車場からたった500mだけど、歩いてしか行けない温泉。ちょうど寒気が通過した後で薄っすら積もった雪のおかげで初冬の山中の秘湯ムードは抜群。着いて早々に温泉三昧となりました。


 

館内は江戸の建物、明治の建物、昭和の建物からできているそうな・・・
いたる所にお宝探偵団が喜びそうな調度品が飾られていました。
それに何か所もあるお風呂がそれぞれにいい感じ。何度も温泉に浸かってのんびりと時は流れてゆくのでした・・・ 満天の星空の下、大きな外湯につかりながら眺めた星空と雪景色はとても印象的でした。



こちらが今回の主役の皆様。いつもありがとうございます。
今年も何度もご一緒している濃〜いメンバー。今回もまた、楽しいひと時をありがとうございました。

そして北温泉に別れを告げ、今回の山旅の目的地 三斗小屋温泉へ・・・



峰の茶屋よりのぞむ朝日岳

峠の茶屋駐車場より入山。今回の寒気の影響はそれほどでもなかったようで大して大雪にはならなかった。でも、途中の峰の茶屋跡は強風の名所。この日も峠が近付くにつれ、徐々に風が強まってくる。写真では風まで写らないが、このあと三斗小屋温泉方面への下り口はかなりの強風が吹き荒れてました。



三斗小屋温泉・煙草屋旅館

樹林帯に下りてしまえば、あとは静かな山の中。のんびり温泉目指して進んで行く一行。お腹の虫が鳴り出したころ無事に煙草屋旅館に到着。
秘湯ムード満点の山奥の温泉宿。午後は温泉、お茶、温泉、BEER・・・ 賑やかな笑い声と「あぁ〜ぁ、いぃ〜ぃお湯、いぃ〜ぃ気分・・・」 皆、それぞれ思い思いに・・・ 湯ったり、まったり、時が流れてゆくのでした。



煙草屋旅館の最大の魅力はこれ!

深々と降る雪の中の雪見風呂
夜、天気が回復し満天の星空の下の星見風呂
そして寒さに耐えながら?の朝イチ風呂
露天と内湯と何度も楽しみました。
特に星を見ながら入って来年の抱負を語っているときにちょうど流れ星が・・・
    なんか得したようないい気分でした。

内湯に入っているとき、一緒に入っていたおじさんからの情報
「ここの女将さんが言うには、源泉の流れ込みのお湯が濁っていないから明日は天気が良くなるそうな・・・」
えっ、明日は低気圧が接近してきて天気は下り坂という予報だったけど・・・
さて、どうなる事でしょう、その2に続く