<交通事故>乗用車同士が正面衝突、3人重体 京都・南丹(毎日新聞)

March 09 [Tue], 2010, 19:48
 7日午後3時50分ごろ、京都府南丹市園部町口人(くちうど)の国道477号で、同市園部町の藤井瑞正さん(20)運転の乗用車と、対向車線を走っていた福井県鯖江市落井町の無職、小谷恭平さん(79)運転の乗用車が正面衝突した。藤井さんと小谷さん、小谷さんの車の後部座席の小谷美智子さん(79)の3人が全身を強く打ち意識不明の重体。

 京都府警南丹署の調べでは、現場は片側1車線の直線道路。同署が原因を調べている。【熊谷豪】

【関連ニュース】
ひき逃げ:91歳男を逮捕 女性はね重傷負わせ逃走 熊本
ひき逃げ:新聞配達の63歳女性死亡 乗用車は逃走 兵庫
交通事故:ロバートの秋山さん、玉突きで軽いけが 東京
盲導犬事故死:育成費基に294万円賠償命令 名古屋地裁
名古屋ひき逃げ:同乗2人を処分保留 名地検「証拠不足」

<JR東日本>次世代新幹線「E5系」の列車名公募始める(毎日新聞)
<群馬4人死亡>拳銃使い心中・放火か…石材業者、負債1億(毎日新聞)
藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫(スポーツ報知)
<普天間移設>平野官房長官、検討状況のみ米大使に伝える(毎日新聞)
<放送法>改正案を閣議決定 通信と放送の融合を推進(毎日新聞)

<夫婦岩守>大しめ縄の御利益、夫婦岩のお守りで−−伊勢・二見興玉神社(毎日新聞)

March 09 [Tue], 2010, 4:28
 三重県伊勢市二見町の二見興玉神社は、夫婦岩に張られていた大しめ縄のわらを使った、お守り「夫婦岩守」をつくった。

 夫婦岩には長さ35メートル、直径10センチ、重さ40キロのしめ縄が5本あり、年3回張り替えられている。外した大しめ縄は、おはらいをして焼却していたが、参拝者から「持ち帰って御利益を頂きたい」との声が多く、お守りに役立てることにした。

 お守りは縦5・5センチ、横3センチの木製。浮き彫りになっている夫婦岩の間には昨年12月の張り替えで外したしめ縄のわらを通した。また、真ん中には岩の間から昇る夏至の太陽か、冬の月を表した真珠も埋め込んだ。1体800円。

 同神社は「家族や恋人など大切な人とのきずなを固く結んでいただければ」と話している。問い合わせは同神社(0596・43・2020)。【木村文彦】

〔三重版〕

【関連ニュース】
<こんなお守りも>エミューの羽根で「恋のお守り」 鹿児島・平川動物公園
<こんなお守りも>金運呼ぶか、イノシシのたてがみ入りお守り
<フィギュアスケートの織田信成選手は>お守り10個で“いざ出陣”

予算案、今夕衆院通過=委員会で可決へ(時事通信)
<ミニカー>プラチナ製トミカ 700万円(毎日新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
<バンクーバー五輪>話題の選手や競技「特需」は(毎日新聞)
<寒緋桜>淡いピンクの花がもう満開−福岡の神社(毎日新聞)