【雛 VS シン・ゴジラ】

August 07 [Sun], 2016, 0:35
どぉも、雛です。
ライブも近づいてきたとゆーのに、全然ダイエットできずに困っています(´・_・`)
だってお腹がすくんですもの。仕方ないじゃない。
それよりも、ちょっとベースの練習しただけで指が痛くなっちゃうからダメだ。
ベース始めたばかりの女学生みたいな事を言ってしまってますけど、一番の問題はフィジカルな部分なのだと思います!
とりあえず気合いで乗り越えるぜっ!!


今日はアレです。
特撮についてどっぷり語る為に筆をとりました。いや、筆は嘘でiPhoneですけど。
ついに、12年ぶりに復活した日本のゴジラを見てきたんです!!
映画館で!IMAXシアターで!!一人で!!
そーゆー訳なので、今日は番組プログラムを変更しての夏休み特別企画!!

【雛 VS シン・ゴジラ】


をお送りしたいと思います。


まず、率直な感想を言わせてもらおう。

「庵野監督、マジでやりやがった!!よくやってくれた!!」
ゴジラを庵野監督に撮らせて正解だったなと、特オタな俺的には思うのです。

もちろんフィクションなんだけど、徹底的なリアリティの追求があり、フィクションとは思えない臨場があった。
本当に日本がゴジラという“災害”に見舞われた時、日本は終わっちゃうんじゃないかなと思わせられる。
怪獣映画というよりは、むしろ巨大生物災害映画と言う方が正しい表現な気がします。
今までのゴジラは、どこか人間臭かったり、時にコミカルだったり、時にヒロイックだったりしてたのだけど、
今回のゴジラさんは圧倒的な破壊と死をもたらす災害でしかない。
初代のゴジラもそうだったのだけど、破壊の規模が当時の比じゃない。


東京に神のような畏れをまき散らすゴジラ。
日本政府がその災害に対してどう立ち向かうか、その時、日本の政治はどう動くのか…という事が綿密な検証を元に描かれている。
俺自身、政治の世界なんて知らないから、それがリアルに近いかなんてわからないけどね。
エンタメ作品にありがちな、とってつけたような恋愛や家族愛の要素など無し!
御涙頂戴の感動シーンも無し!
アイドルや若手イケメン俳優の無理やりな話題作りのキャスティングも無し!
謎設定のスーパー兵器の登場も無し!
怪獣と心を通わせる子供or少女なんて存在も無し!
そーゆーメディアに対する媚びを一切捨ててる点は個人的にすごく好きだ。
庵野監督だからこそ撮れた、むしろ庵野監督じゃなきゃ撮れなかったゴジラなのだと思うよ。
あくまで出てくるのはゴジラに対処する政府の閣僚と、自衛隊と、モブの一般人。
ほとんどが政府会議と閣僚たちの会話のシーンばかりだが、事態が進行する様子がはっきりとわかって面白い。
くれぐれもお子様連れで家族で見に行くような映画ではない事だけは確かだ。
スーツ着たおっさん達が難しい言葉を早口で喋ってるシーンを見ても飽きちゃうだろうし、意味がわからないと思う。
観るならジュウオウジャーと仮面ライダーゴーストの映画に変えた方がいいんじゃないかな。
まー、俺もそっちはそっちで見に行くけど。


しかし、、マジで衝撃的だった。
ゆーても平成VSシリーズを超える事は無いだろうと思いつつも、それなりに話題になってるので覚悟をしていたのだけれども。
全然別方向から頭を撃ち抜かれた気分だ。
「庵野監督もゴジラも、そこまでやるか…?」と、ぶっちゃけ軽くひいた。
今まで初代、昭和、平成、海外版と様々なゴジラを見てきたけど、今までとは完全に別物のゴジラになってる。
なのに、「これこそゴジラだ!」と思わせられる所が、シン・ゴジラの凄いところだろう。


もちろん賛否両論はあるだろうし、今までのゴジラファンの中にだって受け入れられない人はいると思う。
街を壊して進む怪獣と、全力で戦う自衛隊の活躍に爽快感を期待しているなら、この映画は違うかもしれない。
そういったカタルシスとは違うし、決して「めでたしめでたし」では終われず、禍根を残したラストになってるし。
特撮を含めたフィクションというのは、それを通じて実際の現実世界の問題を映し出す役割があるというが、
シン・ゴジラは現在の日本の不安を最大限に煽る、痛烈な皮肉を感じる部分がある。
奇しくも俺は原爆が広島に落とされた8月6日に、核によって生み出されたゴジラを観る事となったのだが…。
非常に考えさせられる事が多い。


語れることは尽きないのだが、あまりネタバレしすぎても嫌なので、実際に劇場で観て確かめて欲しい。
日本人の日本人による日本人のためのゴジラ作品って感じると思うので。
いつかゴジラについて熱く語れる人がいたらぜひとも晩酌しながら語り合いたいものです。

?今回はゴジラに完敗した気がする雛でした。

ちょっと勝てそうに無い…。


  • URL:https://yaplog.jp/erelogi/archive/973
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雛 (ひょんひょん)
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1983年11月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
痛い大人のノーフューチャーなブログ
2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム
タイトル

内容