BNR32追加ポンプ NO2

October 26 [Sat], 2013, 16:41
さて続きです。

ポンプが外れたら、ノーマルポンプをステー類、バッフルなどから単品にします。

画像で見ても樹脂製でフタが作られています。
そして、BNR32はこのフタにフューエルメーターセンサーが取り付けられています。

当初の予定ではこの樹脂製のフタを使わずにアルミ材で作ってしまうことも考えていました。

それは、2つのポンプを取り付けるにあたり、2つの取り出しパイプと1つのリターンが必要と

なります。 それを好きな場所に穴を開けて作れる利点があるからです。

さっそくワンオフで製作しました。

上から見ると



裏側はこんな感じです。



しかーーーーーし!!

BCNR33、34などでは、フューエルレベルゲージがフタに直接付いていません。

BNR32は下の画像のようにレベルゲージがフタ本体に取り付けられています。

そして外せません

よって、せっかく工作しましたが使うリスクがあるのでやはり、ノーマルのフタを使って

加工していきます。



純正のポンプは左側で真ん中と右側のポンプがSARD製燃料ポンプです。

とりあえず、取り付けする前に点検しておきます。




次に、追加ポンプの1つを追加する上で、8φニップルを立てないといけません。

しかし、純正のフタを使うのでそれが困難なので、タンク本体に穴を開けて取り出しを作ります。

ってな訳で、フューエルタンク脱着です。

そしてニップル加工も行いました。 見えずらいですが、上のフタの左側に青いパイプがわかります。

それがもう一つのポンプからのラインになります。



バッフルも加工して、何回もテストしながらポンプの位置を決めます。

ノーマルのバッフルも少し改造することで、2つのポンプがバッフルから燃料を吸い出すことが

可能となります。 フタの大きさが小さいので、ポンプをタンク内に先に入れ込んでから

固定していきます。 非常に面倒です。



さて今日はここまでです。


では NO3でお会いしましょう^^
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:管理人D
  • 性別:男性
  • 現住所:兵庫県
  • 趣味:
    ・チューニング-チューニングマシーン製作
    ・一般整備
読者になる
EXPERT
Murata Motor Factory
豊富なノウハウで安心したカーライフをお約束します お気軽に遊びに来てくださいネ
http://www.expert-d.com
にほんブログ村 車ブログ 走り屋(車)へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/expert-d/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