冬のしるふれいWEEK その2
2013.01.31 [Thu] 00:07

2013年1月22日〜24日 冬のしるふれいWEEK その2 後半戦
1月22日 乗鞍高原 凍った滝巡り

氷瀑(ひょうばく・凍った滝)と化した善五郎の滝

この日は、一転、暖かな朝となりました。
松本市内は、本降りの雨。沢渡まで来ても雨・雨・雨・・・・
乗鞍高原まで上がったら、なんとかみぞれ〜湿った雪。
三本滝の氷瀑も行く予定でしたが、この雪の状態では、谷が狭く、急斜面の三本滝は危険と判断。小リスの径から善五郎の滝までをご案内してきました。

 

午後には何とか天候が回復の兆しとなり、こんな氷瀑も間近で見ることができました。
雪のちくもり時々青空というまずまずのお天気でしたが、こんな大自然が造り出した造形美を楽しんできました。
ご参加いただいた皆様、大変、お疲れさまでした&ありがとうございました。


1月23日 あゝ野麦峠

旧野麦街道入り口の記念碑

今回のしるふれいWEEKで輝山、穂高平に次ぐ人気のコースとなった野麦峠へのスノーシューハイクです。
無雪期なら街道の入り口まで車で行って、遊歩道を歩いてあっという間に野麦峠に到着ですが、こんな厳冬期に行く人なんて、ほとんどいないでしょう・・・・
ラッセルは当たり前、しっかり読図もできて、ルートファインディングできる力量も必要なコースです。



今日は、しるふれいのオーナーも同行、ラッセル大会!



もうすぐ峠・・・・ まだまだラッセルは続く・・・・



皆で頑張ってラッセルしてたどり着いたここは、信州と飛騨を結ぶいにしえの峠道・・・野麦峠です。

その昔、飛騨の娘さん達はこんな雪深い峠道を越えて諏訪まで通っていたんだなぁ〜。
峠からの大展望はなかったけど、達成感に満ちた山行でした。


名作・あゝ野麦峠 の主人公、政井みねさんの石像です。

あ〜 飛騨が見える。飛騨が見える。

合掌

ご参加いただいた皆様、大変、お疲れさまでした&ありがとうございました。


1月24日 福地山

福地山中腹より対岸の焼岳を望む

いよいよ冬のしるふれいWEEK 最終日、あっという間の1週間でした。
いい天気に恵まれた今日は、奥飛騨の展望台、福地山に行ってきました。



最終日にして、やっとこんな素晴らしいお天気に恵まれました!
ラッセルしていると、汗が噴き出てくるくらい、1月とは思えないようなポカポカ陽気の絶好の登山日和となりました。
超晴れ女のK女史の本領発揮です!

第1展望台では、槍穂高連峰の大パノラマが出迎えてくれました。



第2展望台にて

今日はこんな景色をおかずにこの地でランチタイム・・・・



ランチ後は、山頂はパスのお客様に待っていただいている間に、こちらのおねぇさんと最後のラッセルで山頂を目指す。



登頂!

お疲れさまでした!



貸切りの山頂で、しばし撮影タイム。



福地山山頂よりのぞむ槍穂高連峰

絶好の展望台という立地の福地山です。



山頂付近のブナ林は、うっすらと霧氷に覆われ、逆光にキラキラと輝いていました。
ハァ〜〜美しぃ〜〜
ご参加いただいた皆様、大変、お疲れさまでした&ありがとうございました。



最後にしるふれいのオーナーと私
               野麦峠にて・・・

これで今冬のしるふれいWEEKは無事に終了しました。この1週間、ラッセルの毎日で、正直疲れましたが、新たな出会いあり、たくさんの今後のご予約もいただいたり、そして何より雪山ハイキングの楽しさ、素晴らしさを多くの皆さまと分かち合うことができました。
ご参加いただいた皆さま、大変、お疲れさまでした&ありがとうございました。また、渋沢温泉小屋の森氏、燕山荘のK君、そして しるふれいのオーナーご夫妻には多大なご協力をいただきました。厚く御礼申し上げます。

輝山、穂高平、野麦峠、福地山など沢渡を拠点に雪山ハイクを楽しんでみたい! とお考えの方、3月ならスケジュールがなんとかなる日もあります。今冬のうちに行ってみたいなぁ〜、ガイドツアーはないかなぁ〜という方、よかったらまずはお気軽にご連絡ください。