ER34改 オーバーホールの巻き パートU

September 22 [Sat], 2018, 12:23
オイル漏れを起こしていたので修理します

点検してみると3箇所から漏れていました。 ただ鋳型で製作されている純正オイルパンですが

巣穴がやはりあるので溶接するのは難しい! そして割れていたところを埋めているので巣穴がたくさん

ありました。 アルゴン溶接で埋めていきますが巣穴が中々埋まらない。溶接してある部分を有る程度

リューターで落として何度もやり直しました。 どうやらひび割れが色んな方向にあるようです。

オイルパンのミッション側の面にもオイル漏れがありました。 本当は一度すべて溶接箇所を落として

やり直ししたいところですが、そうなるとおそらく次に溶接したときには歪みが来るぐらいまで削り落とす

ことになるので出来ません。 今回はあくまでも中側の状態を無視するしかありません。

表面と裏面だけでオイル漏れをふさぐことだけにします。 巣穴が埋まれば合格とします。




東名パワード製のオイルパンバッフルプレートが装着されていましたので洗浄し取り付けします。

バッフル版はゴム製でできているので硬化していないか 傷みなどがないかをしっかり見ます。

サーキット走行では絶対に必要なアイテムの1つです。




ばらした時に感じたことは、オイルパンは中古品だと聞いていましたが、この東名バッフルも中古品

なのかな 専用ボルトが数本付いていなかった点と画像の赤○の場所には

分厚いアルミワッシャが無かった点だ。   上側のバッフル版は平らなものなので赤○の場所には隙間が

出来てしまう。そこの隙間の高さ分の分厚いワッシャが入ることで鉄板の歪みが起こらない仕組みだ!




点検し、鉄板を平らに戻して見て!問題がなかったので再使用します

もちろん高くなる場所にはボルト長も適正ボルトに変更しました。  ご安心を・・・・



オイルパンボルトはオーバーホールする際に洗浄が嫌な箇所の1つなんです

オイルパン取り付けする時はオイルが漏れないようにシール材を使います。そのシール材がボルト類に

しっかりと付いているので剥がすのに時間と指が痛くなるですよね・・・・





ボルトを指の2本で挟んでワイヤーブラシでゴシゴシと.....

意外にこびりついて大変なんですよ! 適当にする人も居るところでもあり、洗浄すらしない方も居たり・・・

私は気になる方なので嫌なんですよね

綺麗にすることで締め付けトルクも安定するってもんだ 自己まん!ってかぁ・・・・

いやいや・・・ ワークスでは当たり前のことだ!




綺麗になるとボルトも締め付けられることに喜びを感じてるはずだよネ



また、綺麗に洗浄することでクラック等が分かることもあるので洗浄は基本です。

妥協して良いところ駄目なところの判断も見極める必要があるよね








さて!ピストンは点検して問題が無かったので再使用しました 

ピストンリングとサークリップは新品交換します。 

 

再使用ヒピストンにしたら綺麗でしょ^^



外した時のピストンは下の画像です。 ピストン単体の画像を撮るの忘れてたので分かりにくいですが

ピストン上部(ピストンリング)から上側にかけてカーボンが付着して黒ずんでいることがわかります。






実は洗浄に使用しているアイテムの1つがこれです。 Mizlotion 

24時間浸け置きします。 水生クリーナーなので素材にダメージがなく、洗浄などで傷付くこともなく

傷等、コーティングが心配な部分での洗浄に役に立つアイテムです。

正直安くないですが・・・・・ 



でも、この通り、まるで新品のように変身しました。 ここまでするとしっかり点検出来ると思いませんか

ブロック側も綺麗に洗浄し、加工で入る鉄くずをしっかり流します。

洗浄にはすごく時間をかけています。 





オーナーのお話通り、RB28用ピストンを使っていたのでピストントップを出すと、少しシリンダートップよりも

下がっています。 RB25neoヘッドを使用する場合、燃焼室で調整できない為に圧縮調整をピストンハイトも

利用した仕様となっています。 しかし、それなりに問題も見つかりました・・ それはのちほどに!




H断面コンロットも一部修理しましたが、使用出来るので再使用しました。

メタルはニスモ製をチョイスしここで書けませんが、私のマル秘・・・を行い組み付けしています。

このマル秘組み付けは、私が組んだエンジンのみ行っていますのでご心配なく。

なにがどう変わるか?って聞かれると、メタルの耐久性とフリクションも変わります

なので画像はご勘弁下さい。




オイルストレーナーも洗浄に時間をかけるパーツです。 中側に網が付いていますが網の隙間にとれづらい

異物があるのでしっかり洗浄!




リヤオイルシールを入れ、純正グリスを脱脂します。

続いてワコーズのシリコングリスを塗ります。

酸化安定性が優れています。通常走行、ストリートなら純正グリスでまったく問題はありません。

純正品では使用温度が170℃に対して220℃と高温時の安定が優れているからです。







続いて、クランクプーリーボルトとワッシャです。 RB26の締め付けトルクは非常に高いので

それに耐えれるボルトとワッシャになっています。


が!  しかし・・・・・




ボルトの先端の3山ほど崩れています。通常はこのようになりません。

なぜこのようになっていたのかはわかっているのですが・・・・・

このボルトは¥350−と安いので新品交換しときますね!






さて次はいよいよ!問題の部分に入ります。

つづく・・・・


プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:管理人D
  • 性別:男性
  • 現住所:兵庫県
  • 趣味:
    ・チューニング-チューニングマシーン製作
    ・一般整備
読者になる
EXPERT
Murata Motor Factory
豊富なノウハウで安心したカーライフをお約束します お気軽に遊びに来てくださいネ
http://www.expert-d.com
にほんブログ村 車ブログ 走り屋(車)へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
https://yaplog.jp/expert-d/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