DGウルトラマン3

June 05 [Sat], 2010, 1:36
デジタルグレードシリーズになり、やっとこさ3弾。
HGの末期が新作→再販→新作→ベストセレクション(一部新造形)→新作・・・とかなんか忙しかった印象がするので、なんかゆったりしている気分になっています。
でも、まぁこれぐらいゆっくりしてるのも悪くはないと思います。

今回のラインナップは
・ウルトラマンメビウス
・ウルトラマンエース
・ウルトラマンタロウ
・ウルトラマンタロウ(キングブレスレッド使用時)
・ジャンボキング
・ジャンボキング(異次元カラー)
・バードン

・・・の全7種。
やっぱりバージョン違いはもはやデフォですね^^;

とはいえ、ジャンボキングの異次元カラーはちょっと意欲的なカラバリとしてその熱意だけは買いたいと思います。
実際、セット売りで手に入れたのでどちらかを選ぶハメになった訳ですが、最後まで悩みました。
が、ジャンボキング自体玩具が少ない(今でも「ソフビ道」のヤツは大事にしています)ので、やはり通常版を選んでしまいました。

また今回はジャンボキング対エース、バードン対タロウ、バードン対メビウスと言う対決イメージのラインナップになっています。

300円となり、塗装や造形の制度が上がった・・・ハズだったんですが、どうも今回綻びを感じてしまいます。
1弾のウルトラマンAタイプを手に取った時の感動と比べ物にならないメビウス、エース、タロウの適当な塗装にガッカリです。
いや、決して悪くはないんです。でも2弾のセブン辺りからどうも雑に見えるんですよね。
とにかくウルトラマン連中は塗装の雑さがあからさまにマイナス印象になってしまうので、なんとかして欲しいものです。
とはいえ、足元の汚し塗装とかは普通の玩具では見られない土に汚れた感が出ており、それは悪く無い感じ。ほんと、顔っていうか、目の塗装が重要なんだよ、ウルトラマンは。

対して怪獣は気合の造形&汚し塗装で迫力満点。どちらもかなり究極の造形となっております。
特にジャンボキングの後ろの方の造形はソフビでは簡略化されてしまう様な箇所なので、感動も一入。
バードンもソフビよりも凶悪な感じが出ています。ここはメビウスを抜いてケムジラを入れて欲しかったもんですなぁ。

次弾は9月発売。新マン、レオもラインナップされているらしく、早くもウルトラ6兄弟がコンプ。
30周年な80兄さんもきっと5弾ぐらいに入るでしょうね。
ただ、なんかいつ終わっても不思議じゃない感がまだ漂っているのは何故だ。
ん、そんな事を感じているのはウチだけか?w
  • URL:https://yaplog.jp/fgfrt58447/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/fgfrt58447/index1_0.rdf