三年遊廓パロ設定^p^

October 16 [Fri], 2009, 0:33
三年遊廓パロ^p^設定とはじまり^p^

伊賀咲(いがさき)
 見た目がいい。実質店のナンバー1。危険な生物を飼っている。
 NG:ほぼなし。

左沙希(ささき)
 新人。数水に宴での作法を、次海に床での作法を教わりながら、修行中。
 NG:(思案中)

次海(つぐみ)
 伊賀咲よりも早くから店にいた。年上に好まれる。まとう雰囲気が艶やか。
 NG:飲精・ふぃすと

桜玖(さく)
 中堅。一通りなんでもこなすが、目隠しと言葉等による想像力を働かせるような行為を好む。
 NG:ふぃすと

浦風(うらかぜ)
 伊賀咲と違ったタイプの見た目のよさ。素股、手での愛撫を得意とする。
 NG:尺、ふぃすと

数水(かずみ)
 浦風とほぼ同期。これといって特徴はないが、藤色の柔らかな髪は珍し物好きな客に髪扱きを頼まれることも。
 NG:飲精

 〜物語〜

 町はずれにある店「紫乃灼」。
 店の中で働くのはすべて少年。そして客を取り一夜を過ごす。つまり、少年達が色を売ることを目的とする店なのだ。
「……いらっしゃいませ。本日はどのようなご希望で?」
 開店して間もなくやってきた馴染みの客の応対に出たのは、店で一番人気の高い伊賀咲だった。
「ひとまず……誰か……」
 頬に傷のある男が注文する。
「わかりました。では、本日は桜玖で……。桜玖、桜玖」
 伊賀咲に呼ばれて奥から出てきたのはやや小柄な少年だった。桜玖というらしい。桜玖は、客をみるとそっと伊賀咲の後ろへ隠れた。
「……桜玖、怖がるなっていっただろう」
「あ……す、すみません……。俺、人見知りする癖があって……」
 客の男は伊賀咲の影から出てきた桜玖の手を取り、ぐっと握った。
「ひっ」
「……取って食いはしない……まず、酒をくれ……」
「承りました。桜玖、お客様を宴会場へ案内してくれ」
「はい……。では、こちらです……」
 桜色の着物を翻し、桜玖は男を案内した。

―――
とりあえずここまでえ^p^bなんもやってなくてもめんなしあ^p^;
  • URL:https://yaplog.jp/era/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:管理^p^
読者になる
とあるプレレンをまとめてるらけのブロヌですお^p^
全部が全部まとめてるわけらないお^p^
まとめ読みしたいときとかどうぞお^p^
2009年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像管理^p^
遊廓パロかえるふぃぬと^p^ (2009年12月31日)
アイコン画像^p^
遊廓パロかえるふぃぬと^p^ (2009年12月19日)