幼児の運動能力向上は胎教から・・

2015年10月03日(土) 9時51分
先日、文部科学省後援・公益財団法人日本スポーツクラブ協会主催の講習会を受け、レポートを提出し、先月末に「子ども身体運動発達指導士」の認定をいただきました。

受講されている方々の多くは、スポーツクラブや幼稚園・学校・地域などで子ども達に運動を指導なさっていらっしゃる先生方で、中にはその業界の著名な先生も受講されていたようでした。

この資格ができた背景には、日本の子どもの「体力低下」「運動する子としない子の二極化」「生涯にわたって運動に親しむ資質や能力が十分に図られていない例がある」という問題があります。

「生涯にわたって運動を楽しむことができる」人の増加は、健康維持できる高齢化社会の実現につながります。
少子化・介護という暗いイメージを払拭できることでしょう。

私がこの講習会で学んだことは、

「生涯にわたって運動を楽しむことができる」ようになるためには、幼児期の運動遊びが大切だということです。
身体を動かすことが、お母さんやお父さんと一緒に→お友達と一緒に楽しくできること。
小学生になっても苦手意識を持たせないことがとても重要なポイントです。

子どもの運動・精神発達に影響を及ぼす因子には、遺伝的要因と環境要因があり、寄与率は各50%だそうです。

また、子どもの成長には個人差があるけれども、子どもの発達の道筋や順序性には共通して見られる特徴があるため、子どもの適切な時期に適切な刺激を与えることが必要です。

10から12歳の時期の神経系の発達は、スキャモンの発達曲線から「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、5歳から12歳までの時期は、運動発達の遅れを取り戻すチャンスの時期。

幼児を子育て中のお母さんお父さんは、保育園や幼稚園の先生や地域のスポーツクラブの指導者と連携しながら、「楽しめる心の安定→遊びとしての運動→毎日60分以上」を行っていくことが理想と言えます。


助産師の立場から子どもの運動について考えると、

女性が安産するためには、骨盤が類人猿型骨盤から女性型骨盤に変化する必要がありますが、「現代女性の骨盤の多くは類人猿型をしている可能性がある」ということが分かってきました。そこには、昔と今の生活習慣の違いが指摘されています。

骨盤が完成する15歳頃までに、しゃがんだまま遊んだり、ジャンプしたり、走ったりして骨盤周りの筋力をつけることが骨盤を女性型に変化させるのではないかと考えられています。

また、妊娠とともに腰痛や不快症状を訴える女性が増えており、筋力低下などにより骨盤や身体のゆがみのある女性が増えていることが推測されます。
このことは、胎児の胎勢にも影響し、出生後の児の身体のゆがみをつくります。

つまりは、運動しにくい身体の子どもが増えているのではないかと考えます。

妊娠中から骨盤ケアによって身体を整えることは、生まれてくる子どもの運動のしやすさにも影響すると思われます。骨盤ケアも胎教の1つとして取り入れていただき、「生涯にわたって運動を楽しむことができる」子どもにするための育児の一環と考えていただけると良いと思います。

子どもの運動には、子どもの年代によっていろいろな職種の方が関わっていますが、
健康維持の立場から、いろいろな職種の方とつながっていけたら、より効果的のように思います。












子ども身体運動発達指導士養成講習会に行ってきました☆彡

2015年08月23日(日) 21時20分
文部科学省後援、公益財団法人 日本スポーツクラブ協会認定の子ども身体運動発達指導士養成講習会に行ってきました。

子ども身体運動発達指導士に期待されていることは、
日本中に、運動することが大好きな子どもたちを増やすことです。

「子どものできること(身体を動かすこと)を、できるものから、広げていこう。
子どもが楽しみながら行えるように工夫しよう。」と、いうことを3日間学んできました。

もっと早くに知っていたら、我が家の子どもの運動能力をあげることができたかもしれない・・と思いますが・・(笑)

興味がある方は、骨盤ケア教室で声をかけてくださいね。ヽ(^o^)丿

運動会

2008年05月03日(土) 18時30分
私は、小さい頃から自分の運動会は嫌いでした。足が遅いので早く終わって欲しいとしか考えていなかったと思います。
 
 しかし最近、娘の中学校の歴代の答辞や発行された『あゆみ第51号』を読み、また、開成中学の運動会が、1学年1競技であるのに1年かけて準備を行うすごいものであるということをテレビで知り、運動会の競技が子どもたちに与える、頑張り・団結感・絆・感動などの効果が大きいものであることを感じました。

 以下は、『あゆみ第51号』に掲載されたozekiさんの文章です。
中学生の視点で、その気持ちが表現された文章です。運動会をこのようにとらえていることが感動的であったので、掲載させて頂きました。(・・・は略)
  

