たばこの害 (>_<) (-。-)y-゜゜゜

2006年10月15日(日) 10時54分
            (>_<)  たばこの害 (-。-)y-゜゜゜

 asahi.comの2006年10月03日のニュースで、千葉県が幼稚園から禁煙教育を始めた事が書いてありました。「県と市民団体‘たばこ問題を考える会・千葉’が協力して、希望する園や学校で45分授業をする。小さいうちから、たばこの害を知ってもらい、将来の喫煙人口を減らすのがねらい」だそうです。
「2006年1月に実施した千葉県の高校生約4千人を対象にしたアンケートでは、『たばこを吸っている』『吸った事がある』が2割強。吸い始めた時期は『中学から』が半数で、『小学生から』も2割近くいた」そうです。
たばこを1本吸うと、寿命が約5分30秒縮むという研究結果もある」そうです。

 たばこの害についてあげてみます。

・ 発癌性物質が60種類入っている。肺癌・咽頭癌・喉頭癌・舌癌になりやすい。

・ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)…慢性気管支炎や肺気腫などの咳・痰・息切れなどの症状が出る肺の病気を合わせてこう呼ぶ。放っておくと呼吸不全や肺癌に進行してしまう。現在世界の死亡原因の6位。(近い将来3位になると予測されている)原因の第1位は喫煙(約90%)。喫煙者の約15%がかかっている。特に1日20本以上の喫煙を30年続けた場合危険度が高いと言われている。

・ 血栓症・・狭心症・心筋梗塞・脳血栓・大動脈瘤・・血管を老化させ動脈硬化を促進させ、血液の流れを悪くする。

・ その他の病気…十二腸潰瘍・メタボリック症候群(肥満、耐糖能異常(高血糖)、高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症、高血圧。このうち3つが重なれば同症候群で、相乗的に動脈硬化を一段と進行させる原因となる)など。

・ 口臭の原因・歯周病の発生…歯周病とは、細菌によって歯肉が炎症を起こし、歯肉の下にある骨(歯槽骨)が破壊され、歯がグラグラになり、最後には歯自体は何ともなくても、歯が抜け落ちてしまう病気である。喫煙者の口の中はタバコの影響のために血行が悪くなり、歯茎もタールが沈着して黒くなる。タバコを吸うことで口の中が酸欠状態になり、歯周病菌が活発に活動する環境となっている。このように歯周病や歯槽膿漏といった病気はタバコを吸い続ける限りは、悪化するしかしないと言われ、歯医者さんで治療しても完全に良くならない。

・ たばこは美容の大敵…
 * 肌がカサカサになる。たばこを1本吸うことで、ビタミンCが25ミリグラム失われる。仮に1日に1箱(20本)数と仮定した場合、約2gものビタミンCが消失することになる。つまり健康を保つために必要とされる50mgの40倍ものビタミンが破壊されるので、毎日ビタミンC不足になる。
 * タバコを吸うと血液も老化する為に、シワや老化が進んでしまう。
 * 歯にヤニがくっつく為に、歯が黄色くなる。
 * 女性ホルモンの分泌が低下し、うるおいがなくなる。
 * 髪の毛や服がニコチン臭い。これは喫煙者にはわからないが、非喫煙者にはわかる。

・ 精神面への悪影響…うつ病?ニコチンは精神安定の作用がある一方、吸い過ぎると逆に気分が落ち込み、自殺の引き金になると考えられるそうだ。「高知大学医学部の教授らが自殺とニコチン濃度の関係を明らかにした。司法解剖した遺体について血中のニコチン濃度を調べたところ、自殺した人の血液中のニコチン濃度は、事故や病気で死亡した人に比べ約3.5倍も高いことが判明。」禁煙奮闘日記を書いている方も吸い過ぎた時は突然やる気を失う時が有ったと書いている。(下記にアドレスあり)

・ 妊娠時の喫煙は、胎児への血流を悪くして、低体重時を出産する可能性が高くなる。妊娠している事で血栓症になりやすくなるのに、たばこの害が加わわる。

・ 子どもへの影響・・ブラジルのたばこのパッケージには次のような言葉が印刷されている。「喫煙者と暮らす子どもは、喘息・肺炎・副鼻腔炎・アレルギーなどになりやすい

 我が家の主人もヘビースモーカーです。そのためか、転居して道路沿いで密閉性のある生活を始めてから、子どもが副鼻腔炎になりました。換気はするけど、外の空気も汚いではダブルパンチだったようです。他の子はアレルギー性鼻炎になりました。その時期牛乳を水の変わりにがぶがぶ飲んでいた事も誘引したと思います。牛乳の量を1日コップ2杯までに減らし、合った薬を1週間飲んで改善しました。主人も最近アレルギー性鼻炎がひどくなりました。現在何度目かの禁煙にトライ中です。子どもたちの身体にも影響し始めたので、今回はぜひとも成し遂げてもらいたいとねがっています。

 「たばこが止められないのは、ニコチン依存症という病気の結果です。たばこの中のニコチンは、麻薬やアルコールと同じ依存性薬物です。急性ではありませんが、依存性の高さは、ヘロイン並と言われています。従って、長くたばこを吸っていた人が禁煙をするには強い意志が必要となります。…今年(H18年)4月より禁煙指導やニコチンパッチなどを用いた治療が、施設が限定されてはいますが(受診前にお問い合わせ下さい)、保険診療可能となりました。」

 たばこ代もさることながら、病気になった時の苦しみや経済的損失、部屋の汚れを掃除する負担や壁紙のリフーォム代など、百害あって一利なしのように思います。女性の喫煙者も増えているようですが、食欲を低下させて太るのを予防する為に、これらの害を蓄積させるのはいかがなものでしょうか。ストレス解消法は他にも最近はいろいろありますよね。たばこにかけるお金をそちらにかえてはいかがでしょうか。
 
 親が吸っていると子どもでも容易にたばこが手に入る環境をつくります。禁煙のHPを作っている方も、1本ためしたことによって深みにはまって行ったと書いておられます。親がたばこの害を熟知して子どもに伝え、子どもが手を出さないよう育児していく必要を感じます。

 その他の資料 禁煙奮闘日記 
           「コンフォートクラブ」平成18年9月5日増刊号
           練馬病院発行「ハローホスピタル」
[お世話になった素材屋さん] アップルパイン様 素材のプチッチ様  にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
最新コメント
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年09月15日)
アイコン画像佐々木
» 産後の骨盤ケア教室始めます♪ (2018年09月02日)
アイコン画像佐々木
» 産後の骨盤ケア教室始めます♪ (2018年08月31日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年08月16日)
アイコン画像佐々木
» 産後の骨盤ケア教室始めます♪ (2018年08月12日)
アイコン画像佐々木
» 産後の骨盤ケア教室始めます♪ (2018年08月09日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年07月17日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年07月01日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年06月27日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年06月21日)
https://yaplog.jp/familys_dream/index1_0.rdf