の塵(ちり)によって大きく影響される火星の気候につい

October 01 [Wed], 2014, 12:22
【AFP=時事】火星の表面では毎日のように強風が吹き、その力によって変化の激しい砂丘の地形が形成されているとの研究論文が、30日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載されたこの風により形成される地形は火星探査に大きな課題をもたらしているという

【特集】キュリオシティーが見た火星

 風が火星の地形と気候を形作る要素の一つになっていることは以前から知られていたこの風によって発生する砂塵(さじん)嵐は地球から観測されることもある

 だが火星の風の強さ、頻度、起源などに関するデータはこれまで不十分で、砂を動かすほどの強さの風は、火星のように大気が薄い惑星ではめったに発生しないだろうと多くの専門家らは推測していた

 論文の共同執筆者の一人、米カリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)惑星科学部のフランソワ・アユーブ(Francois Ayoub)氏は、AFPの取材に「火星の砂丘は現在も移動しており、その移動速度は季節によって異なることが観察されたこれは、火星の地形はほとんど変化せず、砂を動かす風はめったに発生しないという広く受け入れられている見解と相反する結果だ」と語る

 アユーブ氏を含む米国と英国の科学者らによる共同研究チームは、ニリ・パテラ(Nili Patera)砂丘地域の約40平方キロに及ぶ領域で火星の1年(687日)にわたり撮影された多数の衛星画像上で、砂紋の位置のずれを測定した

 アユーブ氏は、「この測定結果から、砂の流量とその季節変動を推定した」としワシントン=加納宏幸】オバマ米大統領とインドのモディ首相は9月30日、ホワイトハウスでの初の首脳会談後に共同声明を発表し、中国が海洋進出を強める南シナ海をはじめアジア太平洋地域の領有権争いによる緊張の高まりに「懸念」を表明した米印と日本の3カ国の対話が重要であることを強調し、日米印外相会談の実現を目指すことでも一致した

 両首脳はアジア太平洋地域での平和と安定を守ることが共通の利益であり、南シナ海などでの海上の安全を確保し、航行・飛行の自由を守ることが重要となることを確認した

 具体的には、インド海軍に対する技術協力の強化や、米印両国の海軍や海上自衛隊が洋上で行う合同演習「マラバール」を発展させることを通じて、海洋安全保障での協力を強化することに合意した

 安全保障分野ではこのほか、来年に期限切れを迎える米印軍事協力の枠組みを10年間延長するため協議を進めることでも合意イラク、シリアで勢力を拡大するイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」などのテロ組織の脅威に対処するため、情報共有を含めたテロ対策分野での協力を深化させることも確認した

 オバマ氏はインドが希望する国連安全保障理事会の常任理事国入りに改めて支持を表明したまた、米印原子力協定に基づき米国製原発のインドへの導入を促進することも確認気候変動や宇宙開発で協力を促進することでも一致した
「火星上の風は強風になる場合があり、ハリケーン並みの風速(時速120キロ以上)に達することもある」とアユーブ氏は指摘「今回の調査対象地域では、砂を動かす風は(1年の大半を通して)ほぼ毎日発生している」と付け加えた

 地形の浸食率や大気中の塵(ちり)によって大きく影響される火星の気候については、火星の風に対する理解を深めることで科学的な予測が可能になると考えられる

 これらのデータは、将来の火星探査車ミッションへの一助となるかもしれない

 アユーブ氏は、「風と砂による負荷の正確な予測は、探査車がそれへの備えなしに『砂嵐にさらされる』のを回避するために重要になる」と説明しているこの風によって発生する砂塵(さじん)嵐は地球から観測されることもあるシリコンケースこの風によって発生する砂塵(さじん)嵐は地球から観測されることもあるシャネルiphoneケースこの風によって発生する砂塵(さじん)嵐は地球から観測されることもあるシリコンケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/fdgdxgf/index1_0.rdf