田んぼの様子

2004年06月10日(木) 15時18分
記録者:岡本住職

 今日は東長寺への出勤前に、田んぼの点検に行きました。下の田んぼは流入口に草が詰めてあるようでした。自然にできたというよりも、人工的な感じ。上のおじさんの田んぼは塩ビ管の前に竹が3本刺さっていて、それに草が絡まり流入を防いでいるよう。同じことが大水の時にできれば安心です。

 昨日の雨は相当降りましたが、草がつまり流入制限をしていて良かった。


 上の田んぼは新しくできた水路から相当の水が流れたようで、沼に土がたまっていましたが、排水はうまくいっていました。沼の排水も新しく入れたオーバーフローのためのU字溝が働きうまくいっていました。これでひと安心。


 いつのまにか上の田んぼの周りが草刈がしてありました。

下の田は絶好調

2004年06月03日(木) 15時15分
記録者:岡本住職

 今日は東長寺に出勤。帰って田を見に行きました。下の田は絶好調。流入確保排水はわずかにあります。排水溝の板の横から漏水していることを発見。このあたりのクロ*をしっかり作らないといつの間にか水が抜ける事態となります。

 沼も同じ状態で、排水溝から水漏れです。これをしっかりやらないと渇水期の水の確保に影響がでます。田んぼの勉強をはじめましたが、8cm以上の深水管理で除草できるとか。そのためには30cm以上の高くしっかりした土手が必要。下の田にはうってつけです。また田んぼ内ビオトープを設置し、微生物の管理が病害虫の管理に有効とか。下の田にはその余地があります。

 上の田が危機的状況。水がなくなっています。流入する水がなぜか止まってしまったためです。

*クロ:田と田との間に土を盛り上げて作った境。畦(あぜ)道のこと。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ewdiary
読者になる
2004年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる