里の暮らし体験 2006スケジュール

2006年04月30日(日) 17時27分
日本の原風景である里山は、人が関わることで維持されてきました。
里山においては人と自然とが共存しあい、お互いの心地よい関係を保った循環システムが構築され、長い間、山と里の境界部分において豊かな生態系が育まれていました。

昨今、少子高齢化や後継者不足、経済構造の変化などにより、人の手が入らなくなった里山の荒廃化が進んでいます。
千葉県大月川源流域にある、この里山もそんな場所のひとつです。
「(仮称)川原井里山を守る会」は、大月川源流域の里山に豊かな生態系を育んでいたかつての姿を取り戻そうとするための活動を行っています。
里山再生活動を通じ、現在の日本で「人と自然とが共存しあう方法」を手探りで見つけていこうとしています。

主な活動としては、休耕田の回復(お米づくり)・里山に関する勉強会、林床整備、散策路づくりを行っています。また季節ごとのイベントとして、竹の子堀りやホタル狩り、炭焼き体験なども企画しています。

現在、会では活動の趣旨に賛同し、川原井の里山を一緒に整備してくれる有志を募集中です。
千葉県袖ヶ浦市は東京に程近い田舎です。この源流域をあなたの田舎として、大切に守りながらかつての姿に復活させてみませんか?


2006年活動スケジュール
今年は休耕田の回復(お米づくり)と里山に関する勉強会を中心とした活動を行います。

〇第1回:3月21日(土)〜22日(日)    休耕田のやながり、草刈り(終了)
〇第2回:4月29日(土)〜30日(日)    代掻き、黒塗、筍堀り(終了)
〇第3回:5月27日(土)・28日(日)     田植え(終了)
〇第4回:6月24日(土)・25日(日)     田んぼの草取り・ホタル狩り(終了)
〇第5回:7月29日(土)・30日(日)     田んぼの草取り・ホタル狩り(募集中

〇第6回:9月30日(土)・10月1日(日)   稲刈り
〇第7回:10月29日(日)           収穫祭

(仮称)川原井里山を守る会 のHPが出来ました。
詳しくは以下のページをご覧ください。
(仮称)川原井里山を守る会

里の暮らし体験 詳細

2006年04月14日(金) 13時33分
集合場所: 曹洞宗 真光寺 千葉県袖ヶ浦市川原井634
時  間: AM 10:30(17:00 解散)
※電車で参加の方には送迎をいたします。(JR内房線 姉ヶ崎駅 東口 ロータリー AM10:00集合)
募集定員: 各回 20名 
募集期間: 随 時(各回開催5日前に締め切ります。)
参 加 費:  4月〜9月各回 1泊2日 6,000円(保険代、食事代含む)
       ※10月の参加費については別途お知らせします。 
宿  泊: 宿泊先については、曹洞宗 真光寺を予定しております。
      浴室・洗面所はありますが、タオル、洗面用具等はご持参ください。   
服  装: 動きやすく、汚れても良い服装(着替えをご持参ください。)
      長靴・軍手の用意はありますが、お持ちの方はご持参ください。

申込方法: 以下のいずれかの方法で申し込みを行なってください。

メール : satoyama-info@earth-work.info (担当;山崎・津村)
メールにて申し込みの際には、氏名・住所・電話(FAX)番号・緊急連絡先・送迎の有無、参加希望日を明記の上、お申し込みください。
複数で参加される場合は参加者全員の氏名を明記してください。
申込は先着順で受け付けます。(定員になり次第、締め切らさせていただきます。)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ewdiary
読者になる
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる