2WAYグリップ アンチクッション 

April 30 [Sat], 2016, 19:18
今日は朝から夕方まで買物と純水運びしていました。

山歩きで今まで使っていたTグリップも
かなりガタもきているので
思い切って新しい物を買いました。

天王寺Mioのモンベルに行き2WAYグリップアンチアクションを
買いました。
登りと下りでグリップを使い分けれる物です。
使用可能長80〜120cm



買って来た2WAYグリップ アンチショック
シャフトは収納してあります。



               グリップ部




登りの時はこのグリップを握ります。


 

下りの時はこのグリップを握ります。



明日の箕後川の沢探索でデビューします。

携帯型レーザー距離計

April 29 [Fri], 2016, 20:24
今日の夕方、電器店に購入を頼んでいた携帯型レーザー距離計
を代金を支払い引き取って来ました。

私が行く電器店はアマゾンの購入もしてくれるので頼んで
おきました。(自分でも出来るのですけど配達の関係で
頼みました。)




購入した携帯型レーザー距離計




レーザー距離計・ソフトケース・ストラップ
・電池(CR2)・取扱説明書








レーザー距離計 三面


* 早朝から大東市の車谷等の調査に行って来ました。
帰宅して用事か多くまだ画像の編集してません。
編集出来次第アップします。

チケット届きました

April 26 [Tue], 2016, 18:24
今日、玉造小劇店から6月に行う公演の先行予約
チケットが届きました。

リリパットアーミーUの公演で八尾で行うのは記憶が
ありませんので初だと。




玉造小劇店から届いた封筒




公演のフライヤー




チケット
初日は最前列中央より少し左の席
千秋楽は最前列のど真ん中の席です。


初日はなんばから鶴橋経由で八尾へ
千秋楽は天気が良ければ自転車で
八尾プリズムホールへ行きます。

真紅組プロデュース公演

April 24 [Sun], 2016, 18:27
今日の昼間は近鉄アート館で行われている
真紅組プロデュース公演「おしてるや」千秋楽を観て来ました。

「おしてるや」は以前別の所で公演をしていて再演になりますが
舞台が広くなった分内容がグレードアップしていました。

大坂夏の陣で大坂城内に自ら入り城と共に果てた安井道頓
の甥が道頓の意志を継いで道頓堀を完成させようとする。

焼け野原となった大坂の町に生きる為に、金の為に等
それぞれの思いを胸に集まって来た老若男女が甥達と
繰り広げるど根性物語です。

舞台の中央に道頓堀を掘って造っていく(板を外して
溝が出来る)のは圧巻でした。

更に旅の一座の舞では三味線等の演奏も加わり
臨場感ア゜ップしました。

物語のアウトラインは前回と同じてすが演出・舞台
の大道具は新作レペルでした。






公演のフライヤー




チケットの半券




キャスト・スタッフ・今後の出演予定のリーフレット



キャスト(登場人物)






物販でエコバック買いました。
端にはしっかりとおしてるやが付いてます。




Pnasonic フェアー

April 23 [Sat], 2016, 18:33
今日は昼から京セラドーム大阪で行われている
Pnasonicのフェアーに行って来ました。


お買い得品のマイコン沸騰ジヤーポットを注文し
ステージでのマジックショーや電力小売自由化
の分りやすい説明等見て来ました。




フェアーの招待状&商品案内

箕後川上流へX C

April 20 [Wed], 2016, 7:48
箕後川上流へX そのCです。

砂防ダムを越えて沢の上流を探索。




砂防ダムから降りて直ぐの地点




沢の右側を進みます。




笹薮が行く手を阻むので切って進みます。






しばらく行って探索時間がなくなるので
この地点で終了。
ビニール紐を横に張ってここまでの印
して来ました。

箕後川上流へX B

April 19 [Tue], 2016, 7:00
箕後川上流へX そのBです。

二股の左の沢の探索から戻り今度は右の沢の奥の
探索へ




二つ目の右岸の沢の合流点から奥へ進みます。
沢の両岸は狭くなっています。




聞いていた程の倒木はありませんが
足場は悪く靴が沈んでしまう所も有り
悪戦苦闘して進みます。




砂防ダムの手前に到着しました。
右岸に枝谷がありその横の斜面を
登ってダムを越えます。




右岸の斜面
さほどきつくないです。




ダムの高さくらいまで登り前に進みます。




ダム手前は斜面の端をゆっくりと進みます。






ダムの横に着きました。
奥で降りれる所がなくダムの上に降りました。
高さがないので帰路時は左右の木を
掴んで上がりました。


そのCへ続く

箕後川上流へX A

April 18 [Mon], 2016, 7:30
箕後川上流へX そのAです。


沢の分岐している左の沢を探索します。




左の沢 沢の右岸の斜面の歩けそうな所を進みます。




しばらく進むと砂防ダム 左岸右岸
からも奥へ進むのは険しい。

無理をせずに探索はここまでとしました。




右岸左の斜面




木にマーキングがあり 踏み跡もあるので登ってみました。




斜面を登って行くと







大阪府の標石がありました。
近くに円形の山火事注意の看板もありました。






標石の右前方に踏み跡(かなり薄い)が続いて
いて笹薮の間に道らしいのがあるので入ってみました。

しばらくは笹薮も薄かったのですが途中で道が不鮮明になり
笹藪も深くなり藪切りしても無駄だと判断し撤退して
沢の分岐点まで戻りました。


そのBへ続く

箕後川上流へX @

April 17 [Sun], 2016, 17:35
16日に5度、箕後川上流の探索に行って来ました。
横小路町の住宅街の坂も電動アシスト車で登り切りました。
スピードは出ませんが押し上げる事はない。



長居公園で朝日を拝みました。




横小路道の入口の坂を登った所
にて




左右の笹などが茂り始めたので
軽く散髪しておきました。




散髪した所を振り返る




ベースキャンプ(チャリ置き場)に到着。
装備を整えて探索に向かいます。




箕後川は水が灰色に濁っていました。




水の濁りは二つ目の砂防ダムのダム湖
まででした。
小滝が連続する辺りは綺麗でした。


その2へ続く

オリゴ党 「天才だって死ぬ」

April 11 [Mon], 2016, 6:40
昨日の午後は下寺町のシアトリカル應典院で
オリゴ党の「天才だって死ぬ」を観て来ました。

オリゴ党は初観劇、知り合いの役者さんが客演で
出ているので観に行ったのです。






公演のフライヤー




チケット




キャスト・スタッフ・今後の出演予定等
リーフレット


ある天才がいつかは命が果てるそれまでに
自分の能力をどう後世に残すのか?
人の細胞を分解して培養して新たな人
(コピー)誕生させる世紀末的な実験
それに関わる男と女の微妙な力関係

そしてついに天才自ら細胞を分解して
神的な存在になる実験に・・・・

いつかはそんな事が現実となるかも
しれない内容でした。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:猛太
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
2016年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像猛太
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月15日)
アイコン画像名探偵モンク
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月15日)
アイコン画像猛太
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月07日)
アイコン画像nangun
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月06日)
アイコン画像猛太
» 10月の予定 (2017年10月18日)
アイコン画像ふぁんトント
» 10月の予定 (2017年10月17日)
アイコン画像中島ゆきこ
» 伊藤えん魔プロデュース「百物語2017」 (2017年08月14日)
アイコン画像ニシナリのおばちゃん
» 7月の予定 (2017年07月06日)
アイコン画像猛太
» どうも坐骨神経痛のようです・・・・ (2017年03月13日)
Yapme!一覧
読者になる