L'Artisan Parfumeur「MON NUMERO 4」

January 20 [Tue], 2015, 7:00
2011年に発売されて以来、
No.8、No.9、No.10について掲載して参りましたが、
今回No.4が我が家に加わりました。

2013年12月13日、
日本未上陸だったNo.3、4、7、8が、
表参道本店及び公式オンラインショップで発売されたのは、
記憶に新しいところ。


私はその当時はNo.8を購入したのですが、
No.4は私が自ら纏うにはダンディすぎると思い、
購入しておりませんでした。

しかしながら、
パートナーが最近No.4を気に入り欲しがっていたため、
昨年のクリスマスプレゼントに贈ったのです。

L'Artisan Parfumeur
「MON NUMERO 4」
種類:EDP
調香師:ベルトラン・ドシュフール
容量:100ml
価格:¥20,000+税


アイリスやベチバーの香りがエネルギッシュな、
男性向けのNo.3。

インドからインスパイアされた、
オリエンタルな雰囲気を放つNo.7。

由緒あるフランスのパフューマリーへオマージュを捧げた、
ラグジュアリーなムードが漂うNo.8。

そして、No.4は、
ラベンダーやレザーでクラシックなムードを演出する香りです。

きれいな革靴を履いた紳士が、
理髪店で髪を髭を整え、
身だしなみの最後にNo.4を胸元に1プッシュ。
そんな光景が浮かんでくるような、
とてもダンディで清潔感のある香りです。

よりオーセンティックに、
凛とした男性像に近づきたい男性は、
まさにこの香りが背骨となって支えてくれるでしょう。

ちなみに、
実はこの香りを女性が上手に纏うコツがあります。
それは思いっきり女性らしいファッションと、
ボディケアで「シャッセ・オ・パピオン」を纏うこと。

パピオンのフェミニンな香りが、
肌の上でベースとなるため、
No.4のボトルからは紳士が顏をひっこめ、
素肌にジャケットだけを羽織った女性が、
そっとポマードで髪をなでつけるような、
ひと噴きを感じることができます。

女性らしいファッションに合わせることで、
まさに「ギャップ」を演出できますよ。
ふわふわした雰囲気で、香りは凛とダンディに。
そんな遊び方は香りの上級者に見せることも可能。

MON NUMERO=私の数字は、
数に縛られることなく、
様々な方程式を自分で作り出すことができます。
香りの世界が無限であることを、
より感じたコレクションです。

No.4は表参道本店に、
僅かに残っているかも?です。
気になる方はお店へチェックしに行ってみてくださいね♪

MON NUMERO 8
MON NUMERO 9
MON NUMERO 10


L'Artisan Parfumeur
http://www.artisanparfumeur.jp/


オーガニックコスメブログランキング
1日1回投票をよろしくおねがいします!

  • URL:https://yaplog.jp/fablog/archive/5033
メールフォーム
タイトル

内容
カテゴリ