「 今日が本番ということは、今日が最後ということでもある。
 ・・・
 確かに‘本番’という場は今までの努力が集合した‘完全’であるから、とても華やかだし盛り上がる。観客にはその‘完全’なものしか見せてはいけない。
 でも、私たちが‘存在’したのは、努力した時も、本番も、すべてなのだ。
私たちがもっているものは、本番の華やかさや盛り上がりだけでなく、そこに至り付くまでの苦しみやあせりやそのほかの様々な気持ちすべてなのだ。
 
 たとえば、朝早く起きて大むかでの練習でひざに傷をつくって、
それでも合わないから放課後練習していろいろなかけ声を考えてまた転んで、
次の日も早く来て校庭の砂まみれになってひじに傷をつくって、
体操着が茶色と赤で汚れて・・
なんてことは、
洗ってまっしろになった体育着をきて
決められたかけ声とともに
ばんそうこうやガーゼのあてられた足を前へ踏み出す所を
みている観客には分からない。
 
 ・・・観ている人が運動会を‘すばらしかった’とか評価できるのはそれ相応の努力があったからなのにその努力は表に出てこない。
表に出てこないくせに大事なのだ。
 
 運動会は、観るよりやる方がいいと思う。練習の時はつらいと思っても、終わってしまうとそのつらい練習がなくなるのが寂しくなる。そんなおもしろい体験はやっている方にしか分からないから。」


 むかでの練習で、歩調が合わないことの巻き添いになって何度も転んで、それも誰がどこでどう合わなくなるなんて予想がつかないから、思いっきり引っ張られて転んで、カットバンでは足りないくらいの大きな傷をつくって、ガーゼをあて、サポーターをあて、それでも誰にも文句も言えず、痛みをこらえて頑張っている姿・・を思い出します。

 中学校の教科書の保存のためにアルバムを別の場所に移動していたら、平成17年9月29日発行の保育園の年長クラス便りが出てきました。
 ここにも、運動会にむけて頑張る子どもの姿があります。中学生とは違って、個人的な頑張りであり、また運動を頑張るためには、まずは心をふるい立たせないと前向きに頑張れない姿が、そこにあります。

 <竹馬>
 竹馬を始めた頃のこと。皆、おもしろそうだなと、と遊んでいました。A子ちゃんは、わりと早くから一歩、二歩、と、歩いていました。もちろんそれは、本人の努力があったのですが。
 
 運動会で何をやりたいか、という話し合いの時、竹馬に興味を示していたこともあり、またこの子ならできる、という見通しのもと竹馬に決めました。
 でも、そのあとしばらくの間は、四歩くらいヨタヨタと歩いて倒れてしまい、それ以上なかなか上達しませんでした。とび箱が面白くなってきた事もあり、Aちゃんは竹馬から遠ざかりました。おうちではお母さんに「なかなか上手くならないんだ」と、つぶやいたようでした。お母さんは、「縄跳びか他のものに替えてもらえば?」と言ったそうです。でも、担任には言ってきません。他のお友達はどんどん距離を伸ばしていきます。しばらくはわざとのように、いつもはしないような遊びをすることもありました。でも、心の中はいつも竹馬のことが気にかかっていたのです。
 
 運動会まで10日となったある日、担任が、何となく遊んでいたA子ちゃんに、「竹馬やろう」と持ちかけました。「今は、他の事をやっている」と、やりすごそうとしたので、今度は少し強く誘いました。すると、ものすごい形相になって、「やるよ、やる、やりゃいいんでしょ」と、竹馬に‘とびついて’きました。まさに腹をくくった、といった感じでした。担任はしめた!という思いです。そのあとは、担任とマンツーマンで汗だくになっての練習です。後半は「ゆっくり」とか「前に出て」など、時々声をかけるだけでA子ちゃんひとり黙々とやっていました。そのあと短時間で運動会でやる距離(5メートル)を見事に歩きました!ちょっといやだけど、やりたい、出来るようになりたい、そういう心が、担任の誘いで後押しされるかのようにものすごい形相で立ち向かっていく力になったのでしょう。
 
 人は目標を持つとすごい力を発揮します。年長組みの子どもたちもそれぞれの子が、それぞれの目標をもって動いています。運動会では、自分の中に目標を持ち、その成果を形にしてお見せします。どうぞお見逃しなく、そして、うーんとほめてあげて下さいね。あちこちで今、年長組みは1つまたひとつ、と、ドラマが生まれています。

<縄跳び>
 Bくんは、初めてのことには、『なんかいやだなー』と、すぐには飛びつかないところのある子でした。なんか『大変そうだな』と思うと、背を向けてしまうこともあり、縄跳びがまさにそれでした。ずいぶん長いこと、「縄跳びしよう」と言われると、「えー」と顔を曇らせていました。「やろう」と言われれば少しは‘縄を持つ’のですが、いつのまにかいなくなってしまうという感じでした。
 
 運動会10日前くらいのことです。『もう逃がさないぞ』と、担任は正面から向かい合いました。Bくんは、少しやったら何とか逃げられるだろうと考えていたかもしれません。ところが、この日はちょっとキビシかった・・。
「前に来たら跳ぶ」「やめないで続ける」とはりつかれました。すると、だんだん分かってきて、少しずつ跳べるようになってきたのです。そうしたら、担任が言わなくても、汗をかきかき、自分から跳ぼうとするようになってきたのです。今では、縄をもって庭に飛び出していきます。

 そして、次にはとび箱の5段を、「やりたーい」と言い出し、難なく跳んでしまいました。『すごい!』のひとことに尽きますね。
 今日は、伸び悩んでいるお友達に、「がんばれば跳べるぞ」と、側につきっきりでアドバイスしていました。まさに、余裕!ですね。

<余談>
 朝涼しい日、子どもたちが、シャツや長袖、長ズボンを着てくると、たくさん遊んで汗をかく時があります。そのような時子どもに、「半袖や半ズボンに着替えたら?!」と声をかけます。
すると、ほとんどのお子さんが、「だって、ママがあー、(‘着ているのよ’と言ったあー)」と言います。『はあ・・。』(-.-;)『お母さんは偉大です!』
 一日の中でも、気温や天気は変化します。しかも、子どもたちは走り回って遊びます。担任は、子どもたちが‘自分で考えて判断できるように’声かけをしています。朝、「寒いから着なさい、」と言った後に、「暑くなったら、脱いだり、着替えたりしていいよ」と言ってあげてくださいねー。
 
 子どもたちの服装は、大人よりも1枚薄着で大丈夫です。朝夕気温が低い時は、カーディガンやベストなどで調節するといいですね。
 それから、夏は、昔より地球のオゾン層が薄くなっていて地表に届く紫外線も多くなっていることから防御のためにも、また、わきの下の汗の吸収のためにも、子どものTシャツは、ランニングタイプのものではなく、袖のあるものを着せてあげた方がよいそうです。

                   




 
よりもの方が良い 

 
子どもと正面から向き合って、子どもを伸ばしてくれる保育士さんの存在は、とてもありがたいですね。o(^-^o)

2008年5月3日追記 
 先日家庭訪問があったので、リビングのパソコン周辺を整理していたら、平成17年10月3日・4日発行の保育園の年長のクラス便りを見つけました。上記の続きですね。この年の担任の先生は、『真剣に子どもたちと向き合い、本当に子どもたちと一緒に感動を分かち合ったのだなあ』と、感じます。

10月3日発行便り 運動会3日前・・・!
 
 年長組みは、かわいい組体操ととび箱4段を全員で行います。その他に、竹馬・大縄跳び・とび箱5段などは、各自自分が選んだ種目に挑戦します。

 運動会も近くなってきた頃、竹馬チームは、乗って歩くことが出来るようになると、いわゆる‘なかだるみ’になりました。とび箱が面白くなって来た事もあり、「5段のチームに移りたい」と言ってくる子が増えてきたのです。そこで、竹馬の高さを、今までの2倍くらいの高さにしました。ちょっとびっくりするくらいの高さでした。竹馬チームは、目を輝かせて、次の課題にとびついてきました。そして、皆、猛練習を始めました。

 そんな中、それを見ていたC子ちゃん‘とび箱5段’なのですが、竹馬をやってみようと思い、使っていない低い物を出してきて練習を始めました。
 それを見ていたD子ちゃん、「C子ちゃん、竹馬じゃないでしょ!」と強い口調で言いました。竹馬は自分たち竹馬チームのものという気持ちがあったのでしょう・・。
 担任は、誰が何を練習しても良いことを話しました。
 C子ちゃんは、高い竹馬に挑戦したいという希望があったので、担任は竹馬の高さを調節してあげました。
 D子ちゃんは、「いきなり高くしてできるわけないじゃん」と言い残し、他のことで遊び始めました。
 その後、C子ちゃんは、歯をくいしばるようにして、ものすごい形相で竹馬をやり始めたのです。『負けるもんか、絶対に乗ってみせる』とでもいうように・・です。ひっくりかえってもまた立ち、歩けたと思うとまた落ちを繰り返していました。そして、30分ほど経った頃、1メートルくらい歩けるようになり、ずーっと見守っていた担任が「やったー!」と思わず声をあげると、張り詰めていた緊張がほどけるかのように、半べそのようなくしゃくしゃな顔になったC子ちゃんでした。

