2004年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:etoile_stella
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Main | おかえり »
壬生周辺 / 2004年12月11日(土)
久々に壬生へいってきた。
明日は新選組!最終回。こんなにのめりこむと思ってなかったよ。
昔から新選組は大好きで、何度も新選組巡りはしたよ。
五稜郭も行ったし、歳三さんのお墓参りもしたさ・・・

なんで新選組を好きになったのだろうかと思い出してみた。
昔、宝塚歌劇で木原敏江先生の漫画を原作にした作品を演り、
その原作を漫画で読んで、大変好みの画風であったので
他の作品も読みたくなり「天まであがれ」にぶち当たった。
んで、家に記憶無き頃に観たはずであろう星影の人の
実況中継レコードがあり、聴き入った。
これで新選組ファンの出来上がりとなった。
同時に歴史好きに段々なっていった。

壬生は変った・・・
八木邸・・・並ばないと入れないとは・・・
おまけに何人あの家に詰め込むつもりだよ?
ガイドいたよ。三谷作品の否定はせんでくれ。
三谷が大河で取り上げたから、ガイドも稼げるんでしょ?
義がないヤツはキライだし・・・清河の解説間違ってるし・・・
壬生寺・・・いつから銅像のある場所に入るのに
仮設小屋のような粗末な物を通り、
おまけに箱に100円入れることになったんだ?
昔はこんな小屋なかったし、タダで入ってたぞ。
あずとデートで来た時も普通に入ってたぞ。
んで、銅像をシャメするヤツの多いことったら・・・
それを永久保存するのかどうか聞いてみたいもんだよ。
隣にある鴨のお墓や河合のお墓くらい拝んでいってくれよ。(涙)
前川邸・・・初めてはいったよ。ただのみやげ物屋だった。
時間ギリギリだったので、帰りは門は閉まってて
くぐり戸から出たんだけど、
くぐり戸を開けてくれた男の子笑顔はよかったなぁ。
小学生だと思うけど、お手伝いなんだろうなぁ。
それがなかったら、救われなかった壬生だった。
しかし・・・歳三さんも近藤さんも150年後の日本でまさか自分の写真が
紙袋に印刷されて売られているとは思ってもいなかっただろうなぁ・・・

さて、前夜祭としてスマステ観よう。
明日は一体、どのくらいのティッシュを消費するのか?
いっそタオルを首からかけて観た方がいいのかな。

Posted at 23:12/ この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/etoile_stella/archive/3
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
   
Powered by yaplog!