調理実習中に小5女児やけど=ガスコンロから引火−大阪(時事通信)

March 02 [Tue], 2010, 12:55
 24日午前11時35分ごろ、堺市中区土塔町の市立東百舌鳥小学校で、5年生のクラスが家庭科授業で調理実習中、ガスコンロの炎が女子児童(11)のエプロンに引火した。児童は病院に運ばれ、背中に2週間のやけどを負った。命に別条はないという。火は女性教諭(50)によって消し止められ、ほかにけが人はなかった。府警西堺署は、教諭や助手の女性らから事情を聴いている。
 同署によると、3、4時間目に白玉だんごを調理中、教室内の各テーブルでガスコンロを使用し、鍋でお湯を沸かしていた。女子児童がテーブルに背中を向けて級友と話をしていたところ、エプロンに引火したとみられる。 

<皇太子さま>雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)(毎日新聞)
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
中日のネルソン投手、銃刀法違反で逮捕(産経新聞)
<JR京浜東北線>品川駅で男性転落し死亡 3万人に影響(毎日新聞)
水俣病 関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)

ミンゲレリア人

March 02 [Tue], 2010, 0:03
ミングレル人(19世紀)ミングレル人(Mingrelians)はグルジアの少数民族であり、主にグルジアのサメグレロ(ミングレリア)に居住している。また多くがアブハジアとトビリシに居住している。およそ18万人から20万人のミングレル人が1990年代初期に発生したアブハジア紛争とそれに続いたアブハジアからグルジア人を駆逐する民族浄化の結果、アブハジアから追い出された。ほとんどのミングレル人はミングレル語とグルジア語の両方を話すが、グルジア文字のみを使用する。歴史1930年代までミングレル人とスヴァン人は独自の人口統計が取られていたが、それ以後は広義のグルジア人に含まれるようになる。ミングレル人はマイノリティでありながら、民族主義的な人物も多い。それがメラブ・コスタヴァやグルジアの初代大統領ズヴィアド・ガムサフルディアであった。そのため、サメグレロは1991年末の反ガムサフルディアのクーデター結果発生した内戦の舞台となった。この内戦ではガムサフルディア側が敗北した。著名なミングレル人ラヴレンチー・ベリヤ(スターリン時代の秘密警察長官)コンスタンチン・ガムサフルディア(20世紀のグルジアでもっとも影響力のあった作家)メラブ・コスタヴァ(グルジアの国民的英雄)関連項目グルジア人の一覧ロシア人の一覧 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%AB%E4%BA%BA」より作成カテゴリ: グルジアの民族 | アブハジア

<滑川市長選>前市議の上田昌孝氏が初当選(毎日新聞)
<京大病院>殺人未遂容疑も視野に 高濃度インスリン検出で(毎日新聞)
首相動静(2月5日)(時事通信)
ハイチの自衛隊緊急医療援助隊が13日で撤収(産経新聞)
知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕−奈良地検(時事通信)