広末涼子さん、幼稚園に行く途中で接触事故(産経新聞)

March 26 [Fri], 2010, 21:36
 女優の広末涼子さん(29)が東京都世田谷区内で乗用車を運転中、別の乗用車に接触する事故を起こしていたことが19日、警視庁北沢署への取材で分かった。広末さんと、相手の乗用車を運転していた男性会社員(40)にけがはなかった。

 同署によると、広末さんは同日午前8時25分ごろ、同区大原の環状7号で乗用車を運転中、交差点付近で車線変更して右折レーンに入ろうとしたところ、前方で信号待ちをしていた別の乗用車の右後部に接触した。広末さんは、子供の通う幼稚園へ向かう途中だったという。

【関連記事】
永井大、広末への告白は「事故につながる」
相武紗季、15日JR目黒駅前で追突事故
広末涼子、男性には「私といて満足して」
超異例!哀川翔、事故った相手はaiko!
愛染恭子あわや…炎上沈没船に乗っていた

JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)
岡田外相、20日ハイチ訪問(時事通信)
<目薬>目パチパチはダメ 正しい点眼5%(毎日新聞)
停電、埼京線など4700人缶詰め=最長3時間25分運転見合わせ−架線にケーブル(時事通信)

司法試験合格「年1千人に減を」 兵庫県弁護士会、西日本初の決議(産経新聞)

March 26 [Fri], 2010, 9:19
 兵庫県弁護士会(春名一典会長)は23日、総会を開き、政府が「3千人程度」としている司法試験の年間合格者数について、「段階的に1千人程度にすべき」との決議案を採択した。同会によると、賛成224票に対して反対は74票で、同様の決議は西日本の弁護士会では初めてという。

 関係者によると、総会では「合格者数を減らすべきだ」とする意見が、「合格者数を維持すべきだ」とする意見を上回った。

 司法試験の年間合格者数をめぐっては今月10日、多重債務問題への取り組みなどで知られる宇都宮健児氏=東京弁護士会所属=が、弁護士の質の低下を理由に、司法試験の年間合格者数を1500人程度にするべきとの主張を掲げて、現執行部路線の継承を掲げた日弁連前副会長の山本剛嗣氏=同=を破って当選した。

【関連記事】
日弁連新会長 司法改革の定着に努力を
【橋下日記】(11日)「司法試験合格者を減らす案には大反対」
法科大学院の合格者ゼロ 姫路獨協大、募集停止を検討
法科大学院募集 初の5000人割れ
法科大学院「改善重点校」に14校 中教審、12校は「改善継続を」
20年後、日本はありますか?

<都議会>性描写規制の条例改正案で3会派が継続審議で合意(毎日新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴(毎日新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴(毎日新聞)
介護疲れで殺人未遂の被告に逆転無罪 大阪高裁(産経新聞)
<太陽光エネルギー>日韓がフォーラム 東京・新宿(毎日新聞)