おじいちゃん

  • 2005.08.31.23:22 
今日、母方のおじいちゃんが亡くなりました。92才でずっと入退院を繰り返してたし、具合が悪い時には私のことも分からないかんじだった。家が東京だからちょくちょく会いに行ってたし、昨日も会ってるんだ。親戚一同が毎年夏を越せないかもしれないって覚悟してた。口からものを食べるどころか点滴も出来ないぐらいだったり、すごく苦しそうな時もよくありました。でもお見舞いに行って帰りぎわに“また来るから頑張ってね”って言ったら意識朦朧としててもはっきり“頑張るよ”って毎回言うんだなぁ。さすが江戸っ子、さすが職人て、いつも尊敬してました。でも年々やっぱり弱ってたし、ずっと具合悪くて苦しそうだったし、おじいちゃんが望むなら早く楽にしてあげなきゃいけないのかもしれないと思ってた。家族は辛くてもおじいちゃんの希望通りにしてあげなきゃって。病院に入ってたら管をいっぱい通されちゃうだけだし、最近は家にいておばさんおじさんおばぁちゃんが面倒見てくれてました。きっとおじいちゃんは苦しさがなくなってほっとしてるだろうな。
それはおじいちゃんにとって楽になれてよかったのかもしれない。でもいざそうなると“もっと方法はなかったのかな”“もっともっと長生きしてほしかった”なんて思ってしまう。昨日会ったんだけど、苦しそうだったから話し掛けなかったんだ。それが心残り。お通夜お葬式に仕事で出れないから明日も会いに行きます。

この記事のURL

最新記事

英玲奈
英玲奈(えれな)


●生年月日  1983.2.9
●出身地   神奈川県
●血液型   0型
●趣味・特技
写真を撮ること、読書、ネイルア ート、工芸品作り(七宝焼きetc)、 料理、お菓子作り、バイクに乗る 事、パソコン、ボーリング
●素敵な女優を目指して修行中。小さな幸せが好き。平和に楽しくマイペースで生きていこうと思います。

更新情報をRSSリーダーでチェック!