クラッシュ

July 24 [Mon], 2006, 22:27
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が極限にまで高まるアメリカのロサンジェルスを舞台に、次々と引き起こされる“衝突”の連鎖によって運命を狂わされていく人々の姿を多彩な俳優陣の豪華競演で描き出す。

遂に観ました!人種差別という重たいテーマなのに、全体的に解り易く作ってあってとても観易かったですぅ!しかも登場人物が多いにも関わらず、キャラ一人一人が丁寧に描かれていて驚きました!コレが3時間の長編だったらあたりまえなんだろうけど、2時間弱の作品でここまで映し出せるってすごい!とにかく全体的にバランスがよく、うまく纏まっていたと思います!この作品のテーマは人種問題・・・私にはいまいちピンとこない。それは日本から出たことないし、差別をうけた事がないから・・・。でも確実に世界中のいろんな所で人種問題というけして終わる事のない差別が続いている・・・。その中に私が飛び込んだらどうなるだろう・・・考えるだけで怖い・・・。それぞれの人種に持ったイメージだけで良い様にも悪い様にも判断される。同じ人種でも差別は間違いなくある・・・って考えるといろんな人種が集まれば対立は起こる。少しでも偏見があればそういう目でみてしまう・・・話しもした事なければ、その人の事を何も知らないのに全て見た目で判断される・・・悲しい現実だ。と、コレを観終わって色々と考えさせられました。うぅ〜ん何を書いてるか分かんなくなっちゃった・・・なんか纏まらない・・・。このたくさんのクラッシュの中でクリスティンに猥褻行為したライアン巡査が彼女を助けるシーンはホントよかった。もう少し見せて欲しかった気もするけど。あと透明マントでパパを守ろうとするシーンに涙が止まりませんでした。透明マントを娘に着けてあげるところはすごく温かかったです。なんといっても俳優陣の演技が細かい所まで行き届いてて凄くよかったと思います!それぞれのキャラにあってました!とても重たい作品だけど、一人でも多くの人に観てもらいたいです!そして何か感じて、考えてほしいと思いました!こういう作品のわりに時間も短いのでオススメですぅ!
  • URL:https://yaplog.jp/extremelife/archive/344
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
リリー
こんばんわぁ〜☆
TBコメントありがとぉ〜ございまぁ〜す!

確かにとても重たい作品ですよねぇ
全体的に救いようの無いつくりだったらキツかったですが
少し希望が見えるラストになっていたので
観て良かったなぁ〜と思いました!
実際世界中で人種問題がいろいろな形であるんだと痛感しました
September 08 [Fri], 2006, 1:48
こんにちわ!
TBさせて頂きました。

よく考えられたSTORYだし、これだけ多くのイイ俳優陣なので
優れた作品なんだと思うのですが、個人的には非常に重くって
ちょっとツライ映画でした。

今後とも宜しく御願い致します。
August 27 [Sun], 2006, 3:29
りりー
■■■ダーリンさん■■■
こんばんわぁ〜☆
わっ!2回観られたんですね!
私はまだ1回しか観てませんがとても素晴らしかったです!
2時間弱と短い時間で、たくさんのエピソードとキャラをとても丁寧に描いていたのでとても驚きました!
内容も人種差別という重たいテーマの中に温かさ、希望が見える作品に仕上がっていましたね
正直言うと、ミリオンダラー〜の印象が強かったので、最後まで救いようがなかったらどうしよぉ〜と思っていたのでホッとしました^^

■■■YOSHIYU機さん■■■
こんばんわぁ〜☆
重たい話しの中に温かい透明マントのエピソードには、私も救われた気がしました!
日本では人種問題に対してまだまだ意識が薄いけれど、いろいろ考えさせられました!
August 24 [Thu], 2006, 15:00
りりー
みなさん、遅くなりましたがTBコメントありがとぉ〜ございまぁ〜す!

