« 田母神氏「日本、技術力で復活できる」 | Main | ローソクも垂らす?クリッシー・チャウが写真集第2弾で「ヌードも」―香港 »
任天堂が6日ぶりに反落、国内外証券の「強気」見通しも“空振り” / 2010年03月29日(月)
 任天堂 <7974> が6日ぶりに反落。「ニンテンドー3DS」の発売計画を発表し、一段高に買われたが、利益確定売りが先行している。ゴールドマン・サックス証券が新規に投資判断を「買い」、目標株価39000円に設定したほか、大和証券もレーティングを「3」から「2」に引き上げたが、売り優勢。

 この5日間で2割上昇しておりいったんはスピード調整的な下げがあってもおかしくないタイミングで、国内外証券から「強気」見通しが出たため「材料出尽くし」の格好となった。(編集担当:山田一)

【3月29日9時20分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000006-scn-biz

Posted at 12:28/ この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/fdablefescmhst/archive/22
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
   
Powered by yaplog!