FlyFishing・キャンプ・coffee焙煎etc

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:BIG-F
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-フライフィッシング
    ・クッキング-コーヒー
読者になる
・coffeeと釣りなど
2018年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像BIG-F
18,000円 (2011年10月16日)
アイコン画像ジャナッチ
18,000円 (2011年10月16日)
Yapme!一覧
読者になる
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
〜ヒョウタン沼〜 / 2018年05月30日(水)
ヒョウタン沼、そう聞いてわかるひとは釣り人か地元の方くらいかな。
阿寒湖の東側にあり、その名の通りヒョウタン型の沼。

師匠に連れられて初めて道東遠征に行ったとき、最初に向かったのがヒョウタン沼だった。


ここ10年、ヒョウタン沼どころかフライからも遠ざかっている。


部屋の片付けをしていたら、ヒョウタン沼の遊魚券が3枚出てきた。
1枚は師匠と行ったとき、残り2枚は妻と一緒に行ったときのもの。

あの頃はお金がなくて、遠出をしても何も買ってやれなかったけど、
ないならないなりに楽しもうとする妻と行く釣りは、とにかく楽しかった。

またいつか一緒に行きたい。

次に行くときはご当地グルメでもご馳走しよう。

 
   
Posted at 23:52 / 釣行記 / この記事のURL
コメント(0)
TOHOゴールド! / 2018年02月12日(月)
我が家はIHコンロのためコーヒー焙煎にはカセットコンロを使用している。
本当はプロパンガスがいいのだけど、焙煎のためにガスを引くわけにもいかない。
そこで少しでも火力が安定すればと思いカセットボンベにこだわっている。



私が使用しているCB缶はTOHOゴールド。
成分はブタン(30%)+イソブタン(70%)、通常ホームセンターなどで売られている安いCB缶の成分はブタン。

◯沸点 
ブタン   ー0.5℃
イソブタン ー12℃

沸点を見て分かる通り、室内で焙煎に使用する分には関係ないと思う。

いや、まったく関係ない。


焙煎での恩恵はほとんどないけど、キャンプでは使えると思う。

現在使用しているランタンはコールマン2500ノーススターもちろん燃料はOD缶。

でもOD缶は1缶(470g)700円前後とちょっとお高め。

そこで自己責任詰替えアダプターを使用してCB缶をOD缶に詰替えている。(毎年OD缶を購入し使い切った後に詰替え)

詰め替えして約330円。

春・秋のキャンプでもランタンの光が揺らぐこともなく安定している。

ブタンだけのCB缶だと10℃を下回ると光量が安定しなくなるときある。
それがTOHOゴールドだと安定している。

気温の低いときは、CB缶を使用するツーバーナーコンロでも安定した火力が得られると思う。


購入するときは、ホームセンターのコメリがオススメ。
値段も安いし、何より通常の商品配送となるので送料はかからない。(お店まで引き取り必要)

興味のある方は一度試して見る価値はあると思う。

ただし、詰替えアダプターを使用する場合は自己責任となることをお忘れなく!
 
   
Posted at 10:59 / キャンプ / この記事のURL
コメント(0)
コールマン ツーバーナー修理 / 2018年01月29日(月)
やる気の連続投稿!

ヤフオクで落札したコールマンツーバーナーH414。
ジェネレーターからのオイル漏れが原因と思われる小さな火。
これが原因で黒煙があがり使用できなかった。
修理に出すと落札代金+修理費で新品が買えてしまう。

それでこちらのサイトを参考に自分で修理。
修理といっても金ブラシでちょっと磨いて、車用の耐熱パテを塗って終了。

費用は千円ちょっと。



修理完了・・・
と思ったら、今度はポンピングしてもすぐに圧力が下がってしまう。
オイルを差しても改善しない。
どうやらポンプノブの交換が必要らしい。

修理をするたびに愛着が持てるから、まぁいいか!と思うことにする。

人間、後ろ向きに捉えるより、良い方に捉えた方が気分がいい!

でも、妻のガスがいい!の一言で、中古のガス式ツーバーナーを購入しました。
2018は、妻でも使いこなせる手軽なガスです。

アハハ・・・これはなかなか・・・パンチがあるよね。

H414はメンテナンスを万全にして待機!!

女性は無骨なガソリンツーバーナーより、手軽なガスですよね。
しかもOD缶ではなく、どこでも買えるCB(カセットボンベ)缶!

次回はこだわりのCB缶、TOHO金属工業です。
 
   
Posted at 23:00 / キャンプ / この記事のURL
コメント(0)
CAMP2017 "BOSE" ~キャンプのお供に〜 / 2018年01月28日(日)
気がつくと前回の更新から一年以上過ぎてしまった。
今では、ブログよりもフェイスブックやインスタの方がいいのかな。
ま、更新しないなら同じか・・・。

さて、昨年のキャンプは4回、デイキャンプが1回、1泊2日が2回、2泊3日が1回。
テントも新調して大きくなり、通気性もよくなったので一昨年から比べると快適さup!

妻と子供のエアーベッドも新調し寝心地up!
私はパイプベッド!?タイプに変更、マットを購入しなかったので、朝起きると体が痛い。

キャンプ用品は体に触れるものほど大事なのだと後からわかる。

体に触れるものではないけど、妻お気に入りのキャンプグッズ!

BOSE:SoundLink Mini Bluetooth speaker



これがなかなか使える。
充電式でおおよそ10時間程度、我が家の使用では連泊でちょうど使い切るくらい。
キャンプ場は案外騒がしい??のでBGM程度で聞くのであれば近所迷惑にならない。

ちょっと音楽が欲しいひとにはいい商品だと思う。

2018年のキャンプはサンダルと適当なファッションから卒業!
あとはキャンプ料理と子供と楽しむ天体観測かな。
 
   
Posted at 22:53 / キャンプ / この記事のURL
コメント(0)
コーヒーの保存 / 2016年10月11日(火)
コーヒーの保存。
自分で焙煎を始めてから気になりだした。
ただ単に自分で煎ったコーヒーが美味しくないだけなんだけど、
なぜかしら焙煎技術のせいにしようとせず、保存が悪い!?
なんて現実逃避してしまった。
おかげでいろいろな方法で保存してみたけど、私の現在の結論は、
一週間程度で飲むひとならば、飲む量を小分けして常温保存が良いと思う。(北海道だからかな)
私は飲む量をラッピングして、コーヒー屋さんのガス抜きのついた銀色の袋に保存している。
実はこれは、私の考えではなくワイルド珈琲さんに質問して得た情報だったりする。
他には、知り合いが真空容器エアレスを使用していて、一週間経っても豆は買った時と同じように膨らむらしい。
お金が貯まったら次はエアレスを購入しようと思う。

豆の木で購入した豆を小分けした。

今回は、スマトラマンデリンとウサミ・ドイチャン。


 
   
Posted at 22:37 / coffee / この記事のURL
コメント(0)
タカヒロ 雫 0.5ℓ / 2016年10月08日(土)
本日、amazon で購入したドリップポット!
タカヒロ 雫 0.5ℓが届いた。



今まで欲しかったけど1万円以上してたことや、今年の初め頃からwebを見るたびにどこも売り切れ!
それにどうせなら、価格は高いけどブランディング・コーヒーのクラフトマンシリーズか、ディモッシュのオリジナルカラーがデザイン的に良かった。

最近、amazonで7,510円で販売していることを知り、即購入。
クラフトマン、ディモッシュは15,000円程度なので約半値。
それに妻が取っ手のカバーを作ってくれるという。
安く買えて、こだわりは妻のオリジナルカバー!
すごくいいね。

大きさは思ったよりも小さい。
0.9ℓでもよかったかもしれないけど、デザインはコンパクトな0.5ℓの方が好きだ。

水を入れて点滴にしたり、細く出したり試してみる。

う〜ん、いいね。

600Sと比べて、湯が高い位置から落ちるのが気になる。
600Sは注ぎ口が緩やかな傾斜になっているので、お湯を
置くように注ぐことができたけど、こちらは細く垂らす
といった感じになる。

実際に淹れてみた。



慣れなくても、お湯を細く安定して垂らすことができる。
素晴らしい技術力!

何かの雑誌かネットかで、豆の鮮度70%、焙煎25%、淹れ方5%で
淹れ方はよほど間違わなければ、誰でもおいしいコーヒーを淹れられる
と書かれていた。
確かにそうかもしれないけど、残り5%をこだわりたい。
そこに自分らしさがあると思う。

 
   
Posted at 16:35 / coffee / この記事のURL
コメント(0)
近所の美味しい珈琲屋さん / 2016年10月02日(日)
今週キャンプは用事があり休み。
天気予報を見ると今週が今年最後のキャンプ日和だったかもしれない。

キャンプに行っていて最近珈琲焙煎から遠ざかっている。
宮越屋珈琲だったり、近くの自家焙煎店から購入している。
今回購入したお店は「豆の木」さん。
値段は100g 400円〜500円台が中心。
自分の好みが曖昧でも、店主さんにザックリした好みを言うと選んでくれる。
まさに、あなたの街の珈琲屋さん!

今回はスペシャリティー珈琲の”イルガチョフG1”とモンデュール農園”を購入。
モンデュール農園=650円/100g イフガチョフ=600円/100g
豆の木ではお高めの豆になる。
イルガチョフしか飲んでいないけど、酸味より上品な苦味。
それと後味がほんのり甘いような気がする。
あぁ〜 人に伝わる表現力がもっと欲しい。




私の珈琲を淹れる道具はこんなものを使っている。

ミル:カリタナイスカットミル(シルバー)
ポット:カリタドリップポット600S(そそぎ口を改造)
サーバー:カルディ
スケール:タニタ
ドリッパー:ネル(ハリオ)



ナイスカットミルの受けカップは、純正のステンレスカップから
100円ショップで買った蓋つきのガラスコップに変えている。
こちらの方が2、3回振ると静電気を除去できて扱いやすい。

所要時間3分を目安にして、点滴で入れ始め後半細く湯を落とす。
半分を入れたところで抽出をやめ、残り半分をお湯で割る。
こうすることでスッキリした味わいになる。
もうすぐ2年になるが1週間に1〜2回は味が薄くなる。
まだまだ修行が足りない。

いずれオリジナルカフェをオープンさせたいと企てている。
道のりはまだまだ遠おい。



 
   
Posted at 21:40 / coffee / この記事のURL
コメント(0)
2016キャンプ 5回目 / 2016年09月25日(日)
2016キャンプ5回目。

場所は、なんと3週連続のオートキャンプ場。
ここにハマってます。




どんなことでもそうだけど、少し慣れてくると物欲に襲われる。
サンダルを引っ掛けて、10年以上前に買ったサイズも合っていない
ヨレヨレのフィッシングシャツを着たちょっと小汚いオジさんでも
キャップ雑誌を見ているだけで、カッコイイとかカッコイイとか・・・
あぁ〜!オシャレキャンパー!

ま、格好は後回しにして今回はマグカップを買った。
スノーピークのマグカップ。
左がシングルと右のダブル、私にしたら結構高額な商品。
普段なら絶対買わない!いや買えない。目にも止まらない。
でも、いいものは長く使えるし、長く使えば味わいも出る。
結果、安い買い物になる。
数年後そう思うだろう。



使い勝手は、いいね!!
特にダブルは二重構造になっていて熱い飲み物でも、
ほんわり優しい温もりで、これまたいいね!!

それと今回は、CB缶からOD缶へガスを移し使用してみた。
純正ガスとちがい色がちょっと白っぽいかもしれない。
明るさはほとんど気にならないけど、純正よりちょっと暗いかも??



それでも全開で約4時間使用できて、費用は約150円。(470g缶の80%→370g注入)



息子と普段はなかなか外遊びが出来ない分、キャンプに来ると思いっきり遊べる。
汗だくで遊んだ後は、一緒にお風呂に入り、BBQでお肉とご飯を沢山食べて、
6時には疲れて寝てしまう息子。(そのまま朝まで直行!)
普段の生活では決して気づくことのない息子の成長を肌で感じる。

翌日は5時30分起床。
空を見上げると晴れわたっている。
キャンプって最高だね!



 
   
Posted at 23:30 / キャンプ / この記事のURL
コメント(0)
2016キャンプ 4回目(2泊3日)A  / 2016年09月21日(水)
2016キャンプ 4回目A

キャンプで朝起きるといつも身体中が痛い。
地面の固さと底冷えが原因だろう。

そこで睡眠改善対策として、今回はエアーベッドを購入した。
amazonからシングル、ダブル、電動空気入れ(空気抜き付)合計=5,560円

North Eagle(ノースイーグル) ベッド イーグル エアベッド W NE265
naniwa(ナニワ) ノースイーグル エアーベッド シングル NE264 NE264
電池式電動エアーポンプ (空気入れ&空気抜き両対応)

電動空気入れでダブルで5分、シングルで3分くらい。
仕上げは足踏み空気入れで固さ調整。



エアーベッドの上に寝袋に包まり就寝。
レビューにあった寝がえりの音。
確かにゴソゴソ音がする。
気になる方はこの音は騒音に感じるかもしれない。
私は全く気にならないのでスースーッと眠りの世界へ誘われた。

寝心地最高!
朝も快適!
なぜ最初からこれに気付かなかったのか。
素晴らしいキャンプアイテムを手に入れた。

エアーベッドでうかれていたら、ショックなことが!

今年の7月にヤフオクで手に入れたコールマンツーバーナー414。
長期保管していたが問題なく使用できる!とあったので10,500円で落札した。



本格的に使うのは今回が初めて。
まずはポンピング!

スカスカ!?

圧力がかからない。
これはオイルを注入して解決。

改めてポンピングをして点火する。

全開にするとオレンジ色の炎が勢い良く立ち上がる。
追加ポンピング開始!
炎の勢いが強くなり徐々に青白い炎に変わる・・・はず!?だろ??
炎の勢いは増すもののオレンジ色の炎は上がったまま。

こんなものかと妻が鍋をかけて使用してみると、鍋がススだらけ。
火を消しても、ジェネレーターの接続部から炎が出ている。
全開にするとこの炎が一緒に大きくなる。

どうやらジェネレーターの調整or交換が必要らしい。



ま、道具は使いこなしてこそ自分のモノになる。
そう思えば、これでツーバーナーの知識も身につくし、
自分で修理したら愛着も湧くというもだ。

良い買い物をした。

そう思わなくては!!
 
   
Posted at 21:00 / キャンプ / この記事のURL
コメント(0)
2016キャンプ 4回目(2泊3日) / 2016年09月20日(火)
今年4回目のキャンプは、前回と同じオートキャンプ場。
先週、Webで予約状況を確認したら、17、18日は満員の×印。
16日に再度予約状況を確認すると△印に変わってた。
速攻で電話予約する。

今回は、いろいろなアイテムを購入した。

一つ目のアイテムは、コールマンのガスランタン。
先週は、知人よりキャプテンスタッグ テラパワーガスランタンを借りた。
中国製ソックス型マントルを装着し、フルパワーにすると純正マントルより
明るい!ものすごく明るい!!
ガスはカセットガスからOD缶に注入したものらしいが、明るい。

同じものを買おうか迷ったが、自分はコールマンノーススターを購入。
こちらは、キャプテンスタッグより若干暗いもののオレンジ色の光がいい。
ガス缶はレギュラーとスーパー両方使用してみた。
当然スーパーの方が多少明るい。
ただし、キャプテン、コールマンともに肉の焼き加減が鮮明に確認できる。
今まで使用していたSOTO ST-233は、230Wの割には肉の焼き加減はわからない。

写真では分かりづらいけど、ST-233はノーススターと比べて、ハンパなく暗い。

ST-233



ノーススター(ガスボンベ:レギュラー)



ノーススター(ガスボンベ:スーパー)





キャプテンテラパワー(カセットガス缶をOD缶へ注入)



先週と比べて、ランタンを点けていた夜間の気温差は5度以上ある。
今週は、最低気温が15度を少し下回ったので、キャプテンももう少し
光量が落ちるのかもしれない。

キャプテンの明るさもいいが、個人的には、
コールマンのオレンジ色もキャンプの雰囲気にはGood!

でも、燃費を考えるとホワイトガソリンがいいんだろうな。
我が家は、ランタンがガスでツーバーナーはガソリン使用。
ガスランタンもカセットとOD缶の2種類。

燃料は統一した方が間違いなくいいんだろうけど、
互いの一長一短を経験してから決めよう。

とりあえず、ガソリンのノーススターも欲しい。

二つ目のアイテム、エアーベットはまた次回。







 
   
Posted at 23:12 / キャンプ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!