■■■nonさん■■■
こんばんわぁ〜☆
人種問題と重たい話しの中に温かいエピソードが織り込んであって、正直ホッとしました。
透明マントのエピソードは私も涙出ちゃいました^^
確かにこの映画の良さって説明するより、観てもらうのが一番ですよねぇ〜^^

■■■アイマックさん■■■
こんばんわぁ〜☆
日本に住んでいると人種問題ってピンときませんよね・・・。
人それぞれ考え方の違い、誤解、偏見などなど、ホント人間関係って難しいですね。
それが人種が違うとなると・・・想像するだけで怖いです
それを、短い時間でそれぞれのエピソード、キャラを丁寧に描いていたのに驚きました!
重たいエピソードと温かいエピソードの噛み合いが素晴らしかったです!!!
August 24 [Thu], 2006, 14:59
TBおーきにですm(__)m

透明マントの話は感動しましたよね〜(T_T)
この映画の人物は、多面性を持って描かれていて
人をイメージだけで判断するのはやめようと
訴えかけてるように感じました。
August 01 [Tue], 2006, 21:20

★リリーさん、
こんにちは、初めてご挨拶に伺いました。

先日は、本作でのTBをさせて頂き、また、リリーさんにも当方にご来訪頂きましてありがとうございます!

僕にとっても、本作は、何との比較では無く新鮮な映画でしたし、ウェルメイドな2時間余の群像劇でしたし、また、僕などそれまで脚本家のイメージしか持ちようの無かったポール・ハギスという映画人の監督処女作ながらの非凡な映画造形ぶりそれ自体に新鮮な驚きを感じながらの112分でした。

低予算ながらも、あの透明マントやら、黒人の盗人や、ライアン・フィリップ扮する正義感の強い若手警官の持つマスコット等細部が生きていますし、有名スター、それ以外の俳優いずれが演じたキャラクターもそれぞれに映画上の存在価値を見て取れましたし、テーマ的な重さも劇中の悲劇の痛ましさも最期には寓話の輝きに収斂して行くようなところに僕は美点を見出せますし…、ともかく^^、僕などは、初鑑賞から一週間とおかずに再鑑賞した次第です。

―それでは、また、今後とも宜しくお願いいたします!
August 01 [Tue], 2006, 15:05
こんにちは!
TBありがとうございました♪

人種差別は日本にいると身を以て感じることはないですよね。
それだけではなくて、いろいろな偏見、先入感で誤解が生まれて・・・
う〜ん、人間関係は難しい、。
マット・ディロンとサンディ・ニュートンのシーンは
心に残りましたね。
重いエピソードの数々でも、最後はあったかくなりました!

July 31 [Mon], 2006, 14:22
こんにちわ! はじめまして☆ TBありがとうございます!!

天使のマント、ステキでしたねぇ〜*
私も欲しぃです(笑)
誤解がいつ暴走するか一触即発で
身構えて緊張し通しだったので
あの瞬間、衝撃と安堵で涙がこぼれました〜
この映画、良さを説明してもしても伝わらない気がして…
ホント、たくさんの人に見てみて欲しいですね♪
July 31 [Mon], 2006, 9:55
リリー
みなさん、TBコメントありがとぉ〜ございまぁ〜す!

■■■hotakaさん■■■
こんばんわぁ〜☆
日本に住んでるとあまり感じませんが、LAだとあたりまえの事なんですね
そうするとこの作品の一つ一つの見方、感じ方も違ってくるでしようね
人種差別は生活の一部ですか・・・悲しい事ですがそれが現実なんですね

■■■たろさん■■■
こんばんわぁ〜☆
さまざまな人種をとても丁寧に、それぞれのエピソードにのせて上手く綴られていたと思います!
重たさの中にも、鍵屋親子の話みたいに温かいエピソードも織り込まれていて、ホント素晴らしい作品だと思いました!
観終わったあと私も色々と考えさせられました!

■■■KAZUさん■■■
こんばんわぁ〜☆
実話この作品ノーマークだったんですけど、観て良かったと思います!
ホント素晴らしかった!!!
あの透明マントの話しはジーンときちゃいましたね
私も大好きなエピソードです!
一生、差別問題は続いていくでしょうが、小さな光、希望が見える作品でした

■■■もじゃさん■■■
こんばんわぁ〜☆
コレだけの登場人物がいるにもかかわらず、キャラ一人一人がとても丁寧に描かれていてホントに驚きました!
それぞれのエピソードもただ重たいだけでなく、温かさのあるもの、人種を越え人間そのものの感情を描いたものなど、うまく織り込まれていて、素晴らしい作品だと思いました!

■■■花さん■■■
こんばんわぁ〜☆
たくさんのエピソードがラストにはホントうまく纏まっていましたね!
時間が2時間弱と短いのに驚きですぅ!
イロイロと考えさせられる素晴らしい作品でした

■■■Kenさん■■■
こんばんわぁ〜☆
人種にかかわらず、考え方の違い、思いがある。
触れ合い、クラッシュして、互いを知る
日本に住んでいる私にはあまりピンときませんが、こういう現実があると言う事、思い知らされました。
そして考えさせられました!

■■■Akiさん■■■
こんばんわぁ〜☆
ホント、これだけ多くの登場人物、エピソードがあるのに、2時間弱という短い時間で、とても丁寧に纏まりのある作品によく仕上ってるなと感心しました!
差別問題とかなり重たいテーマでしたが、その中にも温かさのあるエピソードも織り込まれてたので、ホッとしました!そして観易かったです!
July 31 [Mon], 2006, 1:33
TB有難う御座いました♪
あれだけ色んなエピソードを詰め込んでいるのに散漫になってないどころか、ドンドン惹き込んでいくんだからかなり完成度高いですよね!
個人的には差別とか大嫌いな事なので素直に楽しめたとは言えないんですけどね(^^ゞ

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
July 30 [Sun], 2006, 3:22
こんばんは、TBありがとうございました!
この作品、もちろん人種問題が大きなテーマではあるわけですが、人間がお互いを知ろうとすればするほどクラッシュせざるを得ない、と言っているように思えて日本人である僕にもグッときた作品でした。
July 29 [Sat], 2006, 21:29
TBありがとうございました。
多くの話が最後には、一つにまとまる。すばらしい群像劇だと思いました。
July 29 [Sat], 2006, 21:00
こんにちは。TBありがとうございます。
脚本や構成の巧さに感心、絶妙でした。
ポール・ハギスの作品だったので、最後にドンと落とされると思ってたんですが
救いのあるエピソードもあってよかった。
July 29 [Sat], 2006, 20:23
こんにちは。
私も映画館で見ましたけど、アカデミー賞に恥じない素晴らしい作品でしたね^^
私も天使のマントの話が好きです^^
決して差別がなくなることはないって感じですけど、個々のエピソードがキラリキラリと光ってるのがいいですね^^
July 29 [Sat], 2006, 19:04
こんにちは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックを失礼いたします。

この作品は、人種や階層 等、人が触れ合う事による摩擦と様々な感情を、多くの人達を通して表現しておりました。
そして、痛さを強く感じる事が多い複雑な物語の中で、マイケル・ペニャさんが演じるヒスパニック系の鍵屋 ダニエルさんと娘のララさんのエピソードには色々な想いを掻き立てられました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
July 29 [Sat], 2006, 17:25
TBありがとうございます。

LAに住んでる人間からすると、けっこうリアルな作品です、これは。

この街では人種差別はある意味で、生活の一部のようなものです。

多人種が共存しているというよりは、それぞれの人種がそれぞれのコミュニティ閉じて生きている。そんな感じを受けることがあります。
July 29 [Sat], 2006, 15:31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:EXTREMELIFE
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-ジャンル問わず映画大好き!   大好物はイタイ系? 
    ・温泉-近所の温泉 たまに日本国内
    ・アウトドア-EXTREMELife
読者になる
最新コメント
アイコン画像しあ
» 香港国際警察 (2009年01月25日)
アイコン画像raira
» SAWW (2008年05月31日)
アイコン画像Louis JinEN
» プリズン・ブレイク (2008年05月07日)
アイコン画像リリー
» 明けましておめでとうございます 2008 (2008年01月13日)
アイコン画像raira
» 明けましておめでとうございます 2008 (2008年01月08日)
アイコン画像リリー
» 明けましておめでとうございます 2008 (2008年01月04日)
アイコン画像青龍
» 明けましておめでとうございます 2008 (2008年01月03日)
アイコン画像ミチ
» 明けましておめでとうございます 2008 (2008年01月02日)
https://yaplog.jp/extremelife/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる