L'Artisan Parfumeur「MON NUMERO 10」

January 06 [Tue], 2015, 17:20
2011年に発売されたライン"MON NUMERO"。
これまで当Fablogでは、
No.8、No.9についてご紹介して参りました。

MON NUMEROは、
古典的な調香のルールを壊し、
未知なる香りの世界を探求するというコンセプトのもと、
香水界の巨匠・調香師ベルトラン・ドゥショフールが、
2年の歳月をかけてクリエイションしたという、
芸術的な香りのコレクションです。

言葉では説明できない香りとして、
No. 1, 3, 4, 6, 7, 8, 9 ,10と、
数字で表現された8つの香りたち。
(No.2とNo.5は存在せず)

2011年に発売された当時この8つのナンバーは、
全世界にあるラルチザン パフュームのパートナーたちに、
それぞれひとつだけ、独占権とともに与えられ、
日本が受け取ったのはNo.9とNo.10。

とはいえ、No.10はバーニーズニューヨークでのみ販売。
ラルチザン パフュームの店舗やオンラインでは、
当時販売されなかった香りですが、
2014年12月に限定入荷、
(オンラインでは16本、表参道本店でも販売)
さらに速完してしまいました。

L'Artisan Parfumeur
「MON NUMERO 10」

調香師:ベルトラン・ドゥシュフール
種類:EDP
容量:100ml
価格:¥20,000+税


コレクションの最後を締めるNo.10は、
旅の終わりに深い印象を刻む、
センシュアルな魅力あふれるフレグランス。
いとも簡単に誰もが虜になってしまう優美なあたたかみ、
弾けるような高揚感、
それはずっとあなたが探し求めていた、
記憶に残るオリエンタルパフューム。
美しい夜会服のように胸躍らせる特別な香り。


<Head Notes>
ファンネル、ベルガモット、アルデヒド、
ピンクペッパー、シナモンエッセンシャルオイル、
カルダモンアブソリュート、
カブソウバ(パラグアイ原産の木)

<Heart Notes>
レザー、インセンス、ゼラニウム、
ローズエッセンシャルオイル、
ジャスミンアブソリュート

<Base Notes>
レザー、ムスク、ヴァニラ、ベンゾイン、
アンブレイン、ニオイムラサキ、トンカビーンズ、
アトラスシダー、シントラックスパイロジン、
ヒラシウム(岩狸の糞尿等から分泌される動物性香料)


私は試した、もしくは購入したMON NUMEROの中では、
No.10が一番好きです。
No.10に出会う前まではNo.8が一番でした。
さらに、No.1とNo.6は香りが分からないので、
判断つかない状態ではありますが…。

No.10は、ラルチザンの中でも、
「ジャスミンの香り」や「ローズの香り」など、
分かりやすく伝えることが難しいミステリアスな香りです。

あえて何かの香りを全面に出していないですし、
トップでベルガモットを感じた時には、
No.9の雰囲気を感じたり、
しかし急にグラマラスな花が咲いたり、
肌にすべるシルクのようになめらかに過ぎ去ったり、
どの香りもやわらかな主張で、
例えるなら、織物のよう。
幾重にも重ねられた糸が織りなす芸術なのです。

最近は、
Nol.10のように、
複雑でも風がすり抜けるようなすき間を持った香りか、
MIMOSA POUR MOIのようにミニマムだからこそ色気のある、
そんな両極(?)とも言える存在が好みです。

No.8、No.9、No.10となった、
我が家のMON NUMEROシリーズ。


実はこの後、もう1種増えることになります。
そちらはまた改めて…


L'Artisan Parfumeur
http://www.artisanparfumeur.jp/


http://www.artisanparfumeur.jp/special/2014_dec/

MON NUMERO 8
MON NUMERO 9



オーガニックコスメブログランキング
1日1回投票をよろしくおねがいします!

  • URL:https://yaplog.jp/fablog/archive/5029
メールフォーム
タイトル

内容
カテゴリ