肌のくすみやしみの原因

2015年04月17日(金) 5時59分
肌の広い範囲がくすむ場合と、肌全ての色が変わる場合、狭い部分のくすみなど、様々な肌のくすみがあります。有害な紫外線をメラニン色素によって吸収しようとする体の反応なのですが、ふつうは1~2か月でメラニン色素は消えます。

しみやくすみのない真っ白な肌を保ちたいという場合は、まずはどんな理由でしみやくすみができるのかを見極めましょう。そのため、生理前2週間はシミができやすい期間になります。

肌にシミができるのは、一度できたメラニン色素が排出されずに残ってしまうためです。血液が十分に酸素を運搬しきれていないと、何となく血色が悪く見えます。

くすみやしみは年齢を重ねるとともに気になるのがお肌のトラブルです。けれども、紫外線による肌の影響が、くすみと密接に関わっています。

なぜ、しみ、くすみができるかは、解明されています。原因は、血行不足や、ターンオーバーの停滞です。

女性ホルモンの分泌は、しみの発生に深く関与しています。血色がよく、ピンクっぽい色合いの肌は、血流がきちんと行き渡っている肌です。

特に入念なしみ対策が必要になるといえるでしょう。紫外線が皮膚に当たると皮膚にあるメラノサイトという色素細胞が反応してメラニン色素を作ります。

肌のくすみやしみの原因とはどのようなものなのでしょうか。肌のくすみの正体は、古くなった角質層などです。

ピューレパール
  • URL:https://yaplog.jp/f75rlmjf/archive/3
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。