箕後川上流へU D

March 01 [Tue], 2016, 20:15
横小路道の巻き道で更に奥に進みます。




左後方へ登って行きます。
笹薮の切り取り前の画像です。
しっかりと切っておきました。




左の木辺りまで登り右に向きを変えて
登ります。
ここも切り取り前の画像。




右にも笹薮がありましたがしっかりと
切り取ってあります。




登り切ると平坦になります。




沢が見える付近にヤマレコで見た祠跡らしきものか
ありました。黄色の矢印




笹薮もなく歩きやすい区間




二股の手前です。
右岸は急斜面
黄色の矢印は倒木で作ったと思われる橋です。




横小路道はおそらく赤の矢印付近で沢を渡河して
左岸へ移っていると思います。




緑の矢印が二股の左の沢の合流点
ここへ行くとしたらの斜面端を行くか
一旦渡河して橋を渡るか沢の中を行くか
の選択ですね。
青の矢印は倒木です。




私は渡河して赤の矢印の方へ進みました。
二股の右の沢の水源探索を先にするので。




左岸の状態 道と言えないですね。
まあ歩けるだけましです。




ここから沢へ降りて少しバック






二股の左の沢です。
右岸に道がありますね。




黄色の矢印の橋です。
倒木を利用したようですね。




二股の右の沢です。
かなり荒れています。




ここからマーキングは白の細いビニール紐
にしました。
これから先は行った人の記録によると
かなり苦闘しているので区別の為に白に

箕後川上流へU C

March 01 [Tue], 2016, 19:00
そのBまでは前回の探索のおさらいです。
ここから先が今回の探索です。




マーキングした木から沢を歩いて進みます。
地図では横小路道と沢がほぼ重なっているので




出来るだけ水の少ない所を選んで進みます。




この先、沢の両岸が少し狭くなります。




地図にある右岸側の支流です。




沢の右側に移り進みます。




沢と横小路道の分岐地点(渡河地点)
細い木にマーキング(青の矢印)と右岸の木にもマーキング
斜めに渡河しました。
滝や石仏・石碑へは沢を進む(黄色の矢印)




右岸の横小路道ここは広いですが
徐々に細くなります。




山火事防止の看板




しばらくは平坦な道ですが




このマーキング辺りからはぐっと登ります。




登りがゆるくなります。




横小路道の巻きの始点付近
草木であまり見えませんが滝が見えます。
(黄色の矢印) 雄滝の一部ですね。


そのDへ続く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:猛太
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像猛太
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月15日)
アイコン画像名探偵モンク
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月15日)
アイコン画像猛太
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月07日)
アイコン画像nangun
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月06日)
アイコン画像猛太
» 10月の予定 (2017年10月18日)
アイコン画像ふぁんトント
» 10月の予定 (2017年10月17日)
アイコン画像中島ゆきこ
» 伊藤えん魔プロデュース「百物語2017」 (2017年08月14日)
アイコン画像ニシナリのおばちゃん
» 7月の予定 (2017年07月06日)
アイコン画像猛太
» どうも坐骨神経痛のようです・・・・ (2017年03月13日)
Yapme!一覧
読者になる