新装備

July 15 [Sat], 2017, 17:47
秋のProject Usoya再開に備えて壊滅災害退治の
装備等を新しくします。

一部は既に注文済み。再開までに新装備を揃えます。

廃道予備調査 楽音寺道

May 13 [Fri], 2016, 6:27
楽音寺川の支流の上流の沢の探索に行った
ついでにちょっと楽音寺道の続きの調査しました。




右に分かれて行く道との分岐点辺りをベース
キャンプ(荷物置き場)としました。






東方向から西向きになる地点まで
軽く散髪します。




方向転換地点辺りにウエス(端切れ)を
取り付けて基準点にしました。




地図を見ながらコンパスで道の方向を
示すと前方の木辺りが続きのようです。
障害物を切り取りながら進みます。
斜面道みたいで歩きにくい・・・・




木を過ぎて振り返る。左端のピンクは
簡易マーキング兼測定用のWCペーパー
ある程度進んではレーザー距離計で
計測。






グリップで道らしき平らまたは窪みを
探り笹薮を切り取りながら進みます。
多分これが道だと思うのですが・・・・






倒木や倒竹等がないだけましか・・・・
一箇所横枝が邪魔で鋸で切りました。




道が西から北方向に向きを変える少し手前と
思われる地点で今回の調査は終了。

楽音寺川支流 探索A

May 12 [Thu], 2016, 6:23
楽音寺川支流の探索そのAです。





楽音寺道を自転車を押して進みます。




畑沿いの道との分岐
左が楽音寺道 




ここに自転車を置いて進みます。




トンネルみたいな感じです。






所々土嚢で道が補強されています。




奥へ進みます。




枝谷に架かる橋です。






橋を過ぎると木などが横積みにされていました。
更に奥に進みます。




分岐点
左が楽音寺道 沢へ降りて行くの道が
分かれます。






沢へ降りて行く道 沢を渡り右へ
曲がって行きます。




楽音寺道側です。




楽音寺川支流(沢)の水源方向
かなり狭いのでこの先の探索はしませんでした。

楽音寺川支流 探索@

May 11 [Wed], 2016, 6:28
5日に八尾市楽音寺の楽音寺川支流の奥の探索しました。






外環状線(国道170号線)の北行きの西高安4丁目の
交差点を右折します。 ニトリが目印






東高野街道(旧国道170号線)の三叉路の
楽音寺南の交差点を右折






直ぐ右前方にマンダイ楽音寺店があり
横断歩道のある道を左折






突き当りを左折し最初の三叉路を右折します。









大阪経済法科大学の文化会館辺りで舗装
道路と地道が分岐。
本来は地道ですが電動アシスト車なので左の
舗装道路を進みます。






農道との三叉路を右折して坂を登ります。




楽音寺道の入口の目印の白い建物か
見えてきました。




楽音寺道の入口です。
支流は楽音寺道の南を流れていて
途中で道に沿います。


そのAへ続く

廃道探索 楽音寺連絡道A

May 10 [Tue], 2016, 6:24
廃道探索 楽音寺連絡道(仮称) そのAです。

障害物だらけの楽音寺連絡道と思われる道ぽい
所を歩きます。






ほんと半端じゃない障害物の多さ
切る・谷へ落とすやらしてこの少し先まで進みました。






今回の探索終点地点から奥を撮影。
道ぽいのが続いていますね。




探索終点地点にここまでの]とわっかのマーキング
して戻りました。
ここまでマーキングはしてます。
また探索に来るつもりなので(秋くらいかな?)




探索開始地点にも同じような事してあります。
間違ってもわっかマーキング見て行ったら
ダメですよ。 管理道とかには行きませんよ
現時点では。 行ったら後悔するだけ。

この道らしきものが仮称楽音寺連絡道だと
まだ言えまへん。

廃道探索 楽音寺連絡道@

May 09 [Mon], 2016, 6:10
横小路道が二股の手前で終わり沢の左岸に移り
右の沢の谷と鍋谷山の間を南下して行く道。
仮称楽音寺連絡道と名付け
その名残りがあるか探索してみました。

まあ使われなくなってかなりの年月が経っているので
悲惨な状態だと想像出来ますが。

事前に地図上で沢を渡り左岸に移る地点を二股から計測しておき
レーザー距離計で二股の目標物から距離を測りましたが左岸側は
斜面。付近を少し調べましたが・・・・・

しかたなく二股の右の沢の上の歩けそうな所を進み取り付けそうな
斜面を登りました。




なんとなく道のような窪み見つけて進んで見る事に




少し歩いて振り返るとこんな感じ
障害物は切り取っています。




上の斜面と下の斜面の僅かな窪み
を進みます。




障害物を切り取って進みます。





倒竹が多いです。 谷側に落とすか枝切り鋏で
叩き割ります。




この辺は道の名残が残っているような・・・・・






行く手を阻む太い枝 倒木ではありません。
斜面に生えて横に伸びています。
鋸で切断しました。


そのAへ続く

箕後川上流へY B

May 08 [Sun], 2016, 8:03
箕後川上流へY そのBです。

右岸の沢の探索を終えて二股へ向かいます。




左岸から右岸への渡河地点




右岸側




右岸の横小路道




雄滝の落ち口




巻きの入口から
二股まで藪漕ぎなしで通れます(1日現在)

箕後川上流へY A

May 07 [Sat], 2016, 8:30
箕後川上流へY そのAです。

右岸側の沢の探索に入りました。




沢に笹が生えている所もあり取り除きながら
奥へ進みます。




枝谷にある砂防ダム




枝谷の沢の水源付近






林に沿って沢を上がります。
この辺で水量がかなり減ります。






草や枝や笹を取り除きながら進みます。




水源と思われる所
水が地面から出ていたので。


そのBへ続く

箕後川上流へY @

May 06 [Fri], 2016, 8:28
1日に6度、箕後川上流の沢の探索へ行って来ました。


横小路の坂道を電動アシスト車で上がりベースキャンプ
に到着。
装備を整えて探索に向かいます。






2WAYグリップのデビューです。




探索に向かいます。




沢を左岸に渡る所。
矢印の辺りは土で埋まっていました。




沢を右岸に渡る橋付近




2本の倒木付近




倒木の向こうから橋までは沢を歩きます。




橋を渡り左岸へ




渡って左方向 ルートはしっかりしています。




右への折り返した方向 ここもしっかりしています。




砂防ダムへの折り返した方向
ここもまだしっかりしています。




砂防ダム付近 草は生えていますが
ルートはしっかりしています。




沢の淵に降りた付近
上から垂れていた分は切り取りました。




左岸から右岸への渡河地点




右岸側 林へのルートしっかりしています。




斜面上の道への取り付き辺り




砂防ダム越えのルートも左右の草類が
伸びていますがしっかりしています。




砂防ダムの直前辺り




砂防ダムから奥へのルートも
しっかりしています。




笹薮のトンネル
垂れ下がっていた分は取り除きました。




沢側へ下って来た辺り




小滝が連続する地点
ここはもとから土が柔らかく歩きにくい
所です。




探索する沢の合流点




沢の探索に入ります。


そのAへ続く

箕後川上流へX C

April 20 [Wed], 2016, 7:48
箕後川上流へX そのCです。

砂防ダムを越えて沢の上流を探索。




砂防ダムから降りて直ぐの地点




沢の右側を進みます。




笹薮が行く手を阻むので切って進みます。






しばらく行って探索時間がなくなるので
この地点で終了。
ビニール紐を横に張ってここまでの印
して来ました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:猛太
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像猛太
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月15日)
アイコン画像名探偵モンク
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月15日)
アイコン画像猛太
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月07日)
アイコン画像nangun
» 炎暑・酷暑に負けず (2018年08月06日)
アイコン画像猛太
» 10月の予定 (2017年10月18日)
アイコン画像ふぁんトント
» 10月の予定 (2017年10月17日)
アイコン画像中島ゆきこ
» 伊藤えん魔プロデュース「百物語2017」 (2017年08月14日)
アイコン画像ニシナリのおばちゃん
» 7月の予定 (2017年07月06日)
アイコン画像猛太
» どうも坐骨神経痛のようです・・・・ (2017年03月13日)
Yapme!一覧
読者になる