 担任がやれと言ったものではなく、子どもの前に魅力あるものを出しておけば、必ず子どもはとびついてきて挑戦する、そんな場面でした。
 そして、子ども自身が‘やる’と決めた時には、子どもはものすごい力を出すということを改めて実感し、そんな子どもたちの姿に感動させられっぱなしです。

10月4日発行便り 

 Eくんは、ひとり跳びの縄跳びに苦しんでいます。
 お友だちが跳べるようになって来ておもしろくなって来た頃、横目で見つつも、なかなかやろうとしないでいました。担任が「やろう」と誘うと、なんとか縄を持ってくるのですが、『ちょっと、いやだなあ・・』といった表情を見せます。でも『やらなきゃなー』と思っていることも伝わってきます。担任と一対一でやっている時は良いのですが、担任が他の事をしていると、するりと抜け出ていきます。ここ何日かは、それでもやってはみるものの、本気でないのは明らかでした。どこか『やらされている』という感じもあり、さらにお家でも、『Eくん一人だけができないのではないか』と心配したお母さんに、「がんばって練習しようね」と‘励まされた’こともあり、精神的には‘追い詰められた’状態になっていたようでした。
 
 その頃担任は、少し強く言って一対一でやってみたり、『どうしたいのか』本人の出方を見ようと、待ってみたりもしました。
 ある時担任が、「Eくんはとび箱が上手なのだから、自信を持って運動会に出ればいいんだ。なわとびはやめても良いよ。」と話をしました。Eくんは、じっと担任の目を見つめたまま、‘うん’とは言わず、その日は帰りました。担任としては、追い詰められつつあるEくんを少し‘らく’にしてあげようと考えた訳です。

 Eくんは、お母さんに「先生がとび箱が上手だから良いよって言ってた・・」と伝えたそうです。

 次の日担任は、「縄跳びをやらないで運動会に出る?」と聞いてみました。
すると、「(縄跳び)・・やる・・」との返事が返ってきたのです!そして今日、真剣勝負でやり始めました。近くでお友だちも応援してくれて、「オレの時も初めはひっかかったよなー」などと励ましてくれています。
 担任と向かい合うこと約10分。運動神経も良い上に、真剣に取り組んだことで、2回3回と跳べるようになり、5回まで跳べるようになりました。側にいたお友だちも「やったじゃん」と、喜んでくれています。もちろん本人もとてもうれしいことは言うまでもありません。
 今夜はきっと「がんばったね。えらかったね」と、うーんとほめてもらって、ぎゅーっと抱きしめてもらっていることと思います。

 私たち担任は、子どもたちに‘体で感じ、そして考えて欲しい’と思っています。‘目標を持って頑張る’その姿が大事なんだということを。
 運動会は、その日、その時の‘一瞬’(のようなもの)であり、そこまでの経過が子どもたちを成長させるものであることを知ってもらいたいと思っています。
あれはできなくても、‘これはとても頑張ったからできるぞ’と、自信を持ってもらいたいと考えています。
 そして、お友だちに分かってもらうことも、担任にほめられることももちろんうれしい事ですが、何よりも、自分の親に認めてもらい、ほめてもらうことが一番だという事を改めてつくづく感じている担任です。

子どもたちの小学校の運動会前の練習を振り返った時、もしかしたら小学校の練習が一番時間数が少ないかも知れないなと思います。保育園は遊びの中で練習するし、中学・高校は、朝・夕授業時間外に皆で集まって練習しています。体育の限られた時間内で行う小学校では、競技の方法を理解することだけで終わっているように思います。紅白対抗の団体競技などは、‘勝つための作戦を皆で考える’くらいのレベルまで導いてあげると、より団結力や絆が増して、子どもたちの成長をより促す行事になるだろうな・・と、自己中心的な部分も協力することを学ぶことによって、好ましい方向に変化していくのではないのかな・・と、上記のお手紙類を読んで思いました。

[お世話になった素材屋さん] アップルパイン様 素材のプチッチ様  にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
最新コメント
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年08月16日)
アイコン画像佐々木
» 産後の骨盤ケア教室始めます♪ (2018年08月12日)
アイコン画像佐々木
» 産後の骨盤ケア教室始めます♪ (2018年08月09日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年07月17日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年07月01日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年06月27日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年06月21日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年06月13日)
アイコン画像佐々木
» ベビーローション (2018年06月11日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年04月27日)
https://yaplog.jp/familys_dream/index1_0.rdf