ジュンだけど仙さん(仙ちゃん)

May 05 [Sat], 2018, 22:51
4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。


夫は7つ年上で社宅住まいです。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。


しかし先週、双方の親も交えて話し合い、離婚が本決まりになりました。


親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てるわけです。簡単なことではないでしょう。



感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士さんを頼み、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

どうも私と交際しはじめた頃も含めて、相手も複数。
常習だったんですね。くやしいですが、知る気力も起きないのが現実です。
男の人の浮気って本能なんでしょうか。

まさか、ですよね。一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす自信もまったくないですし、離婚も視野に入れて話しあうつもりです。

不倫の証拠をおさえるための素行調査は、調査する相手と親しいほど調査していることに気づかれやすい上、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も想定しておかなければいけません。
探偵社に頼めば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分や知人などが調査するより確実に不倫の証拠を得られるはずです。



トラブル回避のためにも利用をお勧めします。いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、相手にバレたりしないか心配になりますよね。



ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、気付かれるような可能性はまずありません。とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、依頼者の態度が普段と変わってしまい、相手が用心してしまうというケースもあります。報告書を入手するまでの辛抱だと思い、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。


しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。
一例をあげると、配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。

とはいえ、単純に探偵の調査が至らず成果が得られないことも考えられるので、候補に上がった探偵業者の評判をあらかじめ確かめてから契約する必要があるでしょう。
それから、相談時に説明を怠らないことも納得の秘訣だと思います。
カーナビにより浮気の事実を証明できます。


こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気相手と車でデートしたところを見つけられるのです。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意しなければいけません。そして、しばしばもしガソリンを入れていたら、車を用いてデートされている可能性はゼロではありません。例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめます。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として当たり前のように使われるからです。

今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡を取ることが多くなりましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。



何気なく電話していることも十分ありえるのです。
興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。



調査員が行う作業いかんで料金は異なります。

もっとも依頼の多い追跡調査ですら、所要時間というものがあります。それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも費用は変わりますが、所要時間が多ければ、費用はかさむはずです。興信所を利用するにはお金がなければダメというわけではなく、たとえば老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの決済に対応しています。もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている会社も多いので、カードの使用明細によって興信所や探偵を利用したことが分かることはありません。

カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、良い業者の目安ということにもなります。
探偵の浮気調査の場合でも毎回成功するとは限らないでしょう。

探偵は浮気調査をよくやっていても、成功しないことがごく稀にあります。尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に気づくこともあるでしょう。加えて、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を入手しようがないです。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:寧々
読者になる
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